Sta単語

スタ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Staとは、日本音楽家映像作家プログラマーグラフィックデザイナーイラストレーターである。読み方は”すた”。最初の文字は小文字ではない。

BMSでの活動や音楽ゲームTone Sphere」、小説AIAIのべりすと」の制作で知られる。Bit192 Labs宰。ゲージツ的なトマトビデオゲーム前衛的ネタ音ゲーの界では先生名前しまれている。

概要

キラートマトを愛してやまない。exit

来歴

日本を代表するブルースハーモニカ奏者の妹尾一郎の長男として生まれる。そのMacに凝っていたためにに数十台のMacがあり、その環境によってその3歳の時からコンピューターに触れ、プログラミングなどを独学で習得した。6歳の時点で自作ゲームネットを通じて配信するなどして注を集め、雑誌にコラムの連載を持ったこともあった。ゲームは9歳までに1000以上作っていたとか。そうした創作活動の一方、小・中学校には通っていなかったそうである。

2003年頃よりフリー音楽ゲームBMS同人音楽CDに向けて楽曲制作活動を行い始める。

ロックテイストがかったものやポップス、エレクトリックミュージックなどがボーカルがかなりケロっていたり、ギターシンセノイズがかっていたりと、かなり強めのエフェクトがかけられていることが多いのが特徴。その歌唱は多くが自身の歌である。普通エフェクトをかけすぎると障りな文字通りノイズになりそうなものであるが、むしろそのノイジーな音が心地よく感じられるのは氏のセンスが為せる技か。

BMSにおいても「ninthexit_nicovideo」などの譜面制作で評価を集めたり、Stepmaniaパッケージ「foonmix」やミニインタビュー企画bms同窓会」の企画制作を手がけるなど尽していた。一方で、いわゆるクソ譜面製作者としても有名で、ランダム再生の成れの果て「Sofa $15 → $1exit_nicovideo」やテトリスの権利関係を風刺した「ヘンクexit_nicovideo」などの前衛的作品を世に送り出している。

グラフィック面でも高いスキルを持っており、sasakure.UK(ささくれP)氏がアップしているボーカロイドオリジナル曲にて数々のイラスト映像を担当している。初出は『Jack-the-Ripper◆』。

また、同氏が2010年5月5日M3にて頒布した初のPVDVD*ハロー、終末シネカメラ。』では、『Track.04 ナキムシピッポ』のmovieを担当。

ニコニコには2010年08月12日【初音ミクオリジナル曲】ナキムシピッポ【PV付】exit_nicovideoとして開された。

余談だが、『ナキムシピッポ』の開時期が遅れた事についてsasakure.UK氏は「タイミングを逃した[1]」「ワイド仕様(16:9)にエンコードしたいがエラーが出て上手くいかない[2]」とツイッター上で発言。それを見た何人かが対策方法をアドバイス[3]開となった。

また、「初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone」の筐体デザインも手がけており、筐体の横にはサインがあったりする。

映像を担当したsasakure.UKの楽曲

Thumbnail Title
1 Jack-the-Ripper◆ 【オリジナル曲】Jack-the-Ripper◆【PV】exit_nicovideo
2 Jack-the-Ripper◆♠♥♣【生演奏】 【オリジナル曲】Jack-the-Ripper◆♠♥♣【生演奏】exit_nicovideo
3 タイガーランペイジ 【鏡音リンオリジナル曲】タイガーランペイジ【PV付】exit_nicovideo

4

ナキムシピッポ 【初音ミクオリジナル曲】ナキムシピッポ【PV付】exit_nicovideo

Tone Sphere

22歳の時にアリゾナ州を放浪したSta氏は大自然と向き合って新規の挑戦を考え、ゲームクリエイターとなった。そして、2012年6月iOSAndroid向け音楽ゲームアプリTone Sphere」をリリースした。企画からプログラムグラフィック音楽など全てを自身が手がけている。

内容は音楽と共に流れる3Dムービーに合わせて出現するオブジェクトタイミングよくタッチするというシンプルなもの。ただし、曲やムービーの展開に合わせてオブジェクト自体も動いたりズームインアウトしたりするので、その動きに合わせてタッチする必要がある。
収録楽曲はSta氏自身のものや、STR Labelメンバーを中心としたBMSの人物の楽曲を多数収録。

アプリの価格はiOS版が240円、Android版は無料アプリ課金での配信。iPhone向け音楽ゲームアプリの中ではかなりの売り上げを記録しており、2021年現在までにダウンロード数が120万以上であることが発表されている。

また、Tone Sphereと並んで人気があるスマホ向け音楽ゲームアプリCytus」にも楽曲を提供していたり、CytusイメージアルバムCytus -Alive-」をCranky氏と共に制作している。

また2021年6月、9年ぶりとなるシリーズ新作「Starbirth」の制作を発表している。

AIのべりすと

2021年7月日本語の文章・小説を補生成できる人工知能WebアプリケーションAIのべりすと」をリリースした。

近年発達を遂げている自然処理AIの流れをみ、OpenAIの「GPT-2」および「GPT-3」をベースに非常に自然な文章の解釈・生成を可とした。Google TRCによる計算資提供などの協のもと、68億パラメータと500GBのコーパスから訓練を行なっているため非常に自然で幅広い表現が利く。

先述の「Starbirth」のシナリオ稿のネタ出し用としてSta氏が開発したサイドプロジェクト小説AIであった。高い生成精度からゲームとは別に大きな注を集めている。なお、Sta氏は他にもイラスト生成AIとりんさまAIexit」などの開発もしている。

現在AIのべりすと全個人での運用となっているが、今後200億パラメータAIの開発やAI運用の安定化などをして、クラウドファンディングを実施している。詳しくはReadyforのページexitにて。

その他

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

ホームページ

配信サイト

SNS

関連項目

脚注

  1. *2010年8月10日sasakure_UKツイッター、その1exit
  2. *2010年8月10日sasakure_UKツイッター、その2exit
  3. *2010年8月10日sasakure_UKツイッター、その3exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/26(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/26(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP