アドレスホッパー単語

アドレスホッパー

アドレスホッパーとは、決まった住所に長期間定住せず、各地の宿泊施設などを転々としながら生活する生活スタイルの事である。

概要

2018年ごろから使われ始め、2019年ごろからテレビなどでも紹介されるようになったフレーズであり、「アドレス」は住所、「ホッパー」は転々とする、という意味である。

決まった住居を持たず、その日その日で宿泊施設などに滞在する生活、とだけ聞けばまるで映画男はつらいよ』のフーテンのさんのような風来坊か、ホームレスのような不安定な生活を想像するかもしれないが、アドレスホッパーは定職を持ちつつも、アドレスホッピングを続けているのである。

アドレスホッパーの誕生まで

多種多様な生き方が肯定されるようになった二十一世紀において、住居に対する考え方にも様々なものが生まれている。その中には特定の住居にずっと住んで賃やローン、光熱費を払い続けるのは馬鹿らしいという考えもあった。

その代案として挙げられたのが住む場所を転々とするアドレスホッパーと言う選択である。インターネットなどを介して宿泊施設の情報が容易に入手できるようになり、また、オフィスに出社しなくてもネットワークを通じて仕事ができるような環境が整った現代だからこそ、アドレスホッパーと言う生き方が実現できるようになってきたと言える。

代表的なアドレスホッパー

マスコミなどにも取り上げられ、自らもアドレスホッパーコミュニティ催している代表的なアドレスホッパーとしてマットマスイがいる。

彼は2018年からアドレスホッパーとなり、2019年4月現在では自らもアドレスホッパーと言う生き方について様々な形で情報発信している。

アドレスホッパーの注意点

アドレスホッパーはなりたいと思ったからと言ってすぐになれるものではない。

上記のマットマスイはもともと1ヶの3分の1はけて出張で各地を転々とする生活を4年ほど続けた後で賃貸契約を解約してアドレスホッパーとしての生活に入っている。彼はアドレスホッパーになる前からその下地を準備していた。もちろん、アドレスホッパーになってからもそれを続けられる基盤を確保している。

当たり前だが、固定された住居に対する賃やローンを払わないアドレスホッパーでも、宿泊費や費、食費は支出しなくてはならない。そのための稼ぐ手段はしっかり確保しておかなくては、それこそ昔ながらの住所不定無職となってしまうだろう。アドレスホッパーになるためにはそのライフスタイルを許容してくれる就職先など、何らかの形で生計を立てる手段は必須である。

アドレスホッパーへの批判

アドレスホッパーと言う生き方についての批判も多い。なものとして「要はホームレスみたいなものでは?」「若いうちしかできない生き方ではないか?」「子供ができたらどうするの?」などの意見が挙げられる。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アドレスホッパー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アドレスホッパーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!