射撃単語

シャゲキ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

射撃とは、

  1. 広く戦闘スポーツ遊戯において銃火器クロスボウ大砲矢で敵や的を撃つこと。またその訓練。「彼女警察の射撃で殺されるという末路を迎えた」「射撃の才はあるデブ
  2. スポーツとしての射撃競技。ピストル射撃、ライフル射撃、クレー射撃、実用射撃、対人射撃、クロスボウ射撃(ボウガン射撃)などがある。「彼はクロスボウ射撃の選手だ」「射撃はなかなか日本では広まらない」

ここでは2について記述する。

概要

古くは日本には火縄銃(流によっては大砲も含む)の操法を学ぶ武術砲術」があった。ヨーロッパにはクロスボウを用いた射撃であるクロスボウ射撃(ボウガン射撃)が存在し、現在でも行われている。

というのはともかく、現代のスポーツとしては打ち出される飛行中の皿を撃つ「クレー射撃」、エアピストルビームピストル、競技用のピストルで動かない的を撃つ「ピストル射撃」、エアライフルビームライフル、競技用ライフルで動かない的を撃つ「ライフル射撃」、実戦的な射撃術「実用射撃」、蝋でできた球で防具を着て決闘の形式で行う「対人射撃」、クロスボウを用いる「クロスボウ射撃」、その他おもちゃ空気銃エアガンペイントボールで行う遊びとしての射撃やサバイバルゲームサバゲ)などがある。

このうちクレー射撃ライフル射撃、ピストル射撃はオリンピック競技でもあるが、日本では規制が厳しく、がなかなか所持できないため、あまり盛んではない。ちなみに、かつて総理大臣を務めた麻生太郎氏はクレー射撃の選手でもあり、1976年モントリオールオリンピック日本代表選手でもあった。(対人射撃はかつてオリンピック競技に採用されたこともあったが、現在では行われていない)

クロスボウ射撃も的をアーチェリーなどと共有できないため練習場も少なく、こちらの規制も厳しいためなかなか広まらないようだ。

関連動画

関連静画

関連商品

ちょっと理ですね。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2021/08/28(土) 21:04:56 ID: +TUqGyWMM5

    これは数キロ先の的を射抜くような良記事

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/25(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/25(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP