わらしべ長者単語

ワラシベチョウジャ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

わらしべ長者とは、おとぎ話の一つである

概要

とある貧乏人が手にしていた藁を物々交換していく内に、最終的には大持ちになった、というお話。

現在では、おとぎ話としてではなく、単に物々交換によって品質が良くなっていく様子のことをす場合が多い。

日本では昔話としても知られる一方、世界で見ても類似の説話は多いとされる。ドラえもんの「チョージャワラシベ」はこのわらしべ長者のもじり。

ちなみに日本昔話あらすじの一例はこうなっている。

あらすじ

ある貧しい若者が出世を願って観音さまにお祈りをするとこのようなお告げを頂く。

「次にあなたが最初に掴んだものを大切にしなさい」

それを聞いた若者が歩いていると土手につまずいて、はずみで藁を一束掴んでしまった。若者は「これが観音様の授かり物なのか」と訝るが、これを掴んでひたすら歩き続ける。しばらく歩いていると、の前をが通り、退屈しのぎにとそのを捕まえ、藁にくくりつけた。

わらしべ → わらしべ + 

しばらく歩いていると、身なりのいい公家夫婦がいるが、子供がむずかっていた。若者はそのを渡すと子供は面がり、すっかりご機嫌に。旦那はお礼にとミカンをくれる。

わらしべ +  ⇔ ミカン

そのミカンを持っていると商人が苦しがってを欲しがっている。そこでミカンを分け与えると商人は大喜びで反物を三反もくれた。

ミカン ⇔ 反物

今度はその反物を持っていると先で方が困っていた。若者が尋ねるとが死に途方に暮れていたので、それならと死んでも革になるだろうと、これからに向かうのでと反物を取り換えた。しかし、その後若者ミカンをやると単に喉が渇いていたは跳ね上がるように元気になる。

反物 ⇔ 

そのに導かれた先のに大きなお屋敷があった。そのはもともと屋敷のであり迷子になっていたのだった。が帰ってきた旦那は大喜びし、若者に「しばらくここに居なさい」と住まわせ、屋敷のにも気に入られた。それから後日、旦那が一言「私は今から用事にでかけるが、もし何かあったらこの屋敷のとなってほしい」と。そして、偶然にも旦那は出たっきり戻ってこなかったのである。

こうして若者わらしべ一本から屋敷を手に入れることができ、人はわらしべ長者と呼ぶようになったそうな。

 ⇔ 屋敷(+

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/23(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/23(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP