副作用単語

フクサヨウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

副作用とは、期待されていない作用のことである。

概要

たいていの行為は何らかの効果(作用)を期待して行うものであるが、世の中そんなに単純ではなく、期待していない作用も同時にもたらされることが少なくない。そういった作用を副作用と呼ぶ。副作用は多くの場合有である(有益であれば期待の対になり、であれば存在ごと視される)。

基本的には(の使用)について用いられるが、そこから転じて政策や方法などについても的から外れた効果を副作用と呼ぶことがある。

しかしながらTASさんのような上級者になると、副作用すらも使いこなして的を達成してしまったりするのであなどれない(ex. デスルーラ)。

プログラミングにおける副作用

多くのプログラミング言語関数(function)の仕組みが利用されているが、(純関数型言語という例外を除いて)ここでいう関数数学でいう関数とは異なり、機(function)を有している。 → 関数

数学関数が持つ値を返す(計算を行う)機が、関数本来の的であると考え、周囲の状態を変更してしまう作用については(望んでいるものであっても一に)副作用と呼ぶ。

もともとはこのような呼び方はなかったが、並行処理や関数型プログラミングなどにおいて、状態変更がバグの温床になるという考え方から、このような呼び方が使われるようになった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/22(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/22(火) 14:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP