単語

41件
オオトリ
1.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

とは、以下のことを表す。

人名

日本における姓のひとつ。

名前

漢字として

Unicode
U+9CF3
JIS X 0213
1-43-17
部首
鳥部
画数
14画
𠤈
Unicode
U+20908
部首
勹部
画数
17画
意味
中国伝説上の鳳凰天子の、徳のある人、という意味がある。
説文解字・巻四〕に「なり」とあり、が臣の老に鳳凰について尋ねたときの答えを引用する形で「鳳のなる、鴻前後、尾、思、文虎背、喙にして五色備す。東方君子のを出でて、四の外に翺し、崐崘を過ぐ。砥柱にて飲み、羽を弱に濯ぎ、(くれ)にに宿る。見れば則ち下大安」とある。
字形
形。字の上に性を表す冠をつけた形。甲文や文では辛や形の冠をつけているが、現在の字のもとになったのは形の冠をつけたもの。もともと辞では鳳字はを表すのに使われていることから、だったとされる。
音訓
音読みはホウ(音)、訓読みは、おおとり
規格・区分
人名用漢字である。1990年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。
鳳凰・鳳駕・鳳・鳳字・鳳翔・鳳・鳳毛・鳳輦

異体字

  • 𠤈は、〔説文〕に「古文の鳳なり。形。鳳飛ぶや、ふことを以ってす。の字と爲す故以なり」とある古文。甲文や文の鳳のの部分に似ている。
  • 𪆍は、〔説文〕に「古文の鳳なり」とある古文
  • 𧱶は、〔字彙補〕に「古鳳字。〔西儒資〕に見ゆ」とある異体字。
  • 鴌は、〔字彙補〕に「古鳳字。〔五音集韻〕に見ゆ」とある異体字。
  • 鵬は、鳳の異体字とされる。
  • 鳯は、〔字彙〕に「鳳、俗に鳯と作す」とある異体字。
  • 簡体字は凤。
𪆍
Unicode
U+2A18D
部首
鳥部
画数
23画
𧱶
Unicode
U+27C76
部首
画数
17画
Unicode
U+9D0C
部首
鳥部
画数
15画
Unicode
U+9CEF
部首
鳥部
画数
13画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2015/12/26(土) 20:13:00 ID: Y1si/bQIL2
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2024/05/08(水) 20:26:01 ID: ZhcO9LM7Ob
異体字の「」 が、中国国語辞書で「朝鮮族の姓ににあり、朝鮮語の姓に用いるときは 궉 と発音される」
このハングルGwok:クォク と読むそうだが
韓国漢字辞書だと「」と「」が別項で載ってた。
ここまで来るとつまりの字体をとるとき朝鮮で作られた固有の音読みと意味がある、という感じかな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス