2010 FIFAワールドカップ単語

ニセンジュウフィファワァルドカップ

1.6万文字の記事
掲示板をみる(583)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(46)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

2010 FIFAワールドカップとは、南アフリカ共和国で開かれたサッカー世界大会である。

概要

2010 FIFAワールドカップ
期間 2010年6月11日7月11日
場所 南アフリカ共和国南アフリカ共和国
出場 32ヶ
公式 ジャブラニ(アディダス)
マスコット ザクミたん
名物 ブブゼラパウル君

今大会は南アフリカ共和国での開催で、アフリカ大陸での開催は史上初。また、南半球で開かれるのは、1978 FIFAワールドカップアルゼンチン大会以来となった。

大会マスコットザクミたん。「ザク」はヒョウモチーフにしたキャラクターで、名前の由来は南アフリカを表すコードの「ZA」とアフリカで「10」を意味する「kumi」を掛け合わせた造とのこと。

公式「ジャブラニ」は、キックが左右されないように、表面の皮を前大会公式球「チームガイスト」より6枚も減らした8枚で作られている。だが、従来のボールよりも球に近くブレやすいため大会前から不評だった。大会が始まってみると、ブレやすさよりもボールが以前のものより伸びることののほうが大きかったようだがいずれにせよ不評。高地のスタジアムではさらに、空気抵抗の少なさのためボールが曲がりづらく落ちづらいようだ。

また、スタジアムにも大きな違いがある。ヨハネスブルグを始めとする標高1,000mを越えるスタジアムと、抜0m近い低地のスタジアムが混在している。気温差も大きく、の試合だと20℃近く、の試合は0℃近くになっているところも。

応援ではファンが試合中に吹く南アフリカ民族楽器ブブゼラが特徴的(ブブゼラの記事も参照)。の羽音のような音がとても大きな音量で出るため、伝統的なによる応援はあまり聞こえない。

ヨハネスブルグガイドラインで知られるように治安が悪いことで名高い南アフリカであるが、大会中にジャーナリストへの窃盗、首絞め強盗などが発生したものの、選手やサッカー関係者の死亡・誘拐などは発生しなかった。

地区予選

ホスト南アフリカは予選免除。ヨーロッパ13、南4.5、北中3.5、アフリカ5、アジア4.5、オセアニア0.5のをかけて各大陸で予選が行われた。有名なサッカー上位では、クロアチアロシアウクライナチェコスウェーデンなどが本戦出場を逃した。初出場スロバキアのみで、ニュージーランド北朝鮮久々の本大会出場を決めた。また、ブラジルイタリアドイツアルゼンチンウルグアイフランスイングランド優勝経験のある7か久々って出場することとなった。

グループリーグ

ホームチーム南アフリカ)のグループが厳しい(通常は楽なことが多い)、明確な死のグループがない、という全体的に均等的なグループ分けとなった。

カッコ内は直近のFIFAランキングの順位。ランキングは変動するので、あくまでも参考である。最新のFIFAランキングこちらexit

グループA グループB グループC グループD グループE グループF グループG グループH

南アフリカ
(83位)

アルゼンチン(7位)

イングランド
(8位)

ドイツ
(6位)

オランダ
(4位)

イタリア
(5位)

ブラジル
1位

スペイン
2位

メキシコ
(17位)

ナイジェリア
(21位

アメリカ
(14位)

オーストラリア(20位)

デンマーク
(36位)

パラグアイ
(31位

北朝鮮
105位)

スイス
(24位)

ウルグアイ
(16位)

韓国
(47位)

アルジェリア
(30位)

セルビア
(15位)

日本
(45位)

ニュージーランド(78位)

コートジボワール(27位)

ホンジュラス
(38位)

フランス
(9位)

ギリシャ
(13位)

スロヴェニア
(25位)

ガーナ
(32位

カメルーン
(19位)

スロバキア
(34位)

ポルトガル
(3位)

チリ
(18位)

グループA


勝点 得失
点差


1
ウルグアイ

1-0

3-0

0-0
7 +4 4 0
2
メキシコ

0-1

1-1

2-0
4 +1 3 2
3
南アフリカ

0-3

1-1

2-1
4 -2 3 5
4
フランス

0-0

0-2

1-2
1 -3 1 4
【Before】
南アフリカガチ抽選をした結果がこれだよ!」
メキシコ南アフリカ
ウルグアイ南アフリカ
フランス「実質シードワロスww
After
南アフリカガチ抽選をした結果がこれだよ!」
メキシコフランス
ウルグアイフランス
フランスコメント拒否)

南アフリカメキシコで開幕。大会のオープニングゴール南アフリカのチャバララ選手によるもの。

ウルグアイは初戦のフランス戦でスコアレスドローに終わったものの、残りの2試合を手堅くものにし、なんと失点で首位通過。

地区予選で苦戦したフランスの迷走は続き、第2戦のメキシコに敗れた後、アネルカ選手がドメネク監督に暴言を吐いたことでフランスサッカー連盟により追放され、これに抗議した選手は練習をボイコットする事態に。結局最終戦南アフリカ戦でも敗れ、未勝利の最下位で大会を去ることに。

南アフリカは第2戦のウルグアイに0-3で負けたのがいて得失点差で3位。初めての決勝トーナメントへ勝ち進めない開催となってしまった。しかし、その頑る選手の姿は、変わりゆく南アフリカ徴でもあった。

グループB


勝点 得失
点差


1
アルゼンチン

4-1

2-0

1-0
9 +6 7 1
2
韓国

1-4

2-0

2-2
4 -1 5 6
3
ギリシャ

0-2

0-2

2-1
3 -3 2 5
4
ナイジェリア

0-1

2-2

1-2
1 -2 3 5
【Before】
アルゼンチン「なんだ楽勝じゃん」
ナイジェリア2位ならなんとか
韓国\(^o^)/
ギリシャ2位ならなんとか
After
アルゼンチン「楽すぐる」
ナイジェリア希望はあったんだがな」
韓国俺達の戦いはこれからだ(キリッ
ギリシャ「やっぱユーロだな」

予選をぎりぎりで通過したアルゼンチンだが初戦のナイジェリアに勝ち、韓国戦ではイグアイン選手が大会初のハットトリックを達成した。

ギリシャナイジェリア勝利し、ワールドカップで初勝利を挙げた。

韓国は第2戦のアルゼンチンに大敗したものの、残りの2試合で着実に勝ち点を挙げ、アジア勢で今大会初の決勝トーナメント進出を決めた。

アフリカ開催で活躍が期待されたナイジェリアは苦戦を強いられ、グループ最下位に終わった。

グループC


勝点 得失
点差


1
アメリカ

1-1

2-2

1-0
5 +1 4 3
2
イングランド

1-1

1-0

0-0
5 +1 2 1
3
スロベニア

2-2

0-1

1-0
4 ±0 3 3
4
アルジェリア

0-1

0-0

0-1
1 -2 0 2
【Before】
イングランドアジアやらせろよ」
アメリカ微妙・・・」
アルジェリア理くさい」
スロべニア微妙・・・」
After
イングランドアジア(ry
アメリカ俺らが本気だせばこんなもんしょ」
アルジェリア理だった」
スロベニアアメリカバカヤロー!(

優勝補にも挙げられたイングランドは2分けと厳しいスタートだったが、第3戦のスロべニア勝利し何とか決勝トーナメント進出。

アメリカは2戦連続で先制された試合を追いつき、第2戦終了時点で2分。勝てば決勝トーナメント進出となる第3戦のアルジェリア戦は後半ロスタイムに決勝点と決める劇的勝利イングランドと勝ち点・得失点差で並ぶが総得点で上回り、1位通過を果たした。

初の決勝トーナメント進出をしたスロベニアは、第2戦終了時でグループ首位に立つ。しかし、引き分け以上で突破となる第3戦で敗北、試合終了直後にもう一試合のアメリカが点を入れたため、一気にグループリーグ敗退となる悲劇に見舞われた。グループリーグ突破がいかに難しいかを印付けたシーンであった。

アルジェリアは今大会初となる得点での敗退となった。

グループD


勝点 得失
点差


1
ドイツ

1-0

4-0

0-1
6 +4 5 1
2
ガーナ

0-1

1-1

1-0
4 ±0 2 2
3
オーストラリア

0-4

1-1

2-1
4 -3 3 6
4
セルビア

1-0

0-1

1-2
3 -1 2 3
【Before】
ドイツ「そこそこの組み合わせかな」
オーストラリア2位いけるな」
セルビア2位いけるな」
ガーナ2位いけるな」
After
ドイツ「これからが本気」
オーストラリア「最初からだめだった」
セルビア「オージー、空気よめよ」
ガーナ2位いけたな」

初戦のオーストラリアに4-0で快勝したドイツだったが、第2戦のセルビアに0-1で敗北ドイツグループリーグでの敗戦は24年ぶり。第3戦のガーナ戦には勝利1位通過。

アレックス・ファーガソンに裏の優勝補に挙げられたセルビアは、初戦でガーナに敗れたものの、2戦ドイツ勝利し、勢いを付ける。しかし、第3戦のオーストラリアに敗れ、グループ最下位に終わってしまった。

オーストラリアは2戦連続で厳しいジャッジによる退場者を出し1分1敗。第3戦のセルビアには勝ったものの、ドイツ戦の4失点がき、得失点差で3位に。

アフリカ勢が軒並み予選敗退となる中、ガーナは得失点差でオーストラリアをかわし、2位で今大会アフリカ一の決勝トーナメント進出を果たした。

グループE


勝点 得失
点差


1
オランダ

1-0

2-0

2-1
9 +4 5 1
2
日本

0-1

3-1

1-0
6 +2 4 2
3
デンマーク

0-2

1-3

2-1
3 -3 3 6
4
カメルーン

1-2

0-1

1-2
0 -3 2 5
【Before】
オランダ「まぁ、おk
デンマーク日本には勝つとして・・・」
日本標は4強です(キリッ
カメルーン日本には勝つとして・・・」
After
オランダ「いつも通り」
デンマーク「(´д`)」
日本標は4強です(ニヤリ
カメルーン俺達の戦いは終わった・・・」

地区予選全勝のオランダは2連勝で決勝トーナメント進出1番乗りを決める。第3戦も1点取られるものの勝利し、余裕の3戦全勝。

日本は初戦のカメルーン勝利し、地元開催以外のW杯勝利を挙げる。第2戦のオランダ戦は0-1で敗れたものの、強豪国相手に最小失点で抑えたことで、日本国内は決勝トーナメント進出に向けて大きく盛り上がる。運命の第3戦・デンマーク戦は本田遠藤フリーキックが立て続けに決まり、前半2得点。後半、相手PKから詰められて1点返されるものの、本田アシストから岡崎が3点を入れ、3-1で勝利。地元開催以外のW杯で初の決勝トーナメント進出を決めた。

アフリカ開催で注された不屈のライオンカメルーンだが、内紛が伝えられる。初戦の日本戦を落とし、第2戦のデンマーク戦でも逆転負け。第3戦のオランダ戦に勝利したとしても、日本デンマークは直接対決でどちらかは必ず勝ち点を得るため、3位以下が決定。出場32ヶの中で1番最初にグループリーグ敗退となってしまった。そしてオランダ戦でも敗北し、全敗で去っていった。

グループF


勝点 得失
点差


1
パラグアイ

2-0

0-0

1-1
5 +2 3 1
2
スロバキア

0-2

1-1

3-2
4 -1 4 5
3
ニュージーランド

0-0

1-1

1-1
3 ±0 2 2
4
イタリア

1-1

2-3

1-1
2 -1 4 5
【Before】
イタリア「楽勝www
パラグアイニュージーには勝つ」
ニュージーランド「なにこの無理ゲー?」
スロバキアニュージーには勝つ」
After
イタリア(゚Д゚)
パラグアイヘタリアwww
ニュージーランドヘタリアwww
スロバキアヘタリアwww

グループ最弱と見られたニュージーランドだったが、初戦のスロバキア戦はロスタイム得点引き分け。大会初勝ち点を手にすると、続くイタリア戦でも引き分けグループ台風となった。しかし、第3戦で勝つことができず3位に終わった。

グループリーグでの苦戦が恒例となっている前回優勝イタリアは今大会でも苦戦。2試合引き分けで後がなくなった第3戦のスロバキア戦では、0-2と追い込まれた状況を覆せず、2-3で敗北。アズーリ(イタリア代表の通称)はグループ最下位で南アフリカを去ることに。

第3戦でイタリアから金星を挙げたスロバキアは、初出場ながら決勝トーナメント進出というすばらしい快挙を成し遂げた。

グループG


勝点 得失
点差


1
ブラジル

0-0

3-1

2-1
7 +3 5 2
2
ポルトガル

0-0

0-0

7-0
5 +7 7 0
3
コートジボワール

1-3

0-0

3-0
4 +1 4 3
4
北朝鮮

1-2

0-7

0-3
0 -11 1 12
【Before】
ブラジル1位通過するよ」
北朝鮮どうしてこうなった!
コートジボワール1位通過するよ」
ポルトガル1位通過するよ」
After
ブラジル俺ら相変わらず流石だな」
北朝鮮現在行方不明
コートジボワール北朝鮮には勝った」
ポルトガル2位通過したよ」

3強(ブラジルポルトガルコートジボワール)1弱(北朝鮮)で、今大会で一番厳しいグループの一つとされた。

北朝鮮から何点とるかがポイントリーグとされたが、北朝鮮は、ブラジル戦では敗れたとはいえり強い守備を見せる(2-1)。しかしポルトガル戦では守備が崩壊し、0-7と大敗。第3戦のコートジボワール戦に勝ったとしても、ブラジルポルトガルを上回れないため、グループリーグ敗退となった。そして炭鉱という名の決勝へ・・・

過去W杯5回優勝世界ランキング1位ブラジルは2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。第3戦のポルトガル戦はスコアレスドローに終わり、全勝通過は逃した。コートジボワールは直前の日本との善試合で負傷を負ったドログバが本調子かったことがいた。

グループH


勝点 得失
点差


1
スペイン

2-1

0-1

2-0
6 +2 4 2
2
チリ

1-2

1-0

1-0
6 +1 3 2
3
スイス

1-0

0-1

0-0
4 ±0 1 1
4
ホンジュラス

0-2

0-1

0-0
1 -3 0 3
【Before】
スペイン「楽勝すぐるww
スイスホンジュラスには勝つ」
ホンジュラス「まぁ、がんばる」
チリホンジュラスには勝つ」
After
スペイン「1回負けたけどまあいいか
スイス引き分けで敗退orz
ホンジュラススイス連れ(ニヤリ
チリ2位通過したよ」

優勝補の一つであるスペインスイスに0-1で敗北スイスは対スペイン戦で初対戦から85年越しの初勝利を挙げた。直接対決となる第3戦のチリ戦は2-1で勝利。得失点差でチリを上回り、かろうじて1位通過。

スイスチリ戦に0-1で敗れたものの、イタリアが持っていたW杯連続失点記録(550分)を9分更新した。

ビエルサ率いるチリは攻撃的なサッカーを披露。2連勝で首位に立ったが、第3戦のスペインに敗れ、南一のグループ2位通過となった。

グループリーグまとめ

今大会は、第2戦終了時点で決勝トーナメント進出を決めたのがオランダブラジルだけと、どのグループも非常に混戦気味の様相だった。
全般的に、ヨーロッパの強チームアフリカチーム調子が悪く(アフリカは決勝Tに進出したのはガーナのみ、開催である南アフリカも、開催としては初めてグループリーグで敗退した)大苦戦した一方で、南チームの強さが立った(南5チームは全チームが決勝Tに進出)。そして、アジアからは韓国日本がそれぞれ駒を進めた。
また、前大会覇者イタリア(ヘタリア)と、準優勝フランスってグループリーグ最下位で敗退している(前大会1、2位が共に決勝Tに進めなかったのはワールドカップにおいて史上初)ところなどに、今大会の波乱具合がよく表れていると言えるだろう。

 
   ∩∩                 V∩   
   (7ヌ)                 (/ /   
  / /       敗 退       ||   
 / /  ∧_∧     ∧_∧   ||    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \ \( ´`)---. (´` ) //    < どうしてこうなった!どうしてこうなった!
   \       /~⌒   ⌒ /        \_________________
   (ミ  内紛 |/`i  老い  /       
     |フランス|   .|イタリア |      
    |      |  |    |       
    |    |   |     ヽ       
    /   ノ |   | ゝ  |       
    |  |  |    |  |  /       
   前回準優勝  前回優勝 




決勝トーナメント

であるイングランドドイツポルトガルスペインがそれぞれ1回戦から当たるなど、最初からしい戦いとなる組み合わせとなった。

優勝 スペイン
優勝 オランダ
3位 ドイツ
4位 ウルグアイ
 
決勝 0 - 1








 
3位決定戦 2 - 3








 
準決勝 2 - 3 0 - 1
















 
準々決勝 1 - 1
( 4 - 2 )
2 - 1 0 - 4 0 - 1


































 
一回戦 2 - 1 1 - 2 2 - 1 3 - 0 3 - 1 4 - 1 0 - 0
( 5 - 3 )
1- 0
































































A1 B2 C1 D2 E1 F2 G1 H2 B1 A2 D1 C2 F1 E2 H1 G2
FIFAランク 16 47 14 32 4 34 1 18 7 17 6 8 31 45 2 3

ラウンド16

今大会グループリーグでは失点だったウルグアイが、順当に勝ち進んだ。ただ、ランキングなどでは大きな差があった韓国も試合ではよく健闘した。

ウルグアイが前半8分にスアレスゴールで先制するものの、韓国はFKのチャンスからイ・チョンヨンが1点を取り返し、一度は同点に追いついた。しかし、ウルグアイは後半35分にスアレスがCKから再び決め、勝負ありとなった。

今大会のアフリカ勢で一決勝Tに勝ち進んだガーナが、自己初、アフリカ勢最高順タイとなる8強へと勝ち進んだ。

試合は同点のまま90分が経過し、今大会初の延長戦となったが、延長戦前半3分にガーナギャンが決めて、決着がついた。

アメリカは2大会ぶりに8強入りすることができなかった。

これ絶対入ってるよね
完全に入ってる

序盤からしい攻防により、ドイツクローゼポドルスキゴールで2点を先制するもイングランドも前半36分にアップソンが1点を返す。しかしその2分後の前半38分、イングランドのランパードが放ったボールが、バーに当たり、地面にバウンド。このときゴールライン明らかえていたが判定はノーゴール。66年大会の決勝、西ドイツイングランドで生まれた疑惑のゴールを想起させる判定が、同じ顔合わせながら逆の立場で再び生まれてしまった。
同点に追いつけなかった気落ちからか、はたまたの差か、後半にミュラーに2点を追加され、イングランドはここで敗退となった。

これで、ドイツは15大会連続8強進出となった。

「これ絶対出てるよね」
全に出てる」

前回でもベスト16で戦った両チームの対戦はドイツイングランド戦に続き、またも疑惑の判定に試合が揺れた。前半26分、こぼれ球を拾ったメッシの浮かせたボールをテベスがヘディングで流し込む。ベスの位置は明らかオフサイドポジションであり、メキシコは猛抗議するが判定はゴール。結果的にはアルゼンチンが先制する形になった。

その後アルゼンチンは相手のミスからイグアインが決めて2点、後半7分にはテベスの強なミドルシュートで3点を奪い試合を決めた。メキシコは再三の決定機を活かせず、後半26分にエルナンデスが1点を返すのが精一杯だった。

イタリアを撃破しベスト16進出を果たした初出場のスロバキアだったが、進撃もここまでだった。

前半18分、故障から復帰し今大会初先発となったオランダロッベンカウンターから先制点を奪う。スロバキアも幾度かの決定機を掴むが決めきれず、後半39分にスナイデルが2点を奪って試合を決めた。スロバキアは終了間際にヴィテックのPKで1点を返すに留まり、オランダが堅実な試合運びで1998年フランス大会以来のベスト8進出を果たした。

攻撃的サッカーで王に挑んだチリだったが、は高く厚かった。ブラジルの強固な守備に攻撃は寸断され、逆にブラジルの鋭い攻撃に翻弄された。

ブラジルは前半35分にCKからフアンが決めて先制すると、3分後には鋭い連携からルイス・ファビアーノが2点を奪う。後半、さらに攻撃的な布で挑んできたチリを跳ね返し、14分にロビーニョが3点を流し込んで勝負あり。

ブラジル勝で5大会連続のベスト8へ駒を進めた。

ともに初のベスト8をす守備的な両チームの戦いは90分間得点がなく、延長戦へ突入。延長戦に入ったあともスコアは動かず今大会初のPK戦へ。先攻のパラグアイが全選手決めたのに対し、日本は3番手の駒野友一がシュートバーに当てて惜しくも外してしまった。パラグアイが初となるベスト8進出を決めた。

また、この試合のマンオブマッチ選ばれたのは本田圭佑であった。敗者チームが選ばれるのは大変異例なことである。尚、本田は今大会で3度受賞した。

スペインが「無敵艦隊」の誇りを維持した。

前半からスペインはポゼッションで優位に立ち、たびたびシュートを放っていたが、ポルトガルの守りは堅かった。だが、その後後半18分、スペインシャビヒールパスからビジャ麗に決め、先制。そのままの点数で後半も終わり、スペインベスト8に進出した。また、ポルトガルロスタイム直前にレッドカードをもらうなど、ゴールされてからはなおスペインに圧倒される形となってしまった。

お互い隣で、FIFAランキングも1つしか差がない両だったが、その1の差は大きかった。注クリスティアーノ・ロナウドは1ゴールのみという結果に終わる。

準々決勝

FIFA1位ブラジルの脆さと、オランダのしたたかさが見られた一戦だった。

前半の導権を握ったのはブラジル。前半10分に隙を突いてロビーニョが先制。オランダは前半ほとんど何もできず、ブラジルの貫勝ちをこの時点ではもが思い描いていた。しかし、後半8分にまさかのオウンゴール(のちにスナイデルゴールに訂正)で同点。これで勢いを吹き返したオランダが、23分にCKからスナイデルヘッドで逆転。これに浮き足だったブラジルは、28分にメロが相手の足を踏み一発退場。そのままブラジルペースを取り戻せず、オランダ勝利を収めた。

オランダW杯での対ブラジル勝利は74年大会以来。

ウルグアイにとっては「の手」、ガーナにとっては「悪魔の手」。漫画のような展開が、延長後半ロスタイムに待ちかまえていた。

試合は序盤ウルグアイペースを掴むが、ガーナも徐々に盛り返し、前半終了間際にムンタリロングシュートガーナが先制。しかしウルグアイも後半フォルランのFKで追いつき、試合は延長戦に突入する。

延長後半ロスタイムガーナウルグアイゴール前に押し込み混戦に。その中でウルグアイスアレスが、ゴール前でガーナシュートを手で防ぎ、ハンド一発退場となってガーナにPKが与えられる。しかしこのPKをガーナエースギャンがまさかの失敗。試合はPK戦にもつれこみ、ウルグアイが4-2でPK戦を制した。

ガーナは掴んだはずのベスト4を、まさに横から手で攫われる格好になった。

4-0。今大会屈の好カードがこんなスコアになろうとが予想しただろうか。

ドイツは前半3分にミュラーが決め、々と先制。しかしその後はアルゼンチンペースを奪われ、押し込まれる展開が続く。しかし強固な守備でアルゼンチンの攻撃を跳ね返したドイツは、後半23分にワンチャンスからクローゼが2点を奪う。これで焦ったアルゼンチンの隙をしたたかに突いたドイツは29分にフリードリヒが3点を奪い試合を決め、終了間際にもクローゼがだめ押し点を奪って4-0。優勝アルゼンチンきまでに叩きのめした。

この試合2得点クローゼW杯通算14ゴールとなり、ゲルト・ミュラーと並び歴代2位となった。脆くも砕け散ったアルゼンチンマラドーナ監督としての量のさが強相手で曝け出され、メッシはまさかのノーゴールで大会を終える。

パラグアイの堅守にスペインが攻めあぐね、着していた試合に後半、ある意味が舞い降りた。

後半13分。パラグアイはPKを得るが、スペインGKカシージャスがこれを見事にセーブ。即座にカウンターを仕掛けたスペインは、ビジャが倒され、相手のPKから僅か1分後にお返しのPKを得る。これをシャビ・アロンソが決めてスペインが先制…したはずだったが、なんと味方がエリアに入ったとの判定で蹴り直しに。これをパラグアイGKビジャールが止める神展開で0-0のまま試合が続く。

試合が決まったのは後半38分。ペドロのシュートポストに阻まれるが、詰めていたビジャシュートを今度はポストも防ぎきれずにスペインが先制点。これが決勝点となり、スペインが実に60年ぶりとなるベスト4進出を決めた。

準決勝

オランダが、初の優勝への大きな一歩をまた踏み出した。

前半は、オランダファン・ブロンホルストウルグアイフォルランがお互いにミドルシュートを決めあい1-1と同点。試合が動いたのは後半25分だった。オランダスナイデルが、今大会5点となるゴールを決め、2-1となると、そのわずか3分後にロッベンが更なる追い討ちをかけ3-1。その後ロスタイムウルグアイペレイレが1点を巻き返したが、それ以上の動きはなく試合終了。

オランダ1978年アルゼンチン大会以来となる決勝進出を果たした。ウルグアイ選手であるスアレスが出場停止だったこともいた。

スペインが、無敵艦隊(笑)の汚名を拭い去る、初の決勝へと進んだ。

前半からスペインが攻めモードで推移。幾度となくゴールを狙うが、ドイツ鉄壁の守りに阻まれなかなか決まらない。それでも、後半28分、シャビコーナーキックからのプジョルがヘディングで決め先制。その後はドイツが一転、攻めのパワープレーを見せるが決まらず、試合終了のホイッスルが鳴った。

ドイツは、シャビイニエスタを擁するスペインに中盤を終始支配され、2大会連続で4強止まりだった。

また、ドイツ水族館タコパウル君」が見事スペイン勝利予想を的中させたことも話題になった。

3位決定戦

どちらのチームメンバ-が欠けたが、両チーム共にその欠けを補うほどに一人一人が活躍するようなすばらしい試合となった。

ドイツが上手くパスをまわし、前半19分にミュラーが5点となるシュートを決め先制。しかし、ウルグアイがこのまま終わるはずがなく、カウンターから流れをつかみ28分にカバーニが決め同点。さらに後半6分、フォルランがこちらも5点となるゴールで2-1とする。

かしこれではまだ終わらない。ドイツが直後の11分にヤンセンがヘディングで決め同点。この試合はいったいどうなるのか・・・という空気が流れ始めた後半37分、コーナーキックからケディラがまたもやヘディングで決め2-3。何とか延長戦に持ち込みたいウルグアイロスタイムフリーキックチャンスを得たもののバーに弾かれ念。ドイツが3位にいた。

決勝

共に強ながら、一度も優勝を経験していないの戦いであった。どちらも勝てば初優勝となるとあって、イエローカードが14枚も乱れ飛ぶしい総力戦となった。

試合は互で非常にもつれ込んだ。スペインいつものようにシャビイニエスタを中心としたパスワークを起点にシュートチャンスを幾度となく作るもののオランダしく抵抗ゴールには至らない。オランダカウンターからロッベンが決定機を迎えるが、カシージャススーパーセーブによって阻まれる。そのような展開が何度も続いたが両チーム共にゴールは決まらず、試合は延長戦へ突入。

しかしそれでもなかなか決まらない。オランダは延長前半4分にハイティンハが退場となり、スペインフェルナンド・トーレスが足の負傷を訴えるなど満身創痍の状態になっていた。このままPKか・・・?と思われていた延長後半11分、スペインイニエスタボレーシュートを決め勝負あり。スペインがついにの「無敵艦隊」へと進化した間であった。

オランダは3度となる優勝への挑戦だったがまたもやわなかった・・・。

大会まとめ

破られたジンクス(参考>>558)
欧州勢は、欧州開催時にしか
優勝できない
スペイン優勝
予選リーグG組・H組を突破した
優勝できない
スペイン(H組)優勝
開催は予選敗退しない 開催南アフリカ予選敗退
日本は自開催以外の大会では
予選リーグを突破できない
突破して16強入り
QBK QBKK

決勝Tは、最初から強同士の戦いで、魅ある戦いとなった。良かった所を上げればきりはないが、3位決定戦のドイツウルグアイしい接戦などは非常に見ごたえがあった。結果的には3位までヨーロッパが占拠したものの、どのチームも奮闘し、多くの人々に感動を与えたことは間違いない。

また、今大会は初のアフリカ開催、初のスペイン優勝・・・と初の出来事が非常に多くあった他、「ジンクス」が破られた大会でもあった。今後の大会の発展のためにも良い傾向だろう。

タコパウル君ドイツ戦+決勝の計8試合の勝利予想を全て的中させたということも話題になった。

2010 FIFAワールドカップ 大会結果
優勝 スペインスペイン(初)
優勝 オランダオランダ
3位 ドイツドイツ
4位 ウルグアイウルグアイ
個人表
大会MVP ウルグアイディエゴ・フォルラン
得点 ドイツトーマス・ミュラー
スペインダビド・ビジャ
オランダヴェスレイ・スナイデル
ドイツディエゴ・フォルラン
最優秀GK スペインイケル・カシージャス
最優秀若手選手 ドイツトーマス・ミュラー

悲願の初優勝を飾ったスペインは2年前のEURO2008でも優勝しており、今回ジンクスを覆しての世界王者にいたことで一時代を築くこととなる。当時サッカー界はジョゼップ・グアルディオラ率いるFCバルセロナが時代を築いており、今大会のスペインバルサメンバーを中心に構成されており、シャビイニエスタブスケツを中心に中盤の圧倒的なボールポゼッション武器に常に試合の導権を握ることができた。

前回大会とは反対に今大会は波乱の多い大会となり、2006年ファイナリストであるイタリアフランスってグループリーグで敗退。イタリア世代交代の失敗、フランスはドメネク監督と選手の対立が敗退の原因となった。5チーム全てがベスト16に進出した南勢だったが、ブラジルアルゼンチンの2強がってベスト8で敗れ、結局今回も欧州勢に押される形となった。その中で古ウルグアイ1970年大会以来となるベスト4進出を果たす奮闘が立ち、パラグアイも初のベスト8進出を果たした。

アジア勢では日本韓国が自開催以外の大会で初めて決勝トーナメントまで進出する健闘がった。一方、初のアフリカ開催ということで躍進が期待されたアフリカ勢だったが、ガーナアフリカ勢3かベスト8進出を果たしたものの、他の4チームはいずれもグループリーグで敗退している。

スペインのポゼッションスタイル話題となったが、全体的には守備重視の戦術が流となっていた。準優勝したオランダや王ブラジルといった攻撃的なサッカーが伝統となっているチームも堅守速攻のサッカーを見せ、躍進したウルグアイも攻撃はディエゴ・フォルランルイス・スアレスら前線のタレントに任せた守備重視のサッカーだった。

今大会波乱が続出した大きな要因として、開催地である南アフリカ1000mをえる高地であったことも挙げられ、高地の環境に適応できたかどうかが上位進出の明暗を分けていた。また、今回使用された公式球「ジャブラニ」が不規則な変化をしやすいという特質があり、いわゆる回転のシュート、ブレ球シュートが決まりやすいのも特徴的だった。このジャブラニには多くの批判が集まり、決勝戦では特別球「ジョブラニ」が使用されることとなった。

2010年ワールドカップの日本代表

前回大会終了後に就任したイビチャ・オシムが突如病気で倒れ、後を引き継ぐ形で2008年から岡田武史が再び監督に就任したが、アジア予選は突破したものの低調な内容が続き、ファンメディアから批判を浴び続け、今回のワールドカップに対する期待値は非常に低いものだった。そこで、岡田は大会直前に堅守速攻のスタイルに転換することを決断。これまで不動のエースだった中村俊輔を控えに降格させ、本田圭佑を1トップに置いたメンバーで戦うことになる。

このスタイル変更が功を奏した日本は、初戦のカメルーン戦に勝利してこれまで批判し続けたメディアファンを見返すと、オランダには惜しくも敗れたが、デンマーク戦にも勝利し、2位で決勝トーナメントに進出するサプライズを起こす。2ゴールを決めるなど、突破の立役者となった本田はこの大会より日本サッカー界の新たな王様となり、これまで「谷間の世代」と揶揄された北京オリンピック代表世代が代表の中心となる。また、守備の奮闘もり、長友佑都は左右のサイドバックをこなしながらサミュエル・エトー完封したことで世界に名が知られるようになる。

ネット上では、これまで批判しまくっていた岡田JAPANに対する手のひら返しが多発し、ツイッターでは「ちゃん、ごめんね」がトレンド入りしたほどだった。

しかし、パラグアイ戦では急造チームだけあって攻撃のオプション不足が露呈され、PK戦の末に敗れている。それでも、予想を覆しての快進撃に日本中が再びサッカー熱に染まっていた。

大会後のFIFAランキング

大会後の2010年7月14日FIFAランキングが発表された。TOP3は大会優勝スペイン1位に返り咲き、大会準優勝オランダ2位ベスト8止まりのブラジル1位から3位に後退した。今大会活躍したウルグアイパラグアイ日本ガーナは大きく順位が上がった。一方でイタリアフランスカメルーンといったグループリーグで勝ちを上げれなかったは大きく順位を落とした。

グループA グループB グループC グループD グループE グループF グループG グループH

南アフリカ
66位

アルゼンチン5位

イングランド
7位

ドイツ
4位

オランダ
2位

イタリア
11位

ブラジル
3位

スペイン
1位

メキシコ
24位

ナイジェリア
30位

アメリカ
13位

オーストラリア(20位)

デンマーク
29位

パラグアイ
16位

北朝鮮
103

スイス
18位

ウルグアイ
6位

韓国
44位

アルジェリア
33位

セルビア
14位

日本
32位

ニュージーランド54位

コートジボワール26位

ホンジュラス
46位

フランス
21位

ギリシャ
12位

スロヴェニア19位

ガーナ
23位

カメルーン
40位

スロバキア
27位

ポルトガル
8位

チリ
10位

中継

FIFA映像ソースはところどころでスロー再生映像が挟まれ、試合の流れと関係ない選手のプレーや観客のキスなどを再生することで話題となった。代表的なものはカメルーン日本戦でのエトー本田圭佑が互いに顔と頭をなであう様子のスロー映像である。

名言集

なる手が助けてくれた
ルイス・ファビアーノ(ブラジル
コートジボワール戦で2度ハンドをしつつスーパーゴールを決めて
あれは彼の手だ
ディエゴ・マラドーナアルゼンチン

サッカーチームスポーツであることを明した
岡田武史日本
デンマーク戦に勝利し他開催のワールドカップで初となる決勝トーナメント進出を果たして
オーマイガ
ホルヘ・リオン審判
ドイツ-イングランド戦でランパードのシュートを取り消したものの、あとでビデオ確認したらゴールだったと気づいて

このW杯で最大のセービングだった
ルイス・スアレスウルグアイ
準々決勝ガーナ戦延長後半終了間際のガーナシュートを手で止めて

楽曲

今大会の公式アンセムはR.Kelly の Sign Of A VictoryオフシャルソングはシャキーラのWaka Waka

NHKサッカーテーマソングSuperflyタマシイレボリューション

課題

今大会は、アフリカ大陸での初開催など、「初めて」ということが多く、すばらしい試合もたくさんあった。しかし、それと同時に今後に向けての課題も多く見つかっている。

関連動画

関連商品

リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/27(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/27(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP