単語

ラン

とは、鳳凰の一種で、中国神話である。

概要

に似て、赤色または青色、五の文様があって、鳴きは五音になっているとされるである。

〔山経・西山経〕の女床の山のくだりに「其の、翟の如くして五の文あり。名を鸞ふ」とあり、その姿を見ると下安寧であるという。また〔山経・大荒南経〕などに「鸞は自ら歌ひ、は自ら舞ふ」とある。また雄とされ、〔康煕字典〕に引く〔埤〕に「鸞、雌を和とひ、雄を鸞とふ」とある。

漢字として

Unicode
U+9E1E
JIS X 0213
1-83-34
部首
鳥部
画数
30
Unicode
U+9D49
部首
鳥部
画数
17
意味
を表す。ほかに天子が使うものの美称として使われ、天子の乗る輿、夫婦という意味がある。
説文解字(段注本)〕には「の精なり。赤色五采。の形。鳴くこと五音に中る。頌作(おこ)るとき則ち至る」とあり、〔逸周書〕を引いて「周成王の時、、鸞を獻ず」とある。
また鑾と通じて天子の用いる、という意味がある。〔経・小〕に「和鸞、雝雝たり」とあり、それについての〔毛伝〕に「軾に在るを和とひ、鑣に在るを鸞とふ」とある。
字形
符は䜌。なお金文ではも鑾も鸞も䜌で表されている。
音訓
読みはラン(音、音)。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
鸞衣・鸞旗・鸞・鸞台・鸞・鸞・鸞輿・鸞・鸞路

異体字

  • 鵉は、〔俗書刊誤〕に「俗に鵉と作す」とある異体字。
  • 簡体字は鸾。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B8%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2011/06/25(土) 16:42:42 ID: 2YANgt1QlN
こんな記事あったのか…
つーかこの字フォルダ分けの時にしか使ったことないなww
2 ななしのよっしん
2011/07/03(日) 11:23:25 ID: b08H2JDRCK
上人フォルダとかか

急上昇ワード

2019/08/26(月)17時更新