今注目のニュース
他人のしつけに疑問を感じたことある? 叱らない親・厳しすぎる親に6割が違和感
給料の大半が家賃に消えてしまう…日本の住宅政策は大丈夫か? 藤田孝典さん持論
凍らせておいしい「デカビタC フローズンエナジー」「C.C.レモン フローズン」発売/サントリー食品インターナショナル

アロンソ・タイパー単語

アロンソタイパー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アロンソタイパーとは正式にはアロンソハスブラウチ・タイパー(Alonzo Hasbrouch Typer)といい、クトゥルフ神話小説ウィリアムラムリー著『アロンソ・タイパーの日記』(The Diary of Alonzo Typer)の主人公である。

概要

アロンソハスブラウチ・タイパー(1908年当時53歳)はオカルト学者であり、1900年に心霊調協会を脱退。

世界各地をし、吸血鬼ポルターガイスト現象に関する論文を自費出版したことで知られる。

1908年4月17日にバタビアのリッチモンドホテルで見かけられて以来失踪した。

1935年11月16日にはコラツィン村にあるヴァン・デル・ハイル一族が暮らしていた屋敷の倒壊に伴い発見された日記アロンソタイパー自身の日記だと断定された。

2週間に及ぶその日記の内容は実に不可解なものであり、最後にはジャーナリスト根性とも言うべき凄技を披露していた。

表記違い

なお、「The Diary of Alonzo Typer」の日本語訳は複数のバージョンがあり、その違いによって彼の名前「Alonzo Typer」のカタカナ表記は異なる。

心社のハードカバーシリーズクトゥルー神話大系」の第1弾で1980年に出版された『クトゥルー 闇の黙示録』や、同じく心社からの文庫本シリーズ「暗黒神話大系シリーズ」の第1巻で1988年に出版された『クトゥルー 1』に収録されたバージョンでは「アロンソタイパー」である。

創元推理文庫から2007年に出版された『ラヴクラフト全集 別巻 下』に収録されたバージョンでは「アロゾウタイパー」と表記されている。

別作品での登場

ウィリアムラムリー以外の作者によって書かれたクトゥルフ神話作品のいくつかにおいて、アロンソタイパーの名が作中で言及されることがある。さらにアロンソタイパー本人がメインとして登場する作品もある。

ロバート・M・プライス(Robert M. Price)による短編小説『The Strange Fate of Alonzo Typer』は『アロンソ・タイパーの日記』の直接の続編であり、『アロンソ・タイパーの日記』の最後の後に彼がどのような運命を辿ったかを記しているという。[1]

またブライアンラムレイ(Brian Lumley)による短編小説『The Statement of One John Gibson』では、主人公の大おじアロンソタイパーと交流があったと設定されているとのこと。[2]

上記の2作品は2018年4月27日現在時点では邦訳されていないようだ。『The Strange Fate of Alonzo Typer』は短編集『Blasphemies & Revelations』などに[3]、『The Statement of One John Gibson』は短編集『The New Lovecraft Circle』などに[4]収録されている。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *アロンソ=タイパーの奇妙な運命 - 凡々ブログexitより
  2. *ジョン=ギブソンなる人物の陳述 - 凡々ブログexitより
  3. *The Internet Speculative Fiction Databaseexit内、The Strange Fate of Alonzo Typerのページexitより
  4. *The Internet Speculative Fiction Databaseexit内、The Statement of One John Gibsonのページexitより

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/16(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/16(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP