ソニック単語

ソニック

  • 21
  • 0
掲示板をみる(1,714)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(21)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避 ソニック (Sonic)とは、 「音速の」「音の」「音波の」を意味する英単ラテン語の「sonus=音」が

下記は、上記の意味に由来した単

概要

ソニック

Hello, everybody!

人呼んで「音速ハリネズミ」。ソニック・ザ・ヘッジホッグとは彼のことである。

ソニックは、SEGA任天堂マリオに対抗すべく生み出したゲームキャラクターであり、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(1991年メガドライブ)にてデビューした。高速スピードで駆け抜ける新感覚のこのゲーム海外では高い評価を受け、ソニックはマリオに勝るとも劣らぬ著名なゲームキャラになった。

1998年発売の『ソニックアドベンチャー』(ドリームキャスト)から大きくモデルチェンジされ、ゲーム内で金丸淳一を当てるようになり、以後定着している(金丸氏は純にソニックの声優としては三代目に当たる)。また、これ以前のソニックを「旧ソニック(旧ソニ)」「クラシックソニック」などと区別して呼ぶことがある。

ソニックは1996年OVA化されており、2003年には『ソニックX』としてアニメ化日本では52話まで、海外では78話まで放送された(現在日本未放送のエピソードも各配信サービスにて日本語で視聴可)。ソニアド1、2をほぼそのまま再現したエピソードもあり、ゲーム中より深く掘り下げられたキャラクター達の魅っている。2019年には『ソニック・ザ・ムービー』で実写映画化され、開前に紆余曲折あったものので大ヒットを記録した。

アメリカイギリスなど世界コミック化もされており、特にアメリカ1993年から出版されていたアーチー・コミック版は独自の設定やキャラクター、複数回のリブートを交えながらも実に24年もの間連載され続けていた。現在IDWパブリシング版のアメコミが連載中であり、日本ではワイズ・パブリシングから初めてとなる翻訳版が出版されている。

キャラクター設定

性格は非常に自由であり、何かに縛られることをひどく嫌う。短気でキザっぽいところもあるが、困ってる人を助けずにはいられない。とでも、時には宿敵エッグマンとも気兼ねなくつきあい、その魅的な人柄にみな引かれ、彼の周りには自然と人が集まる。
最高時速は、通常時でも時速500kmのスポーツカーを軽々追い抜きマッハに達する設定。更にスーパーソニック時は光速から更に光速にも達する。本人いわく、「ちょっとスゴいハリネズミなのさ。」。でもは苦手。

現在はかつてのライバルマリオと競演することが増えており、オリンピックスマブラにと活躍の場を広げている。その一方で肝心の本編はあまり調子がよくないというか、見合うほどの功績を成し遂げられずにいる。ただし彼の名誉の為に付け加えるならば、現在でも新作を発売する度に世界ではミリオン級のヒットを飛ばしているのだ。記念すべき第一作は1500万本を記録、シリーズ累計は全世界7000万本に達する大人キャラクター

前述の通り、多くのファンと、前作から参戦を熱望していた中裕司氏の期待に答えて、ソニックは任天堂の『大乱闘スマッシュブラザーズX』にゲスト参戦。以降の作品にも続投している。彼よりもゲスト参戦したスネークコナミ代表)の「待たせたな!」のセリフは、ハードえてゲーマー感動を与えたが、スマブラXにおけるアドベンチャーパート亜空の使者』において、本当にファンを待たせたのは、他でもないソニックである。
ところでメーカーの問題か、はたまた中の人血縁関係におけるものかはわからないが、「」にはあまり好かれていないらしい(ハリネズミヘビへの抗体を持っているから説もある)。

ゲーム

2020年にはSONIC 2020プロジェクトexitと題して、前述したアメコミ翻訳版の出版や毎コンピレーションアルバムカバーアルバムを配信するなど、毎新たな展開を実施中。

今からソニックを始めたい人は、2Dなら『ソニックラッシュアドベンチャー』(DS)、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』(初出はメガドライブ3DSSwitch等でDL販売している)『ソニックマニア』(PS4SwitchXBOX OneSteam)。3Dなら『ソニックアドベンチャー』『ソニックアドベンチャー2』(共にDCGCリメイク版。1・2共にPS3XBOX360でもDL販売)、一本でどっちもと言う場合は『ソニックカラーズ』(Wii)『ソニックジェネレーションズ』(PS3XBOX360)を推しておく。

ニコニコ動画での扱い

ゲーム自体が疾走するために作られており、疾走時のカッコよさは随一であり動画映えが良くタイムアタックに向いているためタイムアタックTAS動画投稿が多い。毎作サウンドにもこだわりを持って作られているシリーズであるため、神曲をまとめたBGM動画人気を博している。

また、ソニックという存在自体が神速の代名詞であり、彼のTASではどんなに速く走ろうとも俺の持ってるゲームと違う、と言われることはない(ただし、あまりに速過ぎてカメラが追いつかない時がある)。
また、ソニックでなくともアクションゲームで常軌を逸した移動速度を出している動画に対して「○○・ザ・ヘッジホッグ」というタグがついているのが見られる。
ゲーム以外では、企業関係のネタ動画で「SEGA中の人」役で登場する時がある。

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連チャンネル

関連項目

一般項目

出演作品など

キャラクター

断りがない限り声優は最新の出演作におけるものである。

この記事を編集する

掲示板

  • 1712ななしのよっしん

    2020/11/02(月) 22:53:57 ID: syVsmgG3E6

    もうすぐ新作発表と聞いても楽しみにできないのが一ファンとして悲しい。
    ぶっちゃけ海外ファンが作ったゲーム二次創作ストーリーの方が面そうだし…

  • 1713ななしのよっしん

    2020/11/18(水) 22:22:00 ID: 5gD2EwElXt

    新作出すのなあ、公式で半端なもの作ってさ、後からファンが遊べるように調整する今の状況じゃあなあ

  • 1714ななしのよっしん

    2020/11/20(金) 13:41:31 ID: 8J9w7sd89C

    フォースのMODカオス戦追加されてて笑った
    なんで公式がやらないの?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP