お前芦毛なら誰でもいいのか単語

オマエアシゲナラダレデモイイノカ

3.3千文字の記事
掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

??「違うんですゴールドシップ聞いてください」

お前芦毛なら誰でもいいのか」とは、あるアシスキー競走馬に対しての、芦毛友によるツッコミである。

このフレーズに行きつくまでには、かなりの遠回りな説明が必要となる。順を追って説明したい。

最初に

ネタバレ注意 この記事は、実在競走馬を扱ったネタを記載しております。
発言や書き込みをする際には、十分に配慮した上でお願いします。

ジャスタウェイと芦毛の親友

まずこのフレーズ主人公ともいえる競走馬ジャスタウェイ」について。

な勝ち2013年天皇賞(秋)2014年ドバイデューティーフリー安田記念ドバイデューティーフリーでは2着に6身以上の着差をつけレコードタイムで圧勝、その後クラシフィケイションにおいて130ポンドの評価を受け、日本競馬史上初となる単独1位ランキングされた名である。性格は大人しく、優等生そのものだったという。

さてそんなジャスタウェイであるが、彼には友とも呼べる競走馬がいた。それが芦毛伝説の継承者・ゴールドシップである。「GI 6勝」という文句なしのかしい成績を残した名であると同時に、持ち前のしい気性が爆発した結果レースの中でも外でも多くの伝説を残し「ゴルシ」「」「不沈艦」「芦毛の暴れん坊」「いの」「シロイアレ」「120億円事件」など多くの異名がつけられた、今なお高い人気がある名である。

ジャスタウェイゴールドシップとは同じ厩舎の同期にあたる。かたや優等生、かたや暴れん坊のヤンキー。そんな2頭だが、なぜか仲が良くウマが合ったという。普段は調教を嫌がるゴールドシップが、ジャスタウェイと一緒の時はやる気を出したり、ジャスタウェイが歩いているの見つけたゴールドシップが近寄ってきたりと、ゴールドシップの方が懐いていた様子。逆にジャスタウェイも図太くマイペースな面があり、その辺がうまい具合にかみ合ったのだろう。そんな2頭の仲良しエピソードは当時の調教師や厩務員から数多くのエピソードられており、2017年10月の「Number(937号)」では『暴れん坊と優等生最強のふたりというタイトルで特集が組まれたこともある。

ジャスタウェイは○○好き(?)

多くの記録を残したジャスタウェイは、2014年有馬記念を最後に競走馬として引退となった。引退後は社台スタリオンステーションにスタッドイン。そこでは「隣の放牧地の芦毛キャプテントゥーレやクロフネ)と仲良くしていた」「近くの芦毛をじっと見ていた」という撃談が多く集まっていた。それを聞いたファンは「ああ。彼は近くにいた芦毛と、かつての友・ゴールドシップを重ねて懐かしんでいるのか」とセンチメンタルな想いを持っていた、のだが。

あるファンがこういた。

ジャスタウェイって芦毛が好きなだけじゃね?」

と。

ジャスタウェイ芦毛好き」「ゴールドシップと仲が良かったのはウマが合っただけではなく、芦毛だったから」。そんな小ネタひとつ生まれたら、一生遊んでいられるのが同士の皆様。芦毛に関してのトークになぜか割り込んでくるジャスタウェイ芦毛競走馬を集めたイベントレース奮するジャスタウェイ。そんなジャスタウェイ概念面下で広がっていった。

実際本当に芦毛好きだったのかどうかは、もちろんジャスタウェイ本人に聞かないとわからない。「芦毛に近寄って行った」というのも、実は反対側の放牧地にいた同期ディープブリランテジャスタウェイを威嚇しまくっていたため逆側に逃げていたから、という見解もある。結局のところ、今まで仲良くなってきた友人たまたま芦毛だった、といっても間違いではないのだろう。

ウマ娘ブーム

※ここは正直蛇足な節です。ウマ娘について説明しているだけなので読み飛ばしてもかまいません。

そんな中、2010年代後半に競馬界を巻き込む一大コンテンツが誕生する。それが『ウマ娘 プリティーダービー』である。Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリを中心としたメディアミックスコンテンツで、実在競走馬達を美少女化したキャラクターが登場する。2018年アニメ第1期を放送し、その後2021年ゲームサービスが開始されるとそのクオリティの高さから人気に火が付き、大ブームとなった。

2018年アニメ第1期から2021年以降の大ブームまでは多少の期間があった。それを支えていたのがゴールドシップである。

コンテンツウマ娘化されていたゴールドシップまで届く芦毛の長モデル超絶美人。だが一度口を開けば粗暴かつ胆にして毒舌。何よりも面いことを優先し、その行動は突飛にして支離滅裂。故に残念な美少女」「黙れば美人、喋ると奇人、走る姿は不沈艦」「ウマ娘の中でボーボボに出ていても違和感がない」と言われることも。

そんなゴールドシップは「ウマ娘の宣伝担当(自称)」という肩書で、なんとバーチャルYouTuberとしても活動している。ブームになる前の2018年3月から活動しており、Vtuber全体として見ても古参の1人である。ウマ娘ブーム後に過去動画再生数を伸ばしたりしており、ウマ娘を代表するキャラクターの1人となった。

この『ウマ娘』という一大コンテンツ以降、ゴールドシップイメージ全に固定されたといえる。「将来もクソもねー、今だ今!今面く生きなきゃ意味ねーだろ!」「面けりゃいいだろッ!よくねえよ!どっちだ、アァン!?」というセリフなど、横柄でれしい口調のイメージである。

一方で、この記事の役であるジャスタウェイウマ娘に登場していなかった。(2022年10月現在

しかし『ウマ娘』というコンテンツ内でもひときわを放っているゴールドシップは、強すぎるキャラクターゆえに異過ぎて周りが巻き込まれていく描写が立っていた。またゴールドシップ自体の多いキャラクターとなっており、寮生活は送っているはずなのだが、同室の相手は長らく不明なままとなっている。こうなると期待されるのがゴールドシップと対等にやり取りができる、同室ウマ娘の設定である。一部のファンは「ここに入るのはジャスタウェイしかいない」と思うのである。

ジャスタウェイがもしウマ娘実装されたら」「ウマ娘といかないまでも、もし擬人化して喋ったらこんな口調になるだろう」と多くのファンイメージした結果それが集合知となり、そこからなんとなーくジャスタウェイイメージが出来上がっていった。その過程で「お堅い口調の優等生で、芦毛好き」というイメージになったのは自然な流れだろう。

ファンの脳内に溢れた存在しない記憶

こうして「ジャスタウェイゴールドシップ友」「競走馬擬人化盛」が重なり、ふたばちゃんねるなどでジャスタウェイゴールドシップの会話を乗せた怪文書SS)が散見されるようになる。その中で、「他の芦毛移りしてしまった友を化す(ツッコミを入れる)ゴールドシップと、生に言い訳するジャスタウェイ」という設定の怪文書が産まれ、多く使われるようになったのが以下の会話である。

ゴールドシップ「お前芦毛なら誰でもいいのか」

ジャスタウェイ「違うんですゴールドシップ聞いてください」

ジャスタウェイに懐いていたゴールドシップ」という2頭の関係を上手く表しており、2頭のイメージ通りの口調、ジャスタウェイ芦毛好きネタが盛り込まれたこの会話はTwitterなどのSNSでも広まることとなる。

最終的には、「お芦誰」「違ゴ聞」省略しても伝わる程度には定文と化した。

派生

そこから生して、芦毛競走馬芦毛ウマ娘についての会話中に、芦毛...素晴らしいですね」などとお堅い口調かが書き込もうものなら、どこからともなく「お前芦毛なら誰でもいいのか」などとツッコミの書き込みが飛んでくるのが一つのテンプレとなっている。

関連動画

ジャスタウェイホイホイ」でも検索exit_nicovideo

関連動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/27(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/27(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP