今注目のニュース
今年も来るぞ 松屋の夏の風物詩「うまトマハンバーグ」
20代フリーターが正社員を目指さない理由 「気軽さ」に幸せ感じるのは今だけ
催涙スプレーを24人に吹きかけ「異臭騒ぎ」、消防車も大量出動…どんな罪になる?

Fi156単語

エフアイヒャクゴジュウロク

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Fi 156とは、ドイツ軍の航空機である。偵察や観測、連絡任務に用いられた。通称はシュトルヒ。

概要

1935年からフィゼラー社によって開発が開始され、1939年に最も用いられたCの量産が始まる。第二次大戦の全期間を通じて活躍した。

武装はCが後席に旋回機を装備しているのみで、最高速度も175km/hと非常に低速だったが、非常に軽量で運用が容易だった。

特徴は何と言っても場所を選ばない離着陸性。着陸は20m、離陸は50mあれば十分で、しかも未舗装でも問題なかった(輪の代わりにスキーを装備して原で運用されたことも)。このような性はシュトルヒの特徴的なシルエットを構成する固定脚や、51km/hで飛行可というエンジンパワーによるもの。

この特徴を生かしてムッソリーニ救出作戦(グラン・サッソ襲撃)にも用いられており、普通航空機が離着陸できない山頂に降り立ち数十メートルの滑走距離で飛び立った。当時はそのような分類はなかったが、STOL(短距離離着陸)機の走りと言える。

弱点に思われる低速性も、ここまで遅いと後方の射撃位置を維持する事ができない為、案外生存性は高かった。

ちなみに、フィクションではそのSTOL性を強調して描かれ、中には「上昇気流に乗れば中でホバリングできる」といった描写がされることもあるが、さすがにそれは理(でもそれに近い事は出来たらしい)。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP