ワガハイがチンチン電車だった頃…単語

ワガハイガチンチンデンシャダッタコロ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(72)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ワガハイがチンチン電車だった頃…とは、アニメキテレツ大百科』の123話の題名である。

概要

チンチーン…チーン…チーン…

どうしたんだコロ助

あぁ~…

チンチン電車がワガハイを呼んでるナリ

次回『ワガハイがチンチン電車だった頃…』

絶対見るナリよ!

122話「何でモテるの!?勉三さんブタゴリラ」後の次回予告より

あらすじ

1991年2月24日に本放送。脚本は雪室俊一[1]、演出は松川智充、作画監督山本哲也

キテレツが『奇大百科』に載っていた「前世探知機」を作り、いつもの友達の前でコロ助に試した結果、頭をいて「チンチーン…ゴー…」と言いながらまっすぐ走り始めた。つまり、コロ助の前世はチンチン電車ということが判明した。

前世が武士と言いっていたコロ助は機嫌を悪くして押し入れに引っ込んでいたが、キテレツが「なぜチンチン電車という結果が出たのか?」と疑問に感じてコロ助の設計図を見直していたところ、心臓のスプリングの部分をお父さんに譲ってもらっていたことに思い当たった。

お父さんに聞いてみたところ、スプリングはもともと都電の部品であったことが判明した。お父さん大学生だったころに都電が多く止され、その部品が売り出されていたのを買っていたらしい。

そこでキテレツ・コロ助お父さんの3人で都電荒川線に乗りに行くことになった。しかし、乗っている途中でコロ助が顔をくし、「胸が苦しいナリ…」との発作に襲われてしまう…。


タイトル次回予告ネタにされがちではあるが、内容自体は人情味のあるいい話である。なお、記事上部の画像は実際に本編に登場しており、ちょんまげがパンタグラフになっている。

前世探知機

金槌状の具。動作時は片方の先端部が左右にしくピストン運動しており、これをおなかに押し当てて特殊な電波を流して前世の記憶を思い出させる(トンガリく「気持ち悪い」という感触らしい)。すると、電波を流された人は、前世の様子を再現して動く。

コロ助の他にはトンガリに使用され、その後地面を四つん這いになって走り回りベンチの下に隠れて、「潰さないでよー!」と言っていた。トンガリの前世はゴキブリだったようだ。

斎がこれを作った意図は不明だが、キテレツは「こんなものも作るんだ」と思わず笑ってしまっていた。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ただし、1991・1992年キテレツ大百科は全て室が脚本を担当しているので、この回に限ってというわけではない
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP