今注目のニュース
ノーベル化学賞・吉野彰氏の原点となった本『ロウソクの科学』が重版へ
神戸市立東須磨小学校ホームページが加害教員4人のせいで現在とんでもないことになっていると炎上!
「#台風なのに出社させた企業」がSNSでトレンド入り。コンビニ各社は「店ごとに判断」としていたが…

深海忌雷単語

シンカイキライ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

深海忌雷とは、DMMブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する敵キャラクター(深海棲艦)の一種である・・・と思われる。

概要

2017年6月現在ゲーム中には深海忌雷という敵は実装されておらず、今後実装されるかも不明である。

ではどこに登場したのかと言うと、2016年水着modeと称してマックス・シュルツ(Z3)の水着姿の限定グラが実装された時のこと。
常時は普通の(と言ってもかなり露出が多いが)しい水着なのだが、中破するとなにやら足に絡み付いている。これが、キャラクターデザインを行った島田フミカネ氏のツイートexitによると「深海忌雷」と言うらしい。

港では水着を引っ触手の先しか見えず、その姿を見るには全身絵を確認する必要がある。
異形の球体から触手が伸びている姿をしており、中破姿のZ3の足元に絡みついているように描かれている。

によって沈没したといわれているZ3の史実が元ネタと思われる。

この機の登場によって、Z3艦これ薄い本業界の触手担当として大幅に躍進(?)を遂げた。
それまでは艦これ触手ネタが取り上げられる事がある場合、艦これと特に関係の普通触手か、またはヲ級などの深海棲艦の体の一部が変化したりオリジナルのような深海棲艦が出てきたりと、統一性が見られずバラバラの様相を呈していた。
しかし深海忌雷という公式触手要員が登場した事によって触手ネタが扱いやすくなり、そしてその公式相方であるZ3も必然的に触手ネタの受け担当として引っりだこになることに。
今は他の艦娘との絡みも増えてきて割合としてはZ3は相対的に減ってきてはいるが、依然として深海忌雷と絡んでいるのは大半がZ3である。

児気反応忌雷

深海忌雷という名前の他に、同じく島田フミカネ氏の(ツイートexit)より児気反応忌雷という名前も頂いている。

元ネタは磁気反応機(ジキハンノウキライ)であると思われる。
製の船に反応する機で、製の場合、航行の際磁気を帯びる。これに反応して爆発するものである。また船体にコイルを巻き、その磁気を消す事を消磁(しょうじ)と言う。島田フミカネ氏の消児という発言も、同じく消磁が元であると考えられる。

ツイートが各絵師達の間でも話題を呼び、リベッチオを始めとするイタリア艦を担当しているじじexit氏や、まるゆ等を担当しているくーろくろexit氏も反応しており、更には伊401を始めとした多数の艦を担当しているしばふexit氏も反応している。

今回の発言により、島田フミカネ氏への再認識(色々な意味で)がされた模様。

関連動画

関連静画

関連項目

掲示板

  • 64ななしのよっしん

    2018/11/21(水) 08:38:02 ID: jbXCbFqdic

    (感応機)ってか?

  • 65ななしのよっしん

    2019/09/07(土) 16:00:22 ID: Ok2P7VnkVE

    MAPに敷設されてても
    工作艦を連れて行けば効化できるでイベント的にはいいんじゃないかな

  • 66ななしのよっしん

    2019/09/23(月) 15:52:39 ID: GA6Zk/EG+w

    ↑ただでさえ(確率ゲームだし)難しいのに更に人離れが起きそうな・・・
    でもやりやすいならやってみたい、駆逐艦海防艦限定任務になりそうだけど

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP