FD3S単語

エフディースリーエス

FD3Sとは、3代マツダRX-7式名である。

誕生

FD3Sは1991年10月デビュー。前作のFC3Sの後継機である。このモデルから「サバンナ」の名が外され、「アンフィニRX-7」と称される(アンフィニの名は1997年10月マツダディーラー統合によりされ単に「RX-7」と呼ばれるようになる)。

エンジン

エンジンは13B-REW。排気量は654cc×2ローター=1308cc。そこにシーケンシャルツインターボ過給が加わり、出デビュー当初は255PSだったが、良が行われ最終的には当時の業界自主規制値であった280PSを達成する。ただしオートマチック仕様は最後まで255PSのままだった。

改良

FD3Sは生産中何度も行われ、大きく6つに分けることが出来る。

そして生産終了へ

市場としていた日本・北でのスポーツカーの需要低下・排ガス規制強化に伴い2002年8月26日に生産終了。
最終の限定バージョンとして「スピリットR」が同年4月に発売された。

モータースポーツでの活躍

1992年1994年の3年間、オーストラリアバサースト12時耐久レースで3連覇を達成する。それを記念し「タイプRバサーストR」が発売された。
スーパーGTではRE雨宮2010年までGT300クラスで参戦していた。ただし1997年以降はユーノスコスモと同じ20B(654cc×3ローター=1962cc)エンジンを採用していた。
D1グランプリではRE雨宮専属ドライバーである末永正雄がFD3Sを用していることで有名。

登場作品

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/fd3s

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

FD3S

1 ななしのよっしん
2018/05/29(火) 00:14:10 ID: ogjaAyY4L+
このが弱いゲームを知らない