単語

ワシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

鷲とは、タカ科の大形の猛である。

概要

鳥類の分類でタカタカ科に属するのうち、その地域で見られる中で較的大きめなものをす通称。タカ科で小さめなものをと呼ぶが明確な区別はない。

例えば、カンムリワシクマタカより基本的に小柄だが、カンムリワシが生息している八重山列地域ではカンムリワシより大柄なタカはおらず、クマタカが生息する九州以北の地域ではクマタカよりも大きいイヌワシなどのタカが生息している。このためカンムリワシを鷲、クマタカと呼称される。

ワシ類は大で、グライダーのような長く大きいを有しており、そのを開き、上昇気流に乗り、あまり羽ばたくことなく大を飛ぶ。その雄大な姿から、太陽を直接見ることができる一の古代から見なされ、太陽徴する存在として描かれることも多い。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B7%B2
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2022/05/13(金) 15:40:50 ID: 8WxHXasUBw
わしじゃよ