2.8次元単語

ニテンハチジゲン

掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

次元の狭間へようこそ

2.8次元とは、これから拓かれる新しい事の地である。

概要

2.5次元3DCGが含まれるという見解については該当項目を参照されたい。→2.5次元

2次元3次元の間には決してえることのできないがあるが、近代科学の発達はその壁2次元から3次元に向けて少しずつ、だが確実に動かしている。

方法としては3DCG立体視概念を付加して、画面内の3DCG視点の位置情報により変化させる。すると、見ている者が視点を移動したときに、3DCGが画面上ではなく、画面からさらに行きをもつ間内に存在しているかのように表示することができる。さらには、3DCGがあたかも画面の外側まで飛び出して存在しているかのように見せることさえも可である。

まだいろいろと制約が多いが、2.5次元から明らかに一歩進んだこの技術に対して2.8次元という命名がなされた。ただし、2.8次元の意味・用法に関しては、すでに他にも存在するようなので混同しないように注意して欲しい。

関連動画

左上YouTubeからの転載である。

2.6次元

2.8次元に至る手前の段階として、2008年1月頃には人類がすでに2.6次元に到達していたことが判明している。立体視を用いてはいるが、下からのぞけない視点の変更ができないという点で2.8次元とは大きく異なる。

2.1次元

さらには、逆に低次元方向へ移動する研究も行われている。でも、右はもしかしたら異次元かもしれない。

3次元に限りなく近い何か

もはや3次元の項に書いてもいいような気もしたけれど何となく。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 30ななしのよっしん

    2016/10/14(金) 12:12:31 ID: DS0/QMDYID

    2次元3次元の中間で2.5次元という発想はすんなり理解できたが
    何故そこから+0.3したんだ? 0.3ってなんの数字

  • 31ななしのよっしん

    2016/10/14(金) 12:23:38 ID: cFTj8c8UUh

    >>30
    多分適当だと思う
    の538もあって、何となくの.8でしょうね

  • 32ななしのよっしん

    2018/10/13(土) 22:35:30 ID: 5IENh+5opA

    メンガーのスポンジとかのフラクタル次元のことかと思ったら違った。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/24(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/24(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP