うっうー(低音)単語

ウッウー

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

うっうー(低音)とは、「アイドルマスター」のスピンオフ作品「ぷちます!」に登場するぷちどるやよ」の鳴きである。

うっうー↓」「うっうー(重低音)」などとも表記される。

うっうー(概要)

うっうー(低音)の初出は、アニメぷちます!」の第20話「るいはともをよぶ」である。

貴音「そうそう、といえば…」

ん?

貴音この子も負けていませんよ?」

「はぁ!? どうしたのその子!?

やよ『うっうー(低音)』

アニメぷちます!」第20話「るいはともをよぶ」より

本放送配信時、やよの鳴きを聴いた多くの視聴者Pに震が走った。

というのも、それまで登場していたぷちどる達の鳴きは、あふぅの「ナノ!」、ちひゃーの「くっ!」など、総じて765プロアイドル達とべ高いトーンであったのに対し、やよの鳴きは大方の予想と異なり「うっうー(低音)」だったからである。

そもそも、やよによく似た765プロアイドル高槻やよい鳴き口癖である「うっうー!」は非常に高いトーンで演じられている。やよ役の仁後真耶子さんは「これ以上どうしろと。」と悩み、試行錯誤の結果生まれたのが、「うっうー(低音)」であったらしい。(「アイマスタジオ」第98回より)

ともあれ、やよの「うっうー(低音)」は非常に衝撃的であり、特に高槻やよいの「うっうー!」に長年慣れしんでいた多くのP達にとってきであったことも合わさって、多くの中患者を生み出す結果となった。

うっうー(備考)

ぷちます!アニメ20話で採用されたやよの「うっうー(低音)」は、実は本番用に録音したものではなく、その前に行われたテストテイクのものであった。これは、音響監督・えのもとたかひろ氏が「が抜けていたから」という理由で、仁後さんにも内緒でそっと差し替えたらしい。(「アイマスタジオ」第98回、及びえのもとたかひろ氏のツイッター発言exitより)

ちなみに、アニメ化よりも先にリリースされた「ドラマCD ぷちます!」でのやよは、高槻やよいの「うっうー!」とほぼ同じトーンの高い鳴きであった。

うっうー(関連動画)

うっうー(関連項目)

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP