射撃単語

シャゲキ

2.0千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

射撃とは、

  1. 広く戦闘スポーツ狩猟遊戯において銃火器クロスボウ大砲矢で敵や的を撃つこと。またその訓練。「彼女警察の射撃で殺されるという末路を迎えた」「射撃の才はあるデブ」広義には車両船舶航空機に搭載された火器を発射するものも含まれる。
  2. スポーツとしての遊戯・射撃競技。ピストル射撃、ライフル射撃、クレー射撃、実用射撃、対人射撃、クロスボウ射撃(ボウガン射撃)などがある。「彼はクロスボウ射撃の選手だ」「射撃はなかなか日本では広まらない」

ここでは2について記述する。

概要

 古くは日本には火縄銃(流によっては大砲も含む)の操法を学ぶ武術砲術」があった。ヨーロッパにはクロスボウを用いた射撃であるクロスボウ射撃(ボウガン射撃)が存在し、現在でも行われている。的を撃つものに限定すれば「射的」とも言う。
 射撃競技であるが、実弾や矢といった殺傷のある弾薬が使用可かどうかは当該規制や競技内容によるため一概にはいえない。

現代のスポーツとしては

 このうちクレー射撃ライフル射撃、ピストル射撃はオリンピック競技でもあるが、日本では銃規制が厳しく、がなかなか所持できないため、あまり盛んではない。ちなみに、かつて総理大臣を務めた麻生太郎氏はクレー射撃の選手でもあり、1976年モントリオールオリンピック日本代表選手でもあった。(対人射撃はかつてオリンピック競技に採用されたこともあったが、現在では行われていない)

クロスボウ射撃も的をアーチェリーなどと共有できないため練習場も少なく、こちらの規制も厳しいためなかなか広まらないようだ。

 ビームピストルビームライフルは何も発射しないため、特別な講習や資格がなくとも低年齢高校生でも参加することが可。(SF未来武器ではなく、キセノンランプの発を受センサーが捉える方式)跳弾や負傷、散らばったBB弾などを気にする必要はなく一定の広さがあれば実施できるため、それを使った「射撃部」のある高校もある。

的に向けて引き金を引くだけでは?

 確かに「的に向けて引き金を引くだけ」は幼稚園児でもできるのだが、引き金の引き方ひとつ(や方向)でも容易に着弾はズレる。エアガンでも良いので適当引き金を引くと発射する寸前に口の向きが変わるのが実感できる。自体や整備不良が原因ではなく、ドん中どころか変な方向に着弾するのはこのため。火を使用したともなれば爆発による衝撃反動を受けてそれでも容易に照準からズレるので更に的当ての難易度は上がる。

 おまけ筋肉の収縮、脈拍や呼吸といったじっとしていられない要素が常に邪魔をしてくるので、タイミングを計る必要もある。冷静さや常心がなければ奮してしまい脈拍や呼吸が増、もはや精密な射撃は困難。「撃つこと自体は簡単だが当てるのは難しい」「言うは易し行うは難し」というのが実際。

 実際の戦場動画などで「何やってんだよヘタクソ」「全然当たってねぇじゃねえか間抜け」というのはお門違いであるし、あの環境で冷静さを保てというほうが困難である。
銃撃戦 の項も参照。

機会があればやってみると面い。

※一部の海外製の格安粗悪エアガン普通に着弾誤差が大きいので注意。
海外製=全部不良品という訳ではない)

差保クソもないリレーバトンくらいの長さのアルミパイプで出来た手製ので、トコトコ歩きながら人の心の臓をバッチリ抜くとかそれはもう一市民が為せるようなレベル逸脱した神業である。

関連動画

関連静画

関連商品

ちょっと理ですね。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2021/08/28(土) 21:04:56 ID: +TUqGyWMM5

    これは数キロ先の的を射抜くような良記事

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/06(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/06(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP