ディエゴ・ミリート単語

ディエゴミリート

1.4千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ディエゴ・ミリートDiego Alberto Milito, 1979年6月12日 - )とは、アルゼンチンサッカー選手である。アルゼンチンプリメーラ・ディビシオンのラシンクラブ所属。ポジションはFW。

称はエルプリンシペ。PKが非常にうまい選手として知られる。

概要

1999年にラシンクラブプロデビュー

2003年イタリア・セリエBのジェノアへ移籍。はシーズン途中の加入であったが、20試合12得点記録
2004-05シーズンにはリーグ戦39試合21得点記録ジェノアセリエA昇格に大貢献。しかしカルチョスキャンダルクラブはセリエC1へ降格した。

2005年スペインリーガ・エスパニョーラレアルサラゴサへ移籍。欧州1部リーグデビューである2005-06シーズンに15得点マークする上々の滑り出しを見せると、翌2006-07シーズンには37試合23得点記録クラブの6位進出の立役者となった。2007-08シーズンリーグ戦でゴールを量産したものの、クラブは低迷しセグンダ・ディビシオンへ降格した。

2008年に古巣であるイタリアセリエAジェノアへ移籍。ジェノア復帰後は1年しか在籍しなかったが、2008-09シーズンリーグ戦で24得点記録し、得点ランキング2位タイとなった。リーグ戦を5位で終えたチームを前線から牽引した。

2009年イタリアセリエAインテルへ移籍。移籍1年から当時の監督であるジョゼ・モウリーニョの信頼を掴み取りエースストライカーとして君臨し、インテル三冠達成(UEFAチャンピオンズリーグセリエAコッパ・イタリア)に大きく貢献をした。とくにUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦では、バイエルン・ミュンヘンを相手に2得点を奪いクラブUEFAチャンピオンズリーグ優勝へ導いた。2011-12シーズンにもクラブが不調であるにもかかわらず、リーグ戦24得点を挙げる奮闘を見せた。

2014年に古巣のラシンクラブへ復帰。加入直後にキャプテンに就任し、2014シーズンにはクラブリーグ優勝に導いた。

代表

2003年アルゼンチン代表デビュー2011年の代表引退までに25試合4得点記録
コパ・アメリカ20072010 FIFAワールドカップコパ・アメリカ2011などの際大会に出場。

招集こそされるものの出場機会が訪れないことが多く、絶頂期に迎えた2010 FIFAワールドカップでもディエゴ・マラドーナの采配によりベンチに座ることが多かった。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1999-00



シンクラブ




プリメーラ・ディビシオン
11 1
2000-01 35 2
2001-02 38 9
2002-03 35 14
2003-04 18 8
2003-04
ジェノア

セリエA
20 12
2004-05 39 21
2005-06

レアルサラゴサ


リーガ・エスパニョーラ
36 15
2006-07 37 23
2007-08 35 15
2008-09 ジェノア




セリエA

31 24
2009-10


インテル

35 22
2010-11 23 5
2011-12 33 24
2012-13 20 9
2013-14 17 2
2014

シンクラブ


プリメーラ・ディビシオン
17 6
2015 17 6
2016 - -

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/12(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/12(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP