アクションエディター単語

アクションエディター

1.4千文字の記事
掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アクションエディターとは、アントン制作ゲーム制作ツールフリーソフト)である。略称は「アクエディ」。

現在無印アクションエディター、無印に大幅なバージョンアップをする形で作られたアクションエディター+、最新版のアクションエディター4の3種類が開されている。

本記事ではに最新版のアクションエディター4について解説する。

ちなみに、3作にもかかわらずナンバリングが4なのは制作者のアントン氏いわく単にステージファイル拡張子stg4で、それに合わせたからである。(拡張子自体はアクションエディターの前身といえるフリーゲーム『ヤシーユの地獄アクション』から順にナンバリングされている。)

概要

アクションエディターは、名前通りに横視点アクションゲームを作るためのゲーム制作ツールである。
ダウンロードこちらの配布サイト(おもしろゲーム神殿)exitから。バグ修正とサポートが良好だったり。

アクションエディター+までは、ゲームおまけにあるステージエディットのように、あらかじめパレットに設定してあるキャラクターブロックなどを配置していくことでステージ制作することができる。

アクションエディター4からはインターフェイスが一新し、より本格的なゲーム制作ツールとして進化をとげた。なお、基本的な操作は+以前とあまり変わらない。

また、あらかじめ用意してある素材を差し替えたり編集したりすることで、自作した素材を使用することもできる。

キャラクターの動作をとても自由に設定できるのが特徴で、移動方法や攻撃はもちろんのこと、キャラクターステータス変数キャラクターとの位置関係など、複雑な条件分岐で動作を設定できるほか、透明かつ無敵にすることで他のキャラクターと干渉しない存在を作成し、そのキャラインターフェイス表示やフラグ管理などといったシステム的な動作を行わせることも可

このようにステージ内での設定はとても自由にできる反面、タイトル画面など、アクションエディターのシステムそのものは大きく変更させることができない。

アクションゲーム制作ツールという仕様上、リアルタイムで動作するゲーム全般の作成が得意で、横スクロールアクションはもちろんのこと、シューティングアクションRPGRTSなども工夫次第で制作
またアクションゲーム用のツールとしては異色なパズルゲームや、FFのようなRPGさえも作られている。
簡単な操作方法や工夫次第では想定外ジャンルゲームを作れる点は、ツクールシリーズに似ていると言える。

ニコニコ自作ゲームフェスでもアクエディ製ゲームが複数受賞しており、非常に高いポテンシャルを持つツールである。

開当時から様々な機が追加され、2020年7月にアクションエディター4はver.10.00という大台を迎えた。なお、制作者のアントン氏いわく、「これがアクションエディター4ないしアクションエディターシリーズにおける最後の機追加になるかもしれない」とのこと。

現在の最新バージョンはver10.20。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/04(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/04(火) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP