藤田哲也単語

フジタテツヤ

藤田哲也とは、トルネード竜巻)とダウンバースト(下降噴流)研究における世界的権威の気学者。
別名はミスタートルネード。「Fスケール」という竜巻の強さの基準を作った学者である。

竜巻研究について

トルネードと言えば、メジャーリーグで活躍した野茂英雄トルネード投法と言う言葉はご存知であろう。
30代くらいからの世代にとっては、トルネードと言えば野茂英雄である。
しかし、気学においてのトルネードと言えば藤田哲也である。

日本ではあまり竜巻注意報など流れてはこないが、アメリカに至っては生死に関わる問題である。
竜巻といっても、そんなに恐ろしいほどの大きさが吹くなんてめったにない。むしろ地震の方が怖いだろう。
ただ、アメリカでは逆である。の地下に潜るかそこから退避しなければならないほど、とんでもないほど大きな竜巻が吹くのである。
その竜巻の強さの世界基準を作ったのが、ミスタートルネードこと藤田哲也である。
「Fスケール」と言う言葉は藤田哲也という日本人学者の名前から取られているのだ。

この「Fスケール」は「F0」から「F6」までに分類されており、トルネード生時に使用されている。
日本でよく聞く地震の大きさを示す「マグニチュード(M)」と共に、世界で使用される気標の一つになっているのである。

ダウンバーストとダウンバースト論争

1975年アメリカで起きたイースタンエアライン66便が着陸直前に墜落した事故について、墜落原因をパイロットミスによる墜落とされた。これに納得しないイースタンエアラインより藤田の元へ研究依頼が届くこととなった。藤田は各種研究の結果、原因をダウンバーストによるものであると摘した。
しかし、当時はナンセンスな話と揶揄されていたのだが、熱心な研究によってそれは明された。
以降、ダウンバーストの発生の予測は可であることも立して、今ではダウンバーストを予測するために全世界な飛行場に「ドップラーレーダー」という周波数の変移で距離が測定できる機器が設置されるようになっており、世界中の人々の命を守っている。

その他

生まれは北九州市出身なのだが、アメリカに移住してアメリカ籍を取得している。


これだけの功績があるためノーベル賞も取っていると思われがちなのだが、気学の項がないため授与されてはいない。
ただ、もし気学があれば確実にその栄誉にいていたであろう。

長崎に投下された原子爆弾被害調に参加している。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A4%E7%94%B0%E5%93%B2%E4%B9%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤田哲也

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 藤田哲也についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/19(月)08時更新