ニコニコ大百科

(ちょう、チョー)とは、日本語における接頭辞接尾辞の一種である。

曖昧さ回避

概要

の用法を大きく分けると以下のようになる。

  1. ある数量や基準をえている、または逸脱していることを表す。 例:100万音速、心理学
  2. 程度が甚だしいことを表す。 例:超高層ビルキモい

特に2の用法に関しては、現代においては若者言葉としてよく使われている。流行りりのしい若者言葉の中にあって、「」は汎用性の高さもあってか較的長く使われ続けている表現である。
また作品のタイトルなどで、(「程度が甚だしい」よりも更に漠然とした解釈で)「なんだか凄そう」な感じを表現するために用いられることもある(例:超魔界村)。これに似た用法は日本語における「スーパー」、「ウルトラ」などの(例:超サイヤ人)にも見られる。

本来いずれの用法においても名詞と複合するのが原則であったが、若者言葉として広まると「べー」のように名詞以外のものと複合するパターンもごく普通に見られるようになった。

漢字として

Unicode
U+8D85
JIS X 0213
1-36-22
部首
走部
画数
12画
意味
越える、飛び越える、上回る、抜きん出る、遠い、過ぎる、飛び乗る、という意味がある。〔説文解字・巻二〕には「跳ぶなり」とある。
字形
符は
音訓
読みチョウ訓読みは、こえる、おどる、とおい。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
逸・越・遠・過・距・悟・乗・人・世・然・卓・度・騰・

関連項目

この記事について

ツイート

「超」で検索