今注目のニュース
クロちゃん加工アプリで「女体化」結果!→あの人にソックリ
デーブ・スペクター、闇営業芸人に「知ろうとしなかったことが問題」と指摘 共感集まる
グラドルが“45歳ファン”と交際告白、彼氏いないは嘘

リュート単語

リュート

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リュートとは、中世ヨーロッパで作られた弦楽器の一種である。現在では古楽器。クラシック音楽などに使われる。

楽器以外のリュート

概要

16世ルネサンスから18世紀バロック音楽の頃を全盛として用いられた撥弦楽器。それ以降は衰退していく。20世紀になって復活した。洋ナシを縦に割ったような胴をしている。コースの数は6~8コースから、18世紀ころには11~13コースに増え、1つのコースには1ないし2の弦がられる。弦の数が多いため、そのに耐えるように糸倉(糸巻きを支える部分)がネックに対して直におり曲がっている。

ルネサンス時代には伴奏楽器として用いられたが、バロック時代には独奏楽器として用いられるようになった。

バッハのリュート組曲などが有名。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP