DJ 単語

5690件

ディージェイ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

DJとは、ディスクジョッキーの略である。ここではクラブシーン等でのDJについて説明する。

概要

クラブディスコ等で、場の雰囲気から選曲してかけたり、曲をミックスしたりする者のことで、クラブDJと呼ばれる。また、選曲以外にもスクラッチなどでパフォーマンスを行うことがあり、これをバトルDJと呼ぶ。

ツールとしては1台のPCを使用する。DJは音楽再生しフロアに出している間に、次に流す曲を頭出しする。ロングミックスをする場合はテンポを調整しておく。DJがヘッドフォンを使用するのはこのため。準備了後、ミックスしたい部分に曲が到達したらもう片方の楽曲を再生ミックスする。これを順次繰り返す。テクノハウストランスなどの規則的な4つ打ちの楽曲ではロングミックスを、ヒップホップR&Bなどではテンポをほとんど調整せずに時に切り替えるカットインで繋げるのが流である。

レゲエのDJは、曲を繋げるのではなくマイクパフォーマンスで次の曲までの間を埋めるスタイルになっている。彼らはDJではなくセレクターと呼ばれる。

またダンスバトルの際には間違いのない選曲をする有名DJが必須となる。

ニコニコでのDJ(視聴時の注意事項あり)

プロアマ両方のDJが個人的にニコニコを利用している。ほとんどがミックスした楽曲データまたはプレイ中の動画アップロードするか、ニコニコ生放送でDJ放送をするかの2つ。どちらも著作権の問題があるためアップロードには責任が伴う。

DJ生放送では、配信闇にコメント返しめる視聴者がいる。DJはプレイ中に放送画面を見る暇がく、すぐに返答することができない。DJ放送では放送主に過度にマナー追求するのは控えるようにして欲しい。特に「反応しろ」「帰るぞ」といった脅しめいたコメントはDJプレイに支障をきたす(モチベーションを落とす)可性が高い。正しく理解して楽しむように。

DJの歴史

DJスタイルの起アメリカで、楽器を買うだけの財産がなかった当時の貧困層の黒人によって編み出された。彼らも音楽を楽しもうと試行錯誤した結果、口でドラムを中心とした楽器を発したり(ビートボックス、いわゆるボイパ)、販音から一部録音して使用したり(サンプリング)、同じフレーズを繰り返し再生する(ブレイクビーツ)などして音を確保した。この時偶然スクラッチが発見された。スクラッチジャンルは問われないが、ほとんどはヒップホップなどの遅めのジャンルに使われる。ジャズハウスにも使用可だが、あまり用いられない。

用意するもの

関連動画

     

DJ機材のメーカー

DJ機材メーカー解説

関連商品

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 12:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 11:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP