Nexus6P単語

ネスサスシックスピー

Nexus6Pは、華為技術有限公司が製造、Googleが発売したAndroidスマートフォン

概要

2015年9月発売。Google Nexusシリーズのひとつ。SIMフリー機。
その名の通り、「Nexus6」の後釜機種であるが、前作はモトローラ製だったのに対し
今度は華為技術有限公司が製造している。
液晶サイズは5.7インチで、有機ELディスプレイを搭載。
同期兄弟機種として、5.2インチ版の「Nexus5X」が存在する(製造はLGエレクトロニクス)。

OSバージョンは出荷時は6.0。2016年12月現在は7.0にアップデート

本体裏面には紋認センサーが搭載されており、スリープ中でも設定しておいたセンサーに当てるだけで、スリープ解除・ロック解除が一斉に行えるので、利便性を犠牲にせずにセキュリティを高められる。

CPUはクアルコム製 Snapdragon810 2.0GHz×8のオクタコア(8コア)であり、発熱が心配されたが、
幸いにも本体がアルマイト処理されたアルミニウム製だったことにより放熱性が高く、ユーザーからの苦情はあまり立たなかった。

LTEの対応バンドは1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/28/38/39/40/41と幅広く、NTTドコモソフトバンクワイモバイルプラチナバンド(700~900MHz)をカバーしている。KDDIバンド18はカバーしていないが、そもそもKDDISIMで通話が出来ないので正直要らないかもしれない。

ストレージ容量は32GB64GBモデルが存在した。なお、海外版は128GB版も存在するが、残念ながら日本では発売されなかった。microSDカードは使えないので要注意。
メインメモリ(RAM)はどちらも3GB

通話はVoLTEに対応。通話対が同ネットワーク同士間かつ、両者ともVoLTE対応端末であれば高音質通話が行える。ただし、ソフトバンクワイモバイルSIMのみ対応NTTドコモSIMはVoLTEは使えず、KDDI(au)のSIMはVoLTE機専用SIMを挿しても音通話不可能

充電端子はUSB-C。付属の純正充電器は電圧5ボルト×電流3アンペア=15ワットと高出

販路

販路は日本国内では、Googleネット直販をはじめ、ソフトバンクが取り扱った。
2016年12月からはワイモバイルも取り扱いを開始する。
なお、ソフトバンク版・ワイモバイル版は出荷時にSIMロックがかかっているので要注意。
ただし購入後から半年経過後に手続きを行えばSIMロックを解除しSIMフリー化が行える。

カラー

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/nexus6p

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Nexus6P

1 ななしのよっしん
2017/05/08(月) 18:08:38 ID: 7oa7aiZ4Oh
電池の劣化しい以外、特に欠点という欠点がない端末だった。次もHuaweiにしようかなと思う。