GM大宇・マグナス単語

ジーエムテウマグナス

GM大宇・マグナスとは、韓国自動車メーカーであるGM自動車技術(現:韓国GM)が1999年から2006年にかけて生産、販売を行っていたセダン乗用車である。

概要

大宇・ブロアムの後継モデルとして1999年に発売。
発売当初は4気筒エンジンのみであったが、のちに6気筒エンジンが追加されている。
2006年には後継モデルとなるトスカを発売、生産を終了した。

歴史

1999年12月発売。
このモデル発売とほぼ同時に乗用モデルのレガンツァは1800cc SOHCエンジン搭載の廉価版のみにラインアップが整理された。

発売のごく初期には中最大の大きさであったことから広告等で「ビッグ・マグナス(BIG MAGNUS)」と呼ばれていた。

デザインは当時の大自動車と関係の深かったジョルジェット・ジウジアーロによるもので、当時大に採用されていた三分割グリルが採用されていた。

エンジンは直4 2000cc SOHCと、SC-1と呼ばれる直4 2000cc DOHCを設定、当時のライバル(EFソナタ、オプティマなど)に設定されていた1800ccエンジンは併売されていたレガンツァとバッティングするため設定されなかった。

2000年10月にはマイナーチェンジを実施。
外装デザインをスポーティにした「イーグルシリーズを追加、従来モデルは「クラシックシリーズに名称を変更した。

2002年12月には新開発となるXKエンジンを搭載した「L6マグナス」を追加。
エンジンラインアップは直6 2000cc/直6 2500ccの2種。
この良と同時に外装デザインを一部変更、ブラックアウトヘッドライトや縦ルーバーグリル等が採用された。

その後はホイールデザインの変更やグレード追加等の細かな良がくわえられ、2006年には後継モデルとなるトスカを発売、生産を終了した。

韓国国外での販売

このモデルGMグループ世界戦略として位置づけられており、世界で様々なブランドで販売されていた。

一部地域では大エヴァンダの名称で、欧州の大ブランド撤退後はシボレーブランドにて販売が行われていた。

米国ではスズキブランドで「ヴェローナ」販売されていた。

台湾では現地メーカーである台塑汽車(FORMOSA)にて現地生産されていた。(名称は台塑・マグナスであったが、台塑汽車における生産第一号であったため「台塑1」の別名もあった。直62500ccエンジン搭載については「XK」の別名で販売されていた。)

日本ではシボレー・オプトラ(ラセッティ)と共に販売を計画されていたようだが、結局導入はされたなかった。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/gm%E5%A4%A7%E5%AE%87%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

GM大宇・マグナス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • GM大宇・マグナスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード