単語

トウ

とは、格闘するという意味の漢字である。

漢字として

Unicode
U+95D8
JIS X 0213
1-38-14
部首
門部
画数
18画
読み(常用)
トウ
訓読み(常用)
たたかう
Unicode
U+9B2D
JIS X 0213
1-94-31
JIS X 0212
74-18
部首
画数
25
意味
旧字体は鬭。
たたかう、とっくみあう、あらそう、競う、遇う。
鬭は〔説文解字・巻三〕に「遇ふなり」とある。
字形
〔康煕字典〕や〔説文〕の本字は鬭。鬭は、+斲の会意、斲の形説がある。〔説文〕は斲の形としている。斲はを合わせた字で戦うという意味の字、は取っ組み合うという意味の字である。
文では、闘の意味でが使われており、は闘の初文にあたる。
新字体の闘は〔直音〕などにある鬭の俗字の一つで、形の俗字。
音訓
読みはトウ(音、音)、訓読みは、たたかう。
規格・区分
常用漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
闘技・闘・闘・闘士・闘志・闘将・闘争・闘病

異体字

  • 鬭は、〔説文〕や〔康煕字典〕の本字。常用漢字表に参考字体として載っている。JIS X 0213第三準。
  • 鬪は、〔正字通〕に「閲と同じ」とある異体字。JIS X 0213第二準。
  • 𧯞は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 閗は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 𨴜は、〔龕手鑑〕に「俗」とある異体字。の異体字と同形。
  • 𨶜は、〔干字書〕に鬭の通字とある。また〔五音篇〕に「姓なり、呼ぶなり」とある。
  • 𨷵は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 鬦は、〔字彙〕に「俗の鬭字」とある異体字。JIS X 0212補助漢字
  • 𩰑は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。〔五音篇〕には「と同じとある」とある。
  • 𩰒は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。〔重訂直音篇〕には「と同じとある」とある。
  • 𩰖は、〔康煕字典〕に〔九経字様〕を引いて「鬭、隷しして𩰖に作る」とある異体字。〔重訂直音篇〕には「と同じとある」とある。
  • 鬭の簡体字日本でも闘を斗で代用することがある。
Unicode
U+9B2A
JIS X 0213
1-82-12
部首
画数
20
𧯞
Unicode
U+27BDE
部首
豆部
画数
11画
Unicode
U+9597
部首
門部
画数
12画
𨴜
Unicode
U+28D1C
部首
門部
画数
14画
𨶜
Unicode
U+28D9C
部首
門部
画数
19画
𨷵
Unicode
U+28DF5
部首
門部
画数
25
Unicode
U+9B26
JIS X 0212
74-16
部首
画数
14画
𩰑
Unicode
U+29C11
部首
画数
16画
𩰒
Unicode
U+29C12
部首
画数
17
𩰖
Unicode
U+29C16
部首
画数
21

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%97%98
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 闘についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!