ネタ単語

ネタ

  • 16
  • 0
掲示板をみる(376)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ネタ(ねた)とは、寿司ご飯と一緒に握る具材全般をさす言葉である。
すし屋の大将今日はいいネタ()が入ったよどうだい?

寿司には仕込みがいるのでそこから取って、笑いの要素を仕込んだ場合などにも使われる言葉である。

概要

元々は「種(タネ)」と呼ばれていたものを逆さまにしたものである。

種(タネ)→ ネタ

タネとは植物の種子を原義として、物事の一番大事なものや中核に存在するものを表す単である。(例:タネを隠す。悩みのタネ。ご飯のタネにする。

そこから江戸時代あたりに、「寿司のタネ」のことを「寿司のネタ」などと逆さまに呼び始め定着した形になる。江戸時代は一部で逆さま言葉が流行っていた。例を上げれば新しい(あたしい)を新しい(あらしい)などと呼び現在に定着したものもある。

基本的にはネタはタネと同じく「物事の一番大事な部分」の意味で使われている。「手品のネタ」「新聞のネタ」「漫才のネタ」など。

また「漫才のネタ」や「お笑いのネタ」の意味から生して、「ネタ」は「あらかじめ考えて置いた笑える内容」「ギャグ・冗談」等の意味でも使われている。(例:怒るなよネタだよネタ。

言い訳としてのネタ

「ネタ」と言う言葉は上記のように基本的にポジティブな意味合いを含み、特に物事を冗談めかして緩く表現するのに向いた言葉となっているが、それが転じて不快な言動や迷惑行為を正当化する逃げ口上として扱われることも増えてしまっている。

お笑い漫才などのネタにおいても少なからず侮辱的・攻撃的な部分を含むこともあり、それがまた評判を生み出すことは多々あるが、その度合いを誤ってむしろ非難を浴びてしまうという自体も少なからず存在する。

また「ネタ」として「いじっている」つもりの行動が対やその周辺にとっては不快であったり、次第にエスカレートしていじめ同然の状況へ陥ってしまうという展開も散見される。

そのような状況で「ネタをネタと~」などと言いっても状況が好転するどころか逆に悪化の一途を辿るばかりである。ネタが滑った原因を他者にめる事は間違いであり、ネタを扱う者としての責任が重要であると言える。

224ななしのよっしん2015/01/04(日) 06:08:48 ID: KPXPgXs6vV
そもそもネタは性質上、反応が負にも正にもなるんだから
「これネタだから」ってさも相手が空気の読めない、常識のない人間だと言うような逆切れすること自体おかしい
行動自体が矛盾している

 極端な例えをするなら
包丁を相手の喉元に突き付けながら、「こいつは料理具だ、人殺しとは何の冗談だコラ」とマジ切れする狂人のようだ

ネタは正しい場、正しい相手を選んで使うべきだ
自虐ネタや罵倒ネタ、荒れやすいネタは特にだ
そんなの気にせずにむやみやたらにネタを振り回すこそ買ったばっかりのおもちゃで悪戯をする常識のない子供

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 374ななしのよっしん

    2021/01/28(木) 14:05:45 ID: mKhr1Rdkbs

    >>373
    つまらない人間はこういう弄り方をしがち

  • 375削除しました

    削除しました ID: yNVkOYY9T+

    削除しました

  • 376ななしのよっしん

    2021/02/15(月) 20:23:32 ID: aycjlRpkPD

    いじりと称していじめを行うカスがいるのはリアルでもネットでも同じなんだなあ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/25(木) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/25(木) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP