単語

ユミ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

とは、を利用し矢を飛ばす武器である。

その他の弓の意味については弓(曖昧さ回避)を参照。

概要

石器時代から現代まで扱われている遠距離武器である。時代や場所とともに大きく形状をを変えている。同じ飛び道具である投げよりもはるかに遠くに矢を飛ばすことができ、石器時代の狩りにおいても大きな変化を与えたが、同時に人同士の争いにも変化をもたらした。

人同士の争いには、当初しなりの強い一本の木のや棒に糸をっただけの弓、いわゆる「丸木弓」が使われていた。のちに器の登場により、威のある複合弓や合成弓が開発された。上でも射やすく威のある複合弓は原で使われ、合成弓は森林などで身近に使われている。またある程度気にも耐えられる長弓など、それぞれ進化を遂げた。

現代においても弓は様々なところで活躍している。海外ではボウ・ハンティングが行われている。このボウ・ハンティングは弓で獲物を狩り、皮やを頂戴する狩りというよりスポーツとしての意味合いが強い。矢を当てたら同行している猟銃持ちさんに止めを刺してもらい、自分の当てた矢の場所でスコアを決める、というようなもの。矢のみで止めを刺すこともある。

なお、日本国内では弓矢やクロスボウなどを使った狩猟法律で禁止されている。ダメ。ゼッタイ。

大雑把な種類

短弓、長弓

弓の威は、引き絞ったときに変形した弓に溜まるエネルギーが、元に戻る時にどれだけ矢を押すエネルギーに変わるかで決まる。大雑把に言って

「同じ素材、構造なら引き尺が長い方がエネルギーは大きい」「同じ素材、構造なら長い弓の方が引き尺は長い」となる。

弓を長くすることは、弓作りの工夫の原初の姿と言える。木製(動物素材を使わない)であったり、丸木弓であったり、性が期待出来ない場合に長くなることが多い。
また長弓は、長い矢が使えることも利点。長い矢は重く、距離と矢速を犠牲にする代わりに貫通と軌安定性が良い

一方、威が確保出来る(よく曲がり、よく戻る)なら、短い弓の方が素材調達、取り回し、機動性に優れるのもまた事実。多くの文化圏で、短くても長弓に威で勝る弓が工夫されてきた。

単弓、複合弓、合成弓

弓のリム(引き絞った時に曲がる部分)を形作る素材が1種類のものを単弓セルフボウ、丸木弓)、複数種組み合わせたものを複合弓(コンポジットボウ)と呼ぶ。柔軟な素材と強素材を組み合わせることによって、よくしなり、の強な弓を生み出せる。

ユーラシア中央部ではに乗ってステップ地帯(原)で畜を養う遊牧民族がいた。遊牧民達は狩りをしたり畜を追い立てたり捕まえたりするためと弓は必須だが、困ったことに、ステップ地帯ではあまりが降らない土地である。畜に食べさせるはたくさん生えているが、木が生えていないため弓に使う木材がい。そのため遊牧民族の人達は自分の周りにある物を使って新しい弓を完成させた。

この木の芯材に動物、腱を組み合わせたタイプの弓をホーンボウ(合成弓)と呼び、種類によっては肘まで弦を引いただけでフルドローの長弓以上の威、飛距離を持つ。ただし、接着にを大量に使うために高温、多湿の地域には向かない。遊牧民の間で生まれ、大陸に広まったと考えられるホーンボウは、紀元前の時点でその構造はほぼ完成し、各民族ごとに用途に合わせて多様な種類が生まれた。

各国の弓

和弓

長弓、複合弓、材料/竹、木

言わずと知れたジャパニーズ・ユミ。弓道も参照。
オール植物素材の複合弓、しかも上下非対称(握りの上下が上2:下1)の長弓という世界的に見てもしい様式。この「上長下短」の形状は少なくとも弥生時代には確立されており、倭人伝の記述や鐸の文様からも確認できる。この形状は射手の振動を減らし、上で扱い易くする効果がある。また、弓自体も非常に長く(220cm前後)、その分長い矢を使用することも特徴。

安前期頃までは丸木弓であったが、その後と木をり合わせた複合弓になり、またその組み合わせも複雑化していった。(現代の和弓も外見はのみで作られているように見えるが、実際には前後のの間にハゼの木が挟まれている)

現在でも弓道のほか、流鏑や弓に関する事が各地で催されるなど、日本の文化に根付いている。

ロングボウ

長弓、単弓、材料/木(イチイ等)

百年戦争で勇名を馳せたイギリスの弓。
シンプルな単弓だが、イチイは部位によって2種の違う特性があり、天然の複合弓と言える。
実は構造的には、引き絞るあたりの弓の威への変換効率は低め。それが活躍出来たのは、扱いにくい弓を、それ以上の筋と技量でねじ伏せたヨーマン達の人間と、運用の妙の賜物だろう。
後には表と裏での異なる2本の木材を使用した短い弓へ変化した。なおロングボウはイングランド由来ではなくウェールズ由来である。細かいが間違えないように注意しよう!

トルコ弓

短弓、合成弓、材料/カエデ、角、腱

数多いホーンボウの中でも、一つの究極形とも言える。
1メートルほどという小ささにも関わらず、実戦で400メートル、専用の矢を用いれば600メートルにも及ぶ長大な飛距離を誇る(弓道の遠的競技は最大90メートル)。飛距離世界記録保持者もトルコ弓使い。射手の姿が見えないほどの遠距離から、の見り兵を射抜いたなどと言う伝説も。
弦を外すと、Cの形に大きく反り返るのも特徴。

モンゴル弓

短弓、合成弓、材料/木、ヤギ角、腱

最大の帝国とともに世界を席巻した弓。
これを装備した軽装騎兵こそがモンゴル帝国軍の原動であった。研究者によってはその強さは150ポンドはあったと考えるものもいる(現代弓道の成人男性標準は44ポンド)。
ちなみに、現在モンゴル共和で見られる弓は下記の満州弓のを受けて大きさ、形状ともに大きく変化してしまっているので、元当時の弓を考える時には注意が必要。

満州弓

短弓?、合成弓、材料/竹、スイギュウ角、腱

同じホーンボウでも、トルコ弓とは逆の極致が清王朝満州族の弓である。
特徴は、大きいものでは180cmに達する、長弓といってもいいほどの偉容。半狩猟民、毛皮ハンターであった彼らは、を追いかけながら、確実に毛皮を騎射で射抜く必要から、貫通と軌安定性に優れる長く重い矢(矢羽根も凄く長い)を運用出来る弓を生み出した。
民族国家清帝国は大きく、支配下にあった中国モンゴルチベットの伝統的弓は満州弓のを受けて大きく変容した。(取って代わられたと言っても良い)

韓国弓

短弓、合成弓、材料/竹、スイギュウ角、腱

アーチェリー豪国韓国弓(クックン)も、遊牧民のものとは異なる特筆すべき個性を持つ。
弦を外した韓国弓は大きく反り返り、Cを通り越してOの形にまで丸まる。腱の伸縮を最大限に利用しているため、小さいながらも弦をった時点で非常にが強く、中国歴史書でも言及されている。
弓道的な感じで競技としても盛んで、145m先の的を狙う。

ブータンの弓

長弓、単弓、材料/竹

弓術を「技」と定めているとして、ブータンを外してはおけないだろう。
ブータンの弓の構造は独特で、この特有の太く厚いを長い二等辺三角形切り出し、◁▷的な感じでくくり合わせる。接合部が握り手となる。
ブータンの弓競技はチーム対抗戦で、130m先にある的を狙う。試合中、両チームは互いに歌を歌い、踊りをまい、相手を煽る会の最中に「童貞」とかなじられるある意味弓道よりも精が試されるかもしれない。
ちなみにロンドンオリンピックアーチェリーでのブータン代表の成績は、6461であった。

密林の弓

長弓、単弓、材料/木

ポリネシアアフリカなど、多くの地域の「いわゆる」「未開」とされる人々もそれぞれの弓を持つ。
多くはの木を使った長い丸木弓であり、また上下非対称形の弓を用いる部族もある。和弓の原初的姿を見て取れるかもしれない。
またしばしば矢は、ほども長いものが見られる。これは矢羽根をつける技術がない分、軌を安定させる、威を増す、また密林や小さなを狩る場合にその場に落ちて回収を容易にするなどの意味がある。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BC%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

59 ななしのよっしん
2019/12/10(火) 19:09:10 ID: /WKNmrDalt
その辺り実際どうなんですかを使ってると何か兵戦苦手なっていきそうな感じするんですがそうでもないですか?
兵とか相手なら別にそれは対して問題ないような気しますがで武装した相手には苦戦しそうですけどね…
昔のギリシャのHopliteなんかは使ってる場面どないですけどあれもなんかそういう事情なんでしょうか?使うより手の方が当時強かった訳ですかね…それもやっばり撃ってる内に何か兵戦の感覚付いてこなくなるていうような理由あるのかなと思ってたんですけど…
60 ななしのよっしん
2019/12/10(火) 19:15:11 ID: rPlM1Nkg/8
集団で肉弾戦やる前にぶちこんだったらええねんてことじゃないの
相手より高いとこに取れって古代からずーっと言われてるんだし
61 ななしのよっしん
2019/12/10(火) 20:42:44 ID: /WKNmrDalt
でもあれですかね24のそれとかはFEゴードンとかミデェールとかそういうのの事だと思うんですけどミデェールやられるイベントって確か内での戦闘じゃないですか
だから何かあるんだと思いますよ歴史的にそういう籠戦とかで射掛けてたのがに攻め込まれて倒されたりっていうの
多分そういう砦とかで立籠って抵抗してた民兵とかがああいうキャラ背景にあるのかも知れないです…
62 ななしのよっしん
2019/12/10(火) 22:16:01 ID: rPlM1Nkg/8
自身は傷つかず敵を始末するのがあらゆる闘争の前提とすれば、
飛び道具を撃ってる側は自身の安全がそのまま手数と敵の死傷者に変わるので
できる限り矢を使い続けられる状況が好ましいから、ギリギリまでその状態を引っりたい
しかしそこに甘寧一番乗りとか叫びながら破壊の鉄球ぶんぶん振り回すような傑が乗り込んできたら、
そりゃ矢を構えてる場合じゃなくなるし、イコール後ろに続く敵も阻止できなくなる、と
古来一番乗りや一番が大手柄なのは、それだけ矢に封殺すべき価値があるということでは
63 ななしのよっしん
2019/12/18(水) 20:07:21 ID: /WKNmrDalt
あれなんじゃないですか、そのゲームとかに出て来る非力そうなユニットていうのは砦とか要塞がめされた時に徴集して取り敢えず矢撃っとけば防御の足しになるみたいな具合で持たせて狭間に配置した兵員みたいな感じだと思うんですけどね
した時とかそういうの敢えくやられるんでそれが物語上ではあの如何にも非力そうなユニットというステロタイプになってる訳なんだと思いますけどね…
64 ななしのよっしん
2020/01/19(日) 14:39:13 ID: tXMshbn2qR
飛び道具の撃ち合いしていても、矢や先込め式小銃では火力にかけているのでなかなか勝負がつかなくなる
だから、飛び道具を撃ちながらゆっくりと相手に近づいて
隙を見て兵戦を仕掛ける必要があった。

一番や一番太刀のように兵戦を手柄にするのはこのためで
飛び道具の撃ち合いだけだと効率が悪いし、矢玉は有限だから
65 ななしのよっしん
2020/01/19(日) 14:49:20 ID: VDOumROyzc
一番でないのは結局は「の矢か」がわからんのがあるでしょうな。
もしくは流れ弾の類があるから「万人が納得する軍功」といえるかと言えば
一気に懐疑的になるわけだし。
どうこう言っても「身の危険を前提に活躍する」ことを評価することから見れば
砲兵支援扱いされるのはしょうがないだろうね
66 ななしのよっしん
2020/01/29(水) 20:10:59 ID: amBenV6Kj+
兵はやっぱり騎兵に対して滅法弱いのが致命的な難点。
67 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 08:54:46 ID: 9n9NSINjri
普通歩兵前においてにするか
イギリスのボーマンのように持ち歩いて作るなり対策してる
開戦だと基本曲射で降らしてクレイモア的な運用するから遮蔽物はあまり問題にならない
育成コストと時間がかかるので(競技やってるのでよく分かる)大事に運用するだろうが
実際はそう上手くいかず打たれ弱さでされてたんだろうが
68 ななしのよっしん
2020/06/27(土) 01:01:55 ID: bI5c6kwhJ2
>>50
良い解説だ

モンゴルも和も同じ合成だけど和は+長だから世界最強だぜ!」というような、素材や工法による性や制約の違いを考慮しない単純な認識は、界によってはかなり広まっちゃってるけど
動物素材の合成の場合、性が十分凄いか、もしくは運用上の意図かのどちらかの理由で「自体をわざわざ『大きくするまでもない』」だけなんだよね
ごく小さな短でも用途によっては和並みに後ろまでの引き尺があったりするし

急上昇ワード