ヨーヨージャム単語

ヨーヨージャム

ヨーヨーヨーヨーメーカー・ショップ一覧 > ヨーヨージャム

ヨーヨージャムとは、かつて存在したアメリカヨーヨーメーカーである。
業務用ファンメーカーAdvaned Air International Inc.の関連会社。

概要

1998年創業。
Advanced Air International社長・デール・ベルが、本業の技術を活かしてヨーヨーを作り始めたのが発端。

本業である業務用扇風機の技術をヨーヨーに応用し、多種多様なヨーヨー制作
特に、金属リム搭載ヨーヨースリープ時間と安定性を劇的に向上させ、一躍トップシェアに躍り出た。
それ以外にも、多くのコンポジトマテリアル(複合材料)ヨーヨーを世に送り出している。

2010年代に入ると、ヨーヨーファクトリーヨーヨーリクリエーションなどがトーナメントレベルフルメタル機種を続々と発売し始め、ヨーヨージャムの先進性は薄れていった。
しかし、バイメタル機やオフストリング機を根強く生産し、一定の地位は得ていた。

2015年末で活動終了。原因は経営ではなく、デール・ベル社長の体調不良である。

特徴

コンポジットマテリアル技術

ヨーヨーは、外側が重い(慣性モーメントが大きい)ほどスリープ時間が長い
単一材料の場合は、内部を洞にしたり薄くすることで、慣性モーメントを稼いでいる。
しかし、外側に重の大きい材料を配置すれば、より大きな慣性モーメントを得ることができる。
ヨーヨージャムはここに注し、複合材料によるヨーヨーを多数開発した。

金属リム

同社最大の売れ筋

90年代末には、すでに金属リング内蔵した機種「スーパーヨー・レネゲイド」「スピンタスティクス・タイガーシャーク」などが世界大会で活躍していたが、ヨーヨージャムはこのリング外側に配置したことが一線を画する。

初の外付け金属リム機種「ヨーヨージャム・スピンファクター」を世に送り出したことが、ジャムの評価を高める最大の要因となった。

材料鍮・アルミニウムステンレスなど。鍮は安価重が大きいが、錆びやすく手に金属臭がつくため、のちにクロムでコーティングされた機種が多くなった。

現在金属加工技術の向上により、ハイエンドの座は総金属製のヨーヨーに移っているが、金属リムは性の割に安価であるため、中級者プレイヤーや数をえる必要のあるプレイヤーに一定の支持を得ていた。

ルーピングヨーヨーも作られたが、「スリープは驚異的だが、ループが遅い」という両極端なヨーヨーになる。
そのため人を選ぶが、ループの安定性とスリープめるプレイヤーに好まれ、大会実績もある。

ヘヴィグラヴィティ

金属ではなく、金属を混合したプラスティック・ヘヴィグラヴティ(HG)を外側に配置した機種。

金属リムは、重が大きい反面、自由に形を作れない、削り駄になるなどの問題がある。
HGはそれらの問題を解決し、金属リムより安価に高性ヨーヨーが作れるはずだった

実際には、金属価格の高騰などでかえってコストが上がってしまい、最終的に金属リムと同じぐらいの価格になってしまっため、価格の優位面はなくなってしまった。

バイメタル

重の小さい金属(アルミチタンなど)を本体に、重の大きい金属(鍮・ステンレスなど)を外側に配置する方法。
フルメタルの精度の高さと、金属リムの高慣性モーメントを両立させている。
現在ストリングプレイタイプヨーヨーハイエンド機で流となっている技術である。

大径ベアリング

ストリングの上にヨーヨーを載せて滑らせたとき、ヨーヨーが回転を失わずスムーズに動くことを「すべりがよい」という。
一般に、ベアリングの外径が(内径に対して)大きいほどすべりがよい
外径が大きい方が、内径の摩擦に対し、より大きなモーメントをかけられるからである。

そのため、「ヨーヨージャム・パトリオット」以降、ジャムストリングトリックタイプヨーヨーでは、多くが「ジャム大径サイズ」と呼ばれるとても大きなサイズベアリングを使うようになった。
ハイパーヨーヨーから復帰したプレイヤーにとって、最も面食らうのがベアリングの大きさだろう。

現在では、他社でもジャム大径サイズがデファクトスタンダードになっているが、インチサイズであるため、日本では販されていないことがほとんどである。ヨーヨー専門店で購入すること。

なお、ベアリングサイズが大きいとスリープ時間が短くなってしまうが、金属リムの回転べれば細なものなので、フリースタイルに使うのであれば特に気にされない。
スリープ時間を競う競技では問題になることがあるため、「ヨーヨージャム・メガスピンファクター2.2」など、スリープレコード専用機種は小径ベアリングが用いられる。

シグネイチャー制度

もう一つの特徴は、シグイチャー制度である。
ヨーヨーシグネイチャーモデルといえば、かつては既存のヨーヨーに有名プレイヤーの名前を刻印したものばかりだった。しかし、ヨーヨージャムのシグネイチャーモデルは、所属プレイヤーの意見を聞いて、専用モデル制作する。
当時ジャムに所属していたプレイヤーは、世界でもトップクラスプレイヤーばかりであり、彼らと同じモデルが手に入るということが当時のプレイヤーたちの憧れにもなった。

現在では、他のメーカーも専用のシグイチャー機種を出すようになった。
また、ヨーヨージャムでの経験を活かし、独立してヨーヨーブランドを立ち上げたプレイヤーもいる。

製品

Sig: 】はシグイチャー元。

ストリング

ルーピング

オフストリング

旧所属プレイヤー

→は現所属。

精神的続編

惜しまれつつも終了してしまったメーカーのため、ヨーヨージャムの元所属プレイヤーや熱狂的ファンにより、ヨーヨージャムの精神的続編ともいえるヨーヨーが発売されている。

ジャム自体は解散したものの、親会社の扇風機メーカーは現存しており、基本的にはヨーヨージャムおよび(ある場合は)シグイチャー元の許可を得た上で販売されている。

また、自分の新シグイチャーとして発売予定だったが、開発の順番待ちが多いために独立して開発したヨーヨーも存在する。

以下に、ヨーヨージャムのオマージュ色が強いヨーヨーを示す。
これ以外にもヨーヨージャムの特定機種を強く意識した機種は多い。

太字公式ライセンスを得ているヨーヨー

ヨーヨー 元になったヨーヨー
シュトルム・パンツァー・NM9 ヨーヨージャム・ナイトムーブズ
シュトルム・パンツァー覚醒エクリプスオーガ ヨーヨージャム・フェノム
シュトルム・パンツァーNEWS/FA ヨーヨージャム・フリーエージェント
シュトルム・パンツァーNEWS/SA ヨーヨージャム・スペシャルエージェント
ヨーヨージョーカーダブルジョーカー ヨーヨージャム・シグマグレイ
iYoYo・スピンマスターX ヨーヨージャム・スピンマスター2/3
C3ヨーヨーデザインボルト2 ヨーヨージャム・ボルト

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヨーヨージャム

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ヨーヨージャムについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/09/19(木)13時更新