北海道エアシステム単語

ホッカイドウエアシステム

北海道エアシステム株式会社北海道エアシステム、Hokkaido Air System)とは、日本航空会社のひとつである。
日本航空(元々は旧・日本エアシステム)の子会社北海道なども出資する第3セクター)であり、親会社と異なり世界的な航空連合「ワンワールドoneworld)」加盟航空会社ではない。
通称HAC(ハック)。

概要

鶴丸

北海道エアシステム
Hokkaido Air System
ICAOコード --
IATAコード NTH
コールサイン NORTH AIR
アライアンス なし
保有機材数 3機
(2018/4現在
ハブ空港 札幌/丘珠
就航地 6都市

1998年3月に運航を開始。北海道内のコミューター路線を運航するため、旧・日本エアシステムJAS)と北海道などが出資する第三セクターとして設立。

「HAC」という略称から「北海道エアコミューター」と誤解されがちではあるのだが、既に旧・JASでは当時「北海道エアサービス」という会社が、HASという略称であった。

HAS重複を避けるためHACとなった経緯がある。なお、HACは「Hokkaido Air System Co., Ltd」の略。

北海道内発着路線(新千歳空港札幌丘珠空港発着)を中心に運航していたが、2010年日本航空経営破たんに伴い、JALはHACの持ちのほとんどを手放し北海道や地元財界企業にHAC式を売却、HAC2011年3月からJALグループから切り離されることとなる。経営破たんをきっかけにHACJALから見捨てられる事態に。。。

2011年6月には新千歳空港から撤退し、札幌発着便は札幌丘珠空港発着に集約された。JALグループ離脱に伴い、HACは新しいロゴマークとなり、塗装緑色ベースのものへ変更となった。

2011年9月には予約発券業務をJALへの委託が打ち切られ、自社で行うことになった。この時点では、JALマイレージバンクのマイルは積算対であった。

2013年7月にはJALコードシェアを行うこととなった。JALマイルJAL便名で予約する場合のみ対となる。

ところが、JALの業績が回復したことから、HACの再度の子会社化が図られることとなり、2014年10月にはJAL北海道や地元財界企業に売却していたHAC式を買い戻し、再びHAC子会社化した。HACJALは見捨てていなかった。

2016年にはロゴマーク塗装などがJALグループに準じたものに変更。同年10月には日本航空便名での運航へ切り替わる。予約発券業務は再びJALにおいて行うことになる。

機材はSAAB340機3機のみで予備機はない。そのため、機材整備があるときは欠航が発生していた。

2015年11月からは機材整備時は、同じくJALグループ日本エアコミューターから機材を借り入れることとなり、機材整備時の欠航は解消されるようになった。

関連動画

北海道エアシステムに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

北海道エアシステムに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北海道エアシステム

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 北海道エアシステムについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!