編集  

ツインターボ単語

ツインターボ
今週のおすすめ この記事は第124オススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

ツインターボとは、90年代前半に「破滅的なバカ逃げ」というレーススタイルマニア人気を博した競走馬である。
自動車エンジンの「ツインターボ」の項をお探しの方は即刻ヤフーググれ) 

 

がいよう

ライラリッジ :レーシングジイーン :サンシー
1988年4月13日北海道静内町に生まれる。
であるにもかかわらずかなり小柄。レースで走れば周りのより一回りから二回りも小さい体で非常に立った。新戦以外では生涯通して常に420kg~400kg台であった。デビュー初戦から逃げの戦法をとり、競走馬生活を終えるまで(武豊が騎乗して後方からの競馬になった帝王賞を除き)ただひたすら逃げ続けた、小さな逃亡者。4歳(旧表記。以降も同様)時のラジオたんぱ賞で重賞初勝利。その後、七夕賞・オールカマーをぶっちぎりの逃げ切りで制す。6歳時の重賞2連勝の印が強いせいか晩成と勘違いされやすいが、4歳時にラジオたんぱ賞1着やセントライト記念福島記念2着などがあるため特に晩成というわけではない。晩年は上山競馬に移籍して11戦1勝、しかも勝ったのは初戦のみ。他のレースは全て2~8遅れての最下位もしくはブービーであった。
引退後は宮城県で種となるが、98心臓発作のため11歳で死亡
産駒は5頭のみ。既に全頭が引退し、ツインターボの血は残っていない。

まあそんな書きはツインターボの魅るに際してどうでもいい事なので、関連動画を見なさい。

ツインターボ
彼が一たび走ればスタンドからは笑いが沸き起こり、向こう正面に達する頃には地鳴りのような歓に変わり、レースが決する頃にはみんなターボのことをすっかり忘れている。なぜか? ツインターボは、ゲートが開くと同時にロケット花火のように飛び出し、ペースなどという単を微も感じさせない破滅的な大逃げを打った末に逆噴射を起こし、ともすれば故障発生にしか見えないようなムーンウォークを見せ、最後は歩いてゴールの前を通過する。彼の古時代はほとんどがそのような競馬ばかりであり、勝ったレース以外では掲示板にすら載っていない。古になってからは25戦してたったの3勝である。もっと言えば、七夕賞・オールカマー・上山競馬移籍後初戦勝利以外ほぼ全てが、惜しいというにも憚られる惨敗である。そんな愚直な競馬しかできなかった一介の逃げが、GIII1着やGII2着など成績的に言えばかなり善戦していた4歳時をかにぐ勢いで、惨敗続きの古時代に人気を呼んだ。21世紀の競馬ファンならば確実に首をひねるであろう不可解な逆転現である。

一体、ツインターボの魅とは何なのか。
それはターボを心からするファンが答えてくれるはずである。
「何故こんなが好きなのか?」とファンけば、彼らは、

「だって、見ていてゾクゾクするじゃないか」
「それでこそツインターボでしょう?」

と口をえて言うだろう。
そう、ツインターボとは、「様式美」なのである。
美しくもい大逃げとその直後の急な逆噴射、それがツインターボ競馬であり、勝ち負けを争うレースとは別世界物語なのである。近年の日本競馬界が侵されている重病、「スローペース症候群」。スタートからテレテレと走り、最後の直線に向いたらヨーイドン! そのような競馬ばかりが立つようになって久しくなった。だがスローペースや差し・追込みが悪いわけではない。みんながみんな同じ事をしてしまったら、特徴も何もなくなってしまう。毎度毎度レースを見れば同じような展開ばかり……そんな時代に現れた逃げる救世主、それがツインターボ。後方で牽制しあう有差し達をに何処吹くとばかりに破滅的なペースガンガン加速していく。「ターボについていったらお終いだ。どうせ最後はバテて歩くんだから」と考えて有って控えたら、もうそこはツインターボの桧舞台。ネタ扱いされていたが、良血の強に泡を吹かせる――そんなマンガのような胸のすくレースを夢見て、今日もターボの逆噴射を眺める。その夢がいつか現実のものとなる日が来ると信じて。

そして彼は、七夕賞とオールカマーで、その夢を2度も現実化させた。
ツインターボ伝説になった間であった。

この話にはオチもある。
夢のような重賞2連勝、その期待は天皇賞(秋)においてツインターボというネタを3番人気にまで押し上げた。

結果は言わずもがなのビリッケツ。これ以上いという負けっぷりであった。
ターボの死から11年が経とうとしている今も、競馬ファンは未だにターボを愛しオールカマーの逃げっぷりを堪している。JRAが行った「20世紀の名アンケート」では91位にランクインされ、その動画芝生の群生地・字幕職人の巣と化していることからも、その根強く深いファン層が見て取れるようである。

時代は変わり、21世紀になった。
世の中がディープインパクトウオッカに酔いしれる中、
私達はファストタテヤマウインクリューガーポルトフィーノに笑い、時には感動を覚えている。
だが、これからいくら新しいネタが出てこようとも、
永遠の大将格として、ツインターボはこれからも未来永劫され続けることだろう。 

不器用に愚直に、90年代を生きたツインターボ
その短い生涯は、強で鮮美しい大逃げの代名詞として、
サイレンススズカと共に今も、り継がれている。

関れん動画

ツインターボ入門


狂気の大逃げ2番勝負

逆噴射と言えばこの動画

かさんの駄な溜め殺しが黒歴史

関れんこう目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C
ページ番号: 753282 リビジョン番号: 1048629
読み:ツインターボ
初版作成日: 08/12/04 02:30 ◆ 最終更新日: 11/01/22 07:20
編集内容についての説明/コメント: 関連がない記事を削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


オールカマー(G3)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ツインターボについて語るスレ

61 : ななしのよっしん :2018/06/03(日) 08:28:11 ID: jSyAZl+tGz
そんなめちゃくちゃななのにたまにそれで勝っちゃうってのもポイント高い
62 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 13:29:05 ID: bAj6T/w4jN
福島競馬場ベストレースに例の七夕賞が選ばれて今ずっとギャラリー映像流されてる
やっぱ好きなんすねえ
63 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 00:59:48 ID: wP381GLWPL
記事にも書いてあるけど、ツインターボの時代は競馬の技術がだいぶ固まってきていて、基本は先行か好位差し、まあ要するに離され過ぎず潰れない程度のマイペースで後半まで様子を見て、ゴールまで全で走れる距離に来たらラストパートってのが普通になってきた。もちろん勝つ競馬としてはこれが正しい。
けどみんなそれだとがないんだよね。やっぱり競馬には理屈に合わないやつがいて欲しい。勝てればそれに越したことはないんだけどw、これは勝つんじゃないかというロマンがあるのはこういう突き抜けたの方だったりする。
64 : ななしのよっしん :2018/06/23(土) 01:14:47 ID: Haf8gcFvJT
七夕賞は「吼えろツインターボ!!! ターボエンジン全開逃げ切った!!!」の実況込みで至高の大逃げレースって感じがある
もちろんGIに一泡吹かせたオールカマーも最高なんだけど
65 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 22:50:23 ID: s2cQA9R/xS
名はツインターボ、実際の走りは燃費極悪のロケットエンジンという…
66 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 00:02:20 ID: oiQ7K/w+OU
引退後、ましてや死去から11年経っても名として名を連ねる。
記憶に残る名。そして今も
67 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 21:49:48 ID: UAlXjKS4+z
大逃げのは幾頭いるけど最後の直線でなく最終コーナー前で
捕まる清々しい玉砕ぶりはほんとオンリーワンだと思う。
天皇賞では「ツインターボの逃げは、残り500mの地点で壊滅している!」
とか言われてるしw
68 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 19:48:38 ID: QNwp40pTe5
福島開催で中調教師、高橋アナらを招いてツインターボを振り返るトークイベント行うのか。
遠くから見に行きたい。
69 : ななしのよっしん :2018/10/29(月) 21:45:09 ID: AIT0wUUi4Q
全開だ ターボエンジン 逃げ切った 

詠み人高橋雄一
70 : ななしのよっしん :2018/11/07(水) 17:18:24 ID: baaPc98Klm
七夕賞とオールカマーでは同じ大逃げでもラップタイムがぜんぜん違うのよね。
七夕賞は本当に破滅覚悟のハイラップでなぜかそれで保ってしまった。
ところがオールカマーは見たこそ大逃げだけど、実はラップタイムは全然大したことない。後続がみんなだまされた。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス