今注目のニュース
ナルシシスト・ナルシシズム。その特徴と危険性を分析
5カ月ぶり営業再開のサンリオピューロランドはどう変わったのか? 「マスク姿のハローキティ」が出迎えた初日現地レポ
チュッパチャップスがドリンクに! 人気の「ストロベリークリーム」味をアレンジ

はじめての三国志単語

ハジメテノサンゴクシ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(78)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

はじめての三国志とは、「三国志」を題とした歴史エンタメサイトである。略称は「はじ三」。「三国志」に登場する人物やエピソードなどを、デフォルメされたイラストとともに紹介している。「宰」兼「Webディレクター」は「おとぼけ(田畑)」氏。その他、デザイナーライターなど複数のスタッフにより運営されている。

おとぼけ(田畑)氏はSEOSearch Engine Optimization:検索エンジン最適化)に造詣が深く、三国志に関する人名やキーワードGoogleなどで検索すると大抵は検索結果のかなり上位に「はじめての三国志」の記事が表示される。そのため「はじめての三国志」というサイト名どおり、三国志関連で「何かを知りたい」と検索した人が初めのほうに訪れるサイトになりやすい。

一方で、2016年初頭からは先行する三国志サイトや書籍からの剽窃疑惑、多くの間違いや史料に根拠のない記述があるとされ、批判されていた。田畑氏はこれらの摘に対して、根拠は示さなかったものの法的潔。その後、2018年運営法人を通じて、一連の騒動に関するツイートをまとめたtogetterニコニコ大百科当該記事が軒並み削除された。この記事が一度削除され(編集履歴参照)、掲示板批判コメントも大量に消されているのはそのためである。

こうした経緯から、総じてどちらのが正しかったのかは白黒つかずじまいとなっている。この記事では是非は論じないが、twitterで「はじめての三国志 orはじ三」+「剽窃 or パクリ」などで検索すると当時の状況の一部が残されており、批判側だけでなく「記事に問題はない」と説明するサイト側の当時のも確認できる。

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/15(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/15(水) 01:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP