お前単語

オマエ

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE


…と思われているが、君が君である拠以前に君は本当に実在しているのかもわからないという現実を認めなければならない。何故ならば君は他人から見た時『君』になるので君が君自身を『君』として表現する事は許されないのである。君が本当に君なのか、君は何故君なのかについてりたいのであればここに書くと良い。しかし自己満足に過ぎず、そんな事は自分の明にはならない。なぜならば君が1つの人格であるという拠等どこにもいからである。君が君であったところで何も起きない。君の日常には何も変化がい。君が本当は存在しなくとも君にはいつも通り過ごす以外何もできないのである。君の過ごした時間はこの宇宙の約1/350000000年であり宇宙を基準に見れば大したもないのである。君がもし君ではなく君以外の何かであり全てが非現実だったとしても君は何もする事が出来ずただ虚しくなるだけなので君自身を明する必要はどこにもいのである。君の明をする前にを開け外の空気を吸い、将来の予定でも立てた方が有意義である事はこのような記事を読まなくても明確である。さあ、社会の窓を閉めて心と玄関のを開き社会に一歩踏み出そう!そうすればきっと明日も開ける!

…というがあるが、多くの場合

の内2つ以上当てはまる人物の事をす可性が高い。

…というがあるが、実際はただの二人称である。

ちなみに漢字で書くと「御前」であり、元々は尊敬語だった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/28(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/28(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP