トランス 単語

5854件

トランス

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トランスとは、次のいずれかのことである。

trance

ある種の精状態(変性意識状態)を表す。入状態・恍惚状態などと訳される。
尚、「覚醒状態(awaken,awakening)」をトランスとするのは誤りである…が、ゲームを中心に誤用が甚だしい。

trans

trans-:「反対側」「向こう側」「変える」「える」などの意味を持つ英語接頭辞。形態変化という意味のTransform」が有名。

ここでは上項tranceの、特に音楽について扱う。

トランス(音楽)

トランスとは「ハウスミュージックハウス)」の一種「アシッドハウス」からさらに生した音楽の一形態。
しかしテクノの要素も併せ持っており、ハウステクノのどちらから生したとは言い難い状況にある(もっともこの手の音楽界にはよくあることであり、「どちらがより強いを受けているのか」とごく浅い論客が喧々諤々の論争を繰り広げる光景もよくあることである)。

ハウスミュージックの特徴「短い小節を何度も繰り返す」に加え、うねる様に奏でられる旋ブレイクと呼ばれる一種の小休止部分、を持ち、その名の通り恍惚状態に持っていくような演奏を特徴とする。
また徐々に恍惚状態に持っていくため、そしてDJの負担を軽減させるために、曲のイントロを長くとり各パートをゆるやかに入らせる演奏形態が決まっている。これは生元のハウスからのであり、ある種の伝統儀式でもある(イントロ長いも参照)。

その性質上多数のジャンルがあり、トランスから生したゴアトランスからも生した「サイケデリックトランス」や実験的な要素を多く含む「プログレッシブトランス」、日本発の荘厳な「エピックトランス」やしい曲調の「ハードトランス」など数の生形態がある。
特にサイケデリックトランスゴアトランスにあった「宗教的恍惚感」から「催眠的恍惚感」を抽出し希するジャンルであったため、日本のみならず世界中のクラブシーンなどで演奏されている(なおこのサイケデリックトランスにも数の生がある)。
またハウスミュージック(特にアシッドハウス)のを受けて電子機器(シンセサイザー等)を多用するためか、VOCALOIDを利用した「ミクトランス/ルカトランス」というジャンルニコニコ動画上にある。

また、日本に限らずトランスはゲーム音楽として作曲演奏される事も多い。上記の通り電子楽器を多用するためゲーム音楽との親和性が高いともいえ、1995年頃からすでにトランスのを受けたとおぼしきBGMが一部の作品で見られていた。すぐ後に音楽ゲームの流行により、様々なトランスがゲーマーに届くこととなる。最近ではナムコ湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNE」シリーズBGMにトランスをフィーチャーしている。深夜首都高を高速で駆け抜けるシチュエーションビジュアル的にもある種の恍惚状態を惹起させるものといえ、トランスがよく合うシチュエーションといえよう。

関連動画

トランスの例

ゴアトランスの例

サイケデリックトランスの例

プログレッシブトランスの例

ゲーム系トランスの例

ハードトランスの例

ヴォーカルトランスの例

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP