二人称 単語

ニニンショウ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

二人称とは、話の聞き手、相手、読み手をす人称である。

概要

そなた美しい」「うぬは余と同じ楚のの出身であろう」「てめえみてえなじゃ、キリスト神の国から出禁食らわすだろうな」「あなたのような悪女に破滅させられるなら本望ですよ」・・・のように、話の聞き手や相手、文章の読み手をす人称、言葉のこと。

二人称の一覧

二人称 漢字表記 備考、例文など
あなた
あなたがた
あなたたち
あなた様など

彼方
女など
最も基本的な二人称。
あんた - 少々砕けた言い方で、しい相手に使ったり
ちょっとバカにしたニュアンスを含むことも。
例:「あんたはここでふゆと死ぬのよ
うぬ - 時代劇古文などで使う。現代ではあまり使わない。
例:「ウヌのじゃワシのせいじゃない」
おたく 御宅
お宅
オタクの二人称がこれであることから、オタク。本来は二人称。
例:「お宅は子供にどういう教育してらっしゃいますの」
おまえ
お前さん
 おめえ
 オメー
お前 元は御前という尊敬語であったが、今ではあまり丁寧な言い方ではない。
その為、某球団では一時期応援お前というフレーズがあるのを不適切だとして禁止したこともある。
例:「お前が打たなきゃが打つ」
おぬし 時代劇などや武士忍者キャラが使う。例:「お、やりおるな」
おんみ 御身 古文などで使う。
きさま 貴様 元は尊敬語であったが、価値が暴落し今では罵倒と化している。
明治時代ごろの文章であれば同僚への敬語として使われている。
例:「貴様とは同期の桜
きくん
きでん

殿
古文などで使う。
きしゃ
きし
きかん
きしょく
きけいなど

(誌)


など
相手の会社、新聞、警官や自衛官、など様々なに「」をつけて尊敬語にしたもの。
きみ 一般的な二人称。但しあらたまった場で、下の者は使用しない。
例:「君の名は?」
し、ふうし 子、夫子 漢文で使う二人称
じぶん 自分 関西弁では二人称として使う。
例:「自分出身はどこなん(あなたの出身はどこ)?」
そち
そなた
そのほう
其方 古文時代劇で使う。
例:「それを考えるのがそちの仕事おじゃる」
てめえ
(テメー)
- 元は一人称である「てまえ」が変化したもの。
なんじ 古文漢文で使う。
ユー you 英語由来。カタカナとしておどけて使われることもある。
例:「ユー〇〇しちゃいなよ」
われ 「自分」同様、関西弁のうち河内弁では二人称として使う。
例:「何をぬかしてけつかるんじゃワレ」

その他「ジジイ、ふざけたまねしあがって」「澤さん、加藤さん、今時間ある?」「お姉さん美人さんだね。と遊ばない?」「お客様、こちらお値引き品ですのでめに召し上がってくっださい」「先生トイレに行ってもいいですか」など、一般名詞や相手の名前も二人称になりえる。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/21(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/21(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP