ヨーヨージャム・アクエリアス単語

アクエリアス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ヨーヨージャム > ヨーヨージャム・アクエリアス

アクエリアス(Aquarius)とは、ヨーヨージャムが販売していたヨーヨーの名である。

概要

2001年発売。三居弘典シグネイチャーモデル(ダンカン加入まで)。

2000年代を通して使われ続けた傑作オフストリングモデル
まともなオフスト機が「ヘンリース・バイパー」ぐらいしかなかったところに投入された本機は、「ルーピング」か「ストリング」だけだったヨーヨーの分類に、「オフストリング専用ヨーヨー」という新たなカテゴリーを生み出した。

中のヨーヨーを受け止めるというオフストリングプレイ特性に合わせ、トラピーズ有効幅が大幅に広くなった。
また、前作「OS1」が、既存のヨーヨーにラバーウイングを貼り付けたようなちぐはぐな見ただったのに対し、本機は本体とラバーリムが一体となって設計されている。
設計時にはオンストリングでも普通だった「小径ベアリングレスポンスシステムなし」の組み合わせは、オフストリングではさほど不都合がなく、むしろストリングを噛まなくてよいことが判明し、以降も継承された。

今でこそ常識の「オフストリング専用ヨーヨー」の基本設計は、本機から始まったといっても過言ではない。

こうして、4A部門アクエリアス一色となりかけたが、翌2002年に販売が終了してしまう。
これは、当時所属がフリーだった三居が、ダンカンに加入することが決定したためである。
代わりに、コディ・テイラーシグイチャーとして「ヨーヨージャムフリーエージェント」が開発され、ジャムオフストリングモデルはそちらに代替わりした。

ところが、「フリーエージェント」は、衝撃でラバーウイングがはずれてしまうという欠陥があった。のちのロットでは修正されるものの、ボディとリムバランスが「アクエリアス」とは全く異なるという問題はいかんともしがたく、プレイヤーフリーエージェントを使いながらアクエリアスの復活を願っていた。

そのようなに応えるため、2004年、三居のシグイチャーを外した形で再販。
メーカー所属後にシグイチャーを外して販売するのは、今でこそよくあることだが、当時は前代未聞だった。

ヨーヨージャムは「アクエリアス」によってオフストリングヨーヨーでも最大シェアを誇るメーカーとなり、アクエリアス自身も2000年代を通して販売され続けた。

2000年代後半には、「シリコンパッド+サイズA・Cベアリング」で、オフストリングでも十分戻りと滑りのよいヨーヨーになることが明らかとなり、「サイズB+レスポンスなし」の軸周りは時代遅れになっていた。
そして、全にとどめを刺したのは、ヨーヨージャム自身が開発した「ヨーヨージャム・ビッグヨー2」だった。
それまで、ビッグヨー2を使うプレイヤーはどちらかというとイロモノ扱いだったのだが、使われ続けるにつれて、「落としても壊れないのならば、プラスチック一体成形の方がいい」ということにユーザーが気づき始めた。

そのため、2009年に惜しまれながらもアクエリアスは販売を終了し、フルプラスチックまたはミッドシップ金属リムの「ヨーヨージャム・フィエスタ」「ヨーヨージャム・イクイノックス」「ヨーヨージャム・レクストリーム」に後続を譲ることになった。

しかし、アクエリアスヨーヨーにもまだ根強いファンがおり、2011年には、ラバーリムだが軸周りだけ現代にした「ヨーヨージャム・ゴービッグ」が登場している。

オンストリングで用いることはほぼ想定されていないが、ラバーリヨーヨーの常として「リーチ・フォー・ザ・ムーン耐久戦に使われたことがある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヨーヨージャム・アクエリアス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ヨーヨージャム・アクエリアスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード