今注目のニュース
EUが「顔認証」の無差別な使用を取り締まる規制を計画中
カチューシャをした孫を“捨て猫”と早とちりして疎まれた祖母の漫画 「これは笑う!」
あおり運転?後ろを付けてくるフルスモークのベンツの恐怖

ソフトウェア開発単語

ソフトウェアカイハツ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ソフトウェア開発とは、一般的にコンピュータソフトウェアの設計・製造の一連の作業である。実際には企画から品質検ユーザインタフェースデザインまで様々な過程や部門が存在するが、単にプログラムの設計・コーディングす場合も多い。

概要

一般的な、情報企業では "ソフトウェア" と呼ぶと"お客様"に納品するプログラムセットす。マニュアルや技術仕様書などの文書類も含む。
しかしながらカタカナが多いこの業界では、詳しく解らないユーザーが多いため。
ソフトウェア = プログラム と解釈されてしまいプログラミングす場合が多くなってしまう。
また、ソフトウェア開発=プロジェクトとはならないため、この辺もユーザーにとってはわかりにくいと思われる。

技術に詳しくない顧客と開発専門集団との間の、コミュニケーション齬を解消して工程を妨げる要因を未然に防ぐコーディネーター的人材のさらなる育成と有用性認識が切望される。

自称SEやプランナーである設計担当者であっても、現実での設計・プログラミングの経験・技術的ノウハウをほとんど持たない(しかし、机上の知見や資格だけは持っていたり、対顧客プレゼンテーションが詐欺的に上手いが内容は非現実的な)場合があり、顧客や開発者を混乱に陥れることがある。


ソフトウェアの開発では、

  1. SEと営業が、顧客の要望を聞く
  2. SEが、その内容をプランナーへ伝達
  3. プランナーが設計をして、プログラマーへ伝達
  4. プログラマープランナーの意向を忠実にプログラミング
  5. デバッガーがプログラムの内容が正しいかどうかをチェック
  6. SEが全ての行程を終わったことを確認
  7. 顧客に、ソフトウェアを納品
  8. 営業が検収を行う

というのが正しい流れだが、これは夢物語である。
現実では・・・

  1. SEと営業が顧客の要望を聞く
  2. SEがプランナーを通さず直接プログラマーへ伝達
  3. プログラマーが、SEの要望のアルゴリズム開発に四苦八苦してプログラムを作成
  4. プログラマーが”それぞれ”の思惑で作成したためプログラムが思ったようにつながらない
  5. デバッガーがバグの多発で泣き始める。
  6. 作業が終わらないため、SEが顧客から文句を言われ始める。
  7. 営業が泣き始める。
  8. 泊まり込み作業が始まり、プログラマーとデバッガーがサービス残業に追われる。
  9. 何とかできあがって納品するが、顧客の要望が既に初期依頼時と違っていてさらに追加されている
  10. 2~9を延々と繰り返し、終わった頃には、数才老けている。

とまさに、地獄絵図を見るようである。
なお、上の現実はあくまで某会社であった話なので他の企業はどうか不明である。

なお、マニュアル仕様書が少ないのは、「そんな時間があったらアルゴリズムの開発に時間を回したい」というプログラマーの切なる抵抗であるが、実際には作っている間に用件が変わってしまうので「そんな物作っていられない」というのがほとんどである。ところが、それを作らないために、後に余計な(過去の作業についての)追跡調作業の時間が多大に費やされるのが常である。

関連動画


関連商品

関連項目

掲示板

  • 13削除しました

    削除しました ID: tTCkD/uFKv

    削除しました

  • 14削除しました

    削除しました ID: x27BWuLlTA

    削除しました

  • 15ななしのよっしん

    2018/03/06(火) 21:46:46 ID: 5rlgcJ/0OM

    >>12
    「ごめ~んもう海外バカンスの諸々の手続きすんじゃったwww

    って蹴り飛ばせよ

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP