単語

キュウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

とは、芎で使われる漢字である。

漢字として

Unicode
U+828E
JIS X 0213
1-90-62
JIS X 0212
55-22
部首
艹部
画数
6画/7画
𦵡
Unicode
U+26D61
部首
艹部
画数
13画/14画
意味
芎、芎藭というで使われる。どちらも同じセリ科の香(センキュウ)のこと。センキュウの根は方に用いる。もと芎藭で、関中に生ずるものを芎、に生ずるものを芎、台に生ずるものを台芎、江南に生ずるものを撫芎といった。
説文解字〕の本字は𦵡で、〔説文・巻一〕には「𦵡藭、香なり」とある。芎は、「司馬相如、𦵡、ひはふ」と異体字として載っている。
字形
で、符は。𦵡の符は宮。
音訓
音読みは、キュウ(音)。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第三準。JIS X 0212補助漢字

異体字

  • 𦵡は、〔説文〕の本字。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2019/02/18(月) 18:29:25 ID: qc+Zh6b1RH
台湾県の郷、

大百科GPチャンピオンシップ