今注目のニュース
都内のマンションは「東京五輪後に暴落する」説を検証してみた
山本彩「だいぶ好き」自宅で“ホラー祭り”開催も
テトラサイクリン歯って?歯が灰色に見えるコンプレックスの解消法とは

トキノミノル単語

トキノミノル

  • 2
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

トキノミノルとは、1948年まれの競走馬。「幻の」と呼ばれる名である。

概要

セフト 第二タイランツクヰーン Soldennisという血統。セフトは当時のリーディンサイアーである。

写真で見る限りはスマートである種の美しさを見せるが、見ようによっては強さに欠けるのか、競馬解説者の大川慶次郎氏は「キュウリ割り箸刺したような」と酷評している。ちなみに幼駒時代のトウカイテイオーも、大川氏にではないが、全く同じ形容をされたことがある。一般にいいは見たもいいという傾向はあるが、一頭のを個別に見る限り、ことほど左様に、外形からを見極めることは難しい。

兄弟が走っていなかった事もあって評価は低く、当時飛ぶを落とす勢いだった映画会社大映の社長永田 一氏に買われたのだが、永田氏は買ってすぐにこのを気にかけなくなり、名前もつけてやらず、トキノミノルは牧場名であった「パーフェクト」という名前でデビュー戦を戦った。

なにしろ気の荒いであったらしく、デビュー戦では発走前に騎手を振り落としている。しかしここを8身差で圧勝。田中和一郎調教師が永田氏に勝利の報告をすると、このを買った事を忘れていた永田氏は「なんだそれは?」と言ったという。しかし勝ちっぷりを聞いてご機嫌になったらしく「パーフェクト」には「トキノミノル」という名前がつけられた。「トキノ」とは作家菊池寛氏が使っていた冠号で、永田氏も借りて使っていたものである。つまり「菊池氏の夢が実る」という意味の名で、その夢とは即ちダービー制覇であった。

このエピソードから分かるとおり永田氏というのは放磊落、大雑把、放言癖なところがある男であった。彼はこの後、野球経営などにも手を出して世の謳歌していたが、映画産業の斜陽についてゆけず、1971年には大映が倒産1988年に寂しく亡くなっている。

トキノミノルはこの後破の連勝街道を突っ走る。皐月賞まで8戦を走ってつけた着差が30身以上。なんと5度ものレコード勝ちを収めている。逃げるというかスピードの違いで他のがついて行けないというレース振りであったそうである。その圧倒的な強さは、当時まだまだ一般になじみが薄かった競馬(特に中央競馬)に人々のを集めるに十分な強さだった。

そして迎えた皐月賞では単勝支持率73.3という圧倒的な支持を集めて、期待通りレコード勝利タイムの2分30は当時の2000m日本レコードであった。

当然、次は10連勝でダービー制覇という期待が掛かるところだったが、トキノミノルはこの後調子を崩す。もともと裂蹄を頻発するで、常に満足調教もままならなかったそうだ。田中調教師のメモからは次々と起こる小さな故障に対応するために奔走する様子が伺える。ダービー直前には左前脚が大きく腫れ永田氏も出走断念を考えたほどだった。

しかし、厩舎関係者必死の努甲斐あって、トキノミノルは1951年東京優駿日本ダービー出走にこぎつける。裂蹄は良くなりきっておらず、蹄と蹄の間にはフェルトが挟まれたという。

不敗の名ダービーに挑戦するという話題は広く巷間に噂されており、当日はこれまで見たこともいくらいの大観衆が東京競馬場に押し寄せて来た。戦前中央競馬どうしの自慢交流という面が強く、馬券行として、ましてや娯楽としての側面は非常に薄かった。この時のダービーで初めて一般の、競馬にほとんど興味いような観衆が競馬場にやってきたのである。当日の入場者数は7万人をえ、スタンドに納まりきれなくなった観客を初めて内馬場へ入れる処置が行われた。

そしてダービー。常なら圧倒的なスピードハナを切るトキノミノルが先団に控える。流石に調教不足で苦しいのか?と思わせたのもつかの間、向こう正面からスーッと上がっていったトキノミノルは先頭に立つとそのまま逃げ切り、当時のダービーレコードで快勝した。トキノミノルが3コーナーで先頭に立った時、観衆から大歓が上がったという。これまでの競馬では見られなかったに、大川氏は「競馬が大衆の物になった」と感じたという。

レース後、奮した観衆がラチを倒して本場場になだれ込むというハプニングが起こる。そのため、優勝記念の口取り写真笑顔の観衆に包まれたようなものになっている。永田氏は人を憚らずに涙を流し「トキノミノルをアメリカに遠征させよう!」とぶち上げた・・・。

ところがその数日後、トキノミノルに異変が起こる。が充血し、物音に強く反応する。原因は不明だったが、医の必死の診察の結果「破傷」に掛かった事が分かったのである。厩舎関係者及び永田氏までが駆けつけた。近くの大学病院にも破傷の血清がかったため、永田氏の小平まで血清を取りに行くなどして必死の治療が始まった。

だが、破傷は発症してしまうと治療が難しい病気である。トキノミノルは苦しみ続け、関係者の必死の治療もむなしく、17日後死亡。危篤を聞いた戦の石下密政騎手が駆けつけて「どうした!どうした!」と横たわるトキノミノルの首をくと、安心したようにを閉じて息を引き取ったという。

敗のダービー急死」の報は世間を驚かせた。一般でも大きく報じられ、作家の吉屋信子が毎日新聞に掲載された「トキノミノルはから降りてきた幻のだ。競馬界最高の記録を打ちたて、にこの上ない栄冠を与えたまま、またに帰って行った」という言葉はあまりにも有名で、トキノミノルが「幻の」と呼ばれる原因となっている。

しかし関係者にとってはトキノミノルは幻ではなく、現実だった。石下騎手は四十九日まで毎日の日も厭わず墓参りに通ったという。永田氏はそもそも感情の起伏が大きく涙もろいので有名だったが、とりわけトキノミノルの話をするときは「ダービーの時は脚が痛かっただ。それが君、のためにファンのために渾身ので走るんだよ。かわいそうだった。凄いよ」と泣いたという。

ダービーを獲ってくれたトキノミノルの死に永田氏は懸命に報いようとした。1955年にはトキノミノルの事を描いた「幻の」という映画を造り、東京競馬場内にあのトキノミノル像を建立する。そしてそれまであまり熱心でなかった業に本を入れ始めその後も二冠ヤマイチや天皇賞オーテモンなどを所有した。現在、彼の使っていた勝負は遺族の許可を得てグリーンファームが使っている。あの荒れだった2009年エリ女に勝ったクィーンスプマンテに乗っていた田中博康騎手が着ていた、あの勝負である。

10戦10勝のデビューからの連勝記録はクリフジに次ぐ記録。敗の二冠クリフジに次いで二頭。7回のレコード勝ちは他に例がい。記録上でも他に冠絶する名であった事は疑いいのだが、それ以上にやはりその短いながら鮮な生涯が、人々の心を今も惹きつけて止まないのである。1984年。第一回の顕彰馬選定において文句顕彰馬に選ばれているのだが、これは競争成績よりその強な印に対してのものであろう。

幻の、トキノミノル。彼を讃えて、東京競馬場で行われる3歳重賞、共同通信杯には「トキノミノル記念」の副称が付けられている。

血統表

セフト
1932 鹿
Tetratema
1917 
The Tetrarch Roi Herode
Vahren
Scotch gift Symington
Maund
Anyway
1920 鹿
Volta Valence
Agnes Velasques
Sun Worship Sundridge
Doctorine
第弐タイランツクヰーン
1934 
Soldennis
1918 
Tredennis Kendal
St.Marguerite
Soligena Soliman
St.Guntheim
タイランツクヰーン
1928 
Phalariis Polymelus
Bromus
Silver Queen The Tetrarch
Ptrincess Stering F-No.14-f


Tokino Minoru(1948)←Theft(1932)←Tetratema(1917)←The Tetrarch(1911)←Roy Herode(1904)←
Le Samaritain(1895)←Le Sancy(1884)←Atlantic(1871)←Thormanby(1857)←Windhound(1847)←
Pantaloon(1824)←Castre(1801)←Buzzard(1787)←Woodpecker(1773)←Herod(1758)
Tartar(1743)←Croft's Partner(1718)←Jigg(1701)←
Byerley Turk(1679)

バイアリータークの血をひく数少ない競走馬であった。種になれなかったのが残念で仕方ない。ただ、このトキノミノルの血統自体は、トキノミノルの1歳年上の全ダーリングの曾孫として生まれたグリーングラスによって、日本競走馬に広がることになる。

血統表内でを引くのはThe Tetrarchの3×4のクロス。このThe Tetrarch、18世紀や19世紀ならともかく、20世紀の競馬で「6ハロン戦で2着を50身ちぎった」だの「5ハロン戦で出渋り他のが1ハロン走ったところから走り始めてクビ差差し切った」だの神話じみたエピソードに事欠かないスプリンターで、種となってもそのスピードで大きく質の向上に貢献した。トキノミノルの他とはレベルの違うスピードもこの曽祖由来と思えば納得。この当時、The Tetrarchの血をここまで濃く持った日本にほとんどいなかったので、トキノミノルが種になっていれば、日本競走馬の血統の良はずいぶん変わったものになったと思われる。

関連動画

関連商品

トキノミノルに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP