世界一大きな塔(仮)生放送

セカイイチオオキナトウ
 世界一大きな塔(仮)              
                                                              絵・お話: あいん

 

 あるところに、絵を描くのが大好きながいました。

 には夢がありました。

 「とってもとっても高いところから、世界一美しい絵を描きたい」

 

 あるところに、歌を歌うのが大好きなカナリアがいました。

 カナリアには夢がありました。

 「とってもとっても高い所から、世界中にきぼうの歌をとどけたい」

 

 ある日、カナリアは出会いました。

 「一緒に、世界一高いを建てよう!」

 運命の出会いでした。

 

 でも、ふたりでを作るのは大変です。

 そこで、カナリアは、ほかのなかまたちにも呼びかけました。

 たくさん集まりました。

 

 

 は、ワシに聞いてみました。「君は何でに登りたいの?」 

 「は、よりも高いところから飛んでみたいのさ」 

 「そうか。きっと気持ちいいだろうね」 笑顔で答えました。

 

 カナリアは、リスに聞いてみました。「あなたはどうしてに登りたいのかしら?」 

 「私は、お兄ちゃんを探してるの。とっても高い所からなら、見つかるかな、と思って」

 「そうなんだ。見つかるといいね」 カナリアは優しくうなづきました。

 

 病弱ウサギも、やってきました。

 「ゴホンゴホン。私も、入れて下さい」

 「君、大丈夫?顔色悪いよ」 が心配そうに答えます。

 「どうしても、やりたいことがあるの」

 「いいわよ。いっしょにがんばりましょう」 カナリアはほほえみました。

 

 みんな、やりたいことはばらばら。

 でも、気持ちはひとつでした。

 「世界一、大きいを建てよう!」

 

 みんな、いっしょうけんめい働きました。

 は、がんじょうな土台が出来ました。

 

 みんな、いっしょうけんめい働きました。

 は、じゅんちょうに高くなっていきました。

 

 みんな、いっしょうけんめい働きました。

 は、どんどん高くなっていきました。

 

 ある日、台風がやってきました。

 がざーざー降ってきます。

 がびゅうびゅう吹いています。

 だから、まっくらです。

 

 「みんなー、だいじょうぶかー!」 をかけました。

 「飛ばされないように気を付けてね!」 カナリアも呼びかけました。

 

 冷たいにたたきつけられながら、がまん。

 みんな、疲れていました。

 

 「もうやだやだやだ!」 が泣きながら、もがきだします。

 「もやだやだ!」 「私もやだやだ!」

 仲間たちが、いっせいに泣きだしました。

 「大変なのは、みんないっしょだよ!がんばろうよ!」 そう言いながら、も泣いていました。

 「そうよ!もうちょっとだけ、しんぼうしましょう!」 カナリアも、泣いていました。

 みんな、大泣きしました。

 

 その中で、もくもくと、を作りつづけている仲間がひとりいました。

 病弱ウサギでした。

 

 「君、強いんだね」 が言いました。

 ウサギは、はをくいしばって答えました。

 「だって、これ作らないと、みんなの夢、かなわない」

 みんな、泣くのをやめて、立ち上がりました。

 

 みんな、いっしょうけんめい働きました。

 は、山をこえました。

 

 みんな、いっしょうけんめい働きました。

 は、をこえました。

 

 そして、ついに世界一大きな完成しました。

 「終わったー」「やったー」「できたー」「わーい」

 みんな、笑顔で喜びました。

 

 いよいよ、やりたいことがかなうしゅんかんです。

 でも、みんなつかれきっていたので、眠ってしまいました。

 

 「ん…んん…」 やがて、さましました。

 カナリア、ワシ、リス…みんな、ぐっすり眠っていました。

 

 「あれ…」 はびっくりしました。「なのに…何で明るいんだろう」

 から、優しいあかりが、ふんわりと降りていました。

 

 「ってる…」 は、とってもとってもおどろきました。

 このでは、のすがたがほとんど見えなかったからです。

 わずかにっているだけで、はまっくらだったのです。

 

 はハッとしました。病弱ウサギの姿がありません。

 は、に向かって呼びかけました。 「君、どうして?」

 からが聞こえてきました。

 「みんなが怖がっていたを、明るく照らしたかったの」

 「それが、君のやりたいことだったんだね」

 「うん」

 は、大きくて、まんまるで、美しくっています。

 まるで、にっこりと笑っているようでした。

 「…ありがとう」 

 そう言うと、はキャンバスと絵の具を手にしました。

 「も、夢をえるよ」

 は、大きくて、まんまるで、美しくを描きました。

 

 世界一大きなは、あかりに照らされて、世界一美しいになりました。

 (おしまい)

 

 

 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/l/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E5%A1%94%28%E4%BB%AE%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

世界一大きな塔(仮)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 世界一大きな塔(仮)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード