単語

ハン

とは王、君を守護する屏(周囲を固めるもの)の意味を持つ歴史である。

概要

においては一般的には近世(江戸時代)以降の万石以上の大名の領地をと呼称する。

◯◯という呼称が利用されるようになったのは近世以降、新井白石木下・荻生徂ら儒学者が自著で用いた事が始まりとされる。用例自体は明治時代以前にも個人レベルの書簡等で散見される[1]ものの、この用公文書等の的な呼称として用いられるものではなく、称になったのは政体書が布された慶応4年(1868年)以降の事である。[2]

関連商品

関連項目

脚注

  1. *青山忠正『明治維新の言と史料』P9-10
  2. *青山忠正『明治維新の言と史料』P3,P6

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 藩についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード