サガフロンティア単語

サガフロンティア

  • 22
  • 0
掲示板をみる(601)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(22)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
サガシリーズ > サガフロンティア

サガ フロンティア(SaGa Frontier) はスクウェア(現:スクウェア・エニックス)が1997年7月11日に発売したPlayStationソフトRPG2008年11月26日ゲームアーカイブスで配信開始。 サガシリーズ(Sa・Ga series)の7作に当たる。

ハードPS1となりグラフィック音楽共に品質が向上した。
ただし、グラフィックの多くは3Dモデルレンリングし2Dにして調整したもの(ドット絵に近いもの)となっている。

概要

「リージョン」と呼ばれる、場所ごとに全く違う色や文化を持つ小世界が混沌の中に浮かんでおり、船(リージョンシップ)で行き来しているという構造をした世界舞台に、7人(+1人)の主人公の中から一人を選んでその物語を追う、オムニバス形式の作品。
キャラクターにそれぞれ違ったストーリー設定をされている(全員たどるストーリーが違い、ラスボスも異なる)が、逆にサブイベントはかなり少なくなっている。
前作ロマサガ3のように、どのサブキャラクター仲間にできるというわけではなく、主人公毎に仲間に出来ないキャラクターがいる(レッドブルーはどの主人公であっても仲間に出来ず、ロボット全般はエミリア・アセルス編では仲間にできない、など)

また本作品で初めて連携システムが導入された。自分たちの繰り出した技が連続して発動し、独特のネーミング(時にはユーモラスに、時には格好よく)と共に繰り出される爽快感は好評を博し、後のシリーズにも常に登場するサガシリーズの看要素になった。

ファンタジー一辺倒であったロマサガシリーズから一転し、現代のような風景SFじみた設定のメカ・耽美な妖魔社会などがリージョンという区切りの中で全く同じ世界に共存しており、グラフィックの強化もあってGB版のサガシリーズ以上に混沌とした世界観となっている。
が、後続作品のサガフロンティア2は純然ファンタジーに再び回帰している為、サガフロシリーズとして統一されたカラーいと言える。

生命科学研究所ファシナトゥールのなど、明らか没イベントとなった場所が多数存在する。サブキャラクターであるIRPO捜官ヒューズも初期では主人公として登場する予定だった。
この設定を拾い、攻略本である『サガフロンティア 裏解体書』には彼を主人公にした「ヒューズのクレイジー捜査日誌~8人主人公になりそこねた男(著:ベニー松山)」と言う小説が書かれている。
おこれらの要素については、そのうちのいくつかがリマスター版にて形を変えて追加要素として実装された。

リマスター

2021年4月15日Steam版は翌16日)に配信開始。画面が16:9になったり解像度の向上はもちろんのこと、キャラクターたちも当時のCGモデルベースにしてより繊細に書き直されている。「メイルシュトローム」や「」などで起きていた処理落ちくなった。
また、開発二部やプレイヤーに有利に働く裏技などもそのまま残っている。

以下はな変更点・追加要素

以下は「追加要素あり」を選択した場合に適用される項

主人公

ブルー

種族:ヒューマン
性別:男性
年齢22歳
出身:マジックキングダム
得意:
レッド クー T260G エミリア セル リュート ヒューズ
× × × × × ×
全な術師となるのは、この私だ」

魔術修士終了式、ブルーに与えられた使命は、全ての術の資質を持つ「全な術師」になること。そのために双子兄弟殺すること。ブルーに戸惑いは一切ない。
なぜなら幼いころから教え込まれてきたからだ。
術の資質を手に入れるためならば手段を選ぶ必要はない、と…。

本作の術体系を駆使したシナリオであり、術の「資質」獲得がメインとなる。双子であるルージュも同じく術の資質を得るために活動しており、シナリオの進め方によっては先にルージュが資質を獲得してしまう事もある。

初期から資質を持つ「魔術」に強な術がっており、最終的にほぼ全ての術を習得可になる為、術を存分に生かしたプレイが可オリジナル版では戦闘パーティー全員主人公キャラにできる一の主人公

一度訪れたリージョンワープできる「ゲート」の術を習得している為、多少移動が便利。

レッド

種族:ヒューマンヒーロー
性別:男性
年齢19歳
出身:シュライク
得意:/体術
ブルー クー T260G エミリア セル リュート ヒューズ
× × × × × ×
ブラッククロスらをブッつぶす!」

悪の組織ブラッククロス家族を殺され、自らも瀕死の重傷を負ってしまったレッド。そこへ突如としてサントアリオヒーローアルカールが現れた。アルカールはレッドの命を救う緊急手段として、ヒーローを彼に授けてしまう。自らの意思とは関係なく正義ヒーローアルカイザーとなってしまったレッド。周りにはその正体をひた隠し、ただひたすらブラッククロスに立ち向かう。
それは正義の為なのか、それとも復讐の為なのか…。

メカ以外に見られていないときのみ変身できるアルカイザーが強である事、強制イベントが多く、シナリオスムーズに進みやすい事から、初心者でも較的プレイが簡単なシナリオである。

悪の組織を追うという構図から、IRPOメンバーや、グラディウスメンバー全員仲間に加える事が出来る。全体的に特撮ヒーローオマージュ漂うシナリオであり、度々流れる専用BGM戦え!アルカイザー」もあいまって全体的に熱いシナリオが展開される。

ちなみにレッドのみ、他のキャラシナリオに一切登場しない。それは見事に影も形もない。……ただし名前だけはチラッとでたりする。

クーン

種族:モンスター(ラモックス)
性別:
年齢:-
出身:マーグメル
得意:モンスター
ブルー レッド T260G エミリア セル リュート ヒューズ
× ×
「マーグメルがなくなるとき、
ぼくはやっぱり泣くのかな。」

モンスター達が住む穏やかなリージョン、マーグメル。混沌をさまようこのリージョン寿命が訪れようとしていた。一族の長老が指輪を用いて命を延ばすも、もはや限界が近づいていた。そんな折、長老がを見る。それはクーンが指輪兄弟達を集め、このマーグメルを救うというものだった。長老はクーンに指輪を集めてくるよう命じる。
幼いクーンの冒険が始まる…。

クーン編の重要アイテム指輪。装備させることで戦闘中に一回だけファストトリックターンの一番最初)で効果を発揮させることができる。アクセサリなので、モンスターも装備できる。ヒューマンは基本的に防具が優先されるのでモンスターに装備させるのが基本となる。

一通りの種族はシナリオ過程でそろう、最初から5人パーティーを組める、シナリオの案内も丁寧なため迷いにくい。が、それでも難易度は全体的に高め。また、エミリア編やレッド編等ほかのシナリオプレイ済みだとまた新しい発見もあるため、なるべく後回しをお奨めする。クーンはモンスターであるため、モンスターの育成方法を理解していないと少々プレイしづらい。また、最後の最後にとっておきのが…

T260G

種族:メカタイプ1)
性別:
製造年日:-
出身:-
得意:プログラム
ブルー レッド クー エミリア セル リュート ヒューズ
× × ×
「[A級優先任務:最終任務確認]の遂行を希望します」

クレーターが点在するリージョンボロ。ここに住む少年タイムは、ある日クレーターの中から一体のメカコアを掘り起こす。そのコアにはボディが与えられ、T260Gと名づけられた。長い眠りから覚めたT260Gであったが、全てが修復されたわけではなかった。記憶が欠落していた。それも重大な記憶が。
自分には大切な任務があったはずだ――。
T260Gは失われた記憶を取り戻すべく、ボロ立つ決心をする…。

なお、本来のコアの名前はT260であるが、彼(?)を主人公にした場合、ボディ製作者であるタコおじさんに「ロボならGをつけろ」と言われて、T260Gを名乗ることになる。他のシナリオ仲間として登場する場合はT260

T260G編の特徴はボディ換装。個性ある数々のボディに換装することができる。用途も対電子戦用や重武装、メカの応急処置や生物医療システムを組み込んだボディなど様々。パーティーメンバー容と相談してチョイスしていくといい。

メカがたくさん仲間になり、メカ5体パーティも組めるメカシナリオメカに関する知識は必要だが、仲間メカは初期状態でもある程度の能力を保持しているし、陶しい状態異常に悩まされる心配も少ないのが長所である。後半解禁されるT260G専用ボディは専用の機としてV-MAXと呼ばれるシステムを装備しており、一定時が向上、専用技が使用可になるが、5ターン経過するとシステムダウンしてしまう。

エミリア

種族:ヒューマン
性別:女性
年齢24歳
出身:-
得意:
ブルー レッド クー T260G セル リュート ヒューズ
「ゆるさない。ゼッタイ。」

エミリア幸せの絶頂にいた。人のレンとは結婚間近。スーパーモデル仕事引退して、ウェディングドレスも仕上がった。これからずっと幸せな日が続くのだと、疑わなかった。エミリアの前のを理解できなかった。変わり果てた姿で床に倒れレンと、から逃げ仮面の男。そして殺人犯として投されてしまうエミリア
エミリア奈落の底で、仮面の男「ジョーカー」への復讐を誓った…。

シナリオどは強制イベントで構成されており、サクサクシナリオが進む。
また、一アセルスと白薔エンディングまで仲間に加える事ができる。

また、エミリアコスチューム着替えることで、自身の閃き特性を切り替えることが可。これを利用すると、隠し技であるDSCを習得しやすい。着替えることのできるコスチュームシナリオ進行とともに増えていく。

シナリオ自体は落ち着いて進めばさほど難しくはない。最終決戦もほかの主人公較するとやや易しめ。ただ、自由行動時間など要所要所で鍛えておかないと難しいのはほかの主人公と同じ。

アセルス

種族:半妖
性別:女性
年齢永遠の17歳
出身:シュライク
得意:
ブルー レッド クー T260G エミリア リュート ヒューズ
× × × ×
「私は人間・・・それとも妖魔?」

シュライクの少女セルスは、不幸事故によって齢17にしてこの世を去った。はずであった。時として運命は人に死よりも苦しい試練を与える。再び生の地へ帰ってきたアセルスが見たものは、自分の体内を巡る、紫色の血だった。人間い血と、妖魔のい血。
二つの種族の狭間で、少女の心は揺れる…。

多くの妖魔が仲間になり、妖魔という種族について深く描かれるシナリオである。アセルスのや選択により、エンディングが分岐する。

セルスの種族分類は人間と妖魔の特性を併せ持った「半妖」。戦闘中、基本的にはヒューマンとして扱われるが、妖魔化することで特性を妖魔のものに切り替える事ができる。ヒューマンとしての閃きと成長性、妖魔としての吸収を併せ持った事で、妖魔の欠点をしており、成長性が高い。他シナリオでは前述の通りエミリア編で仲間に、更にレッド編で一時的に仲間になる。その場合でも主人公時と同じく半妖であるため、8人中主人公として選ばないと使えないオリジナルシステムが存在しない主人公である。

シナリオ面の特徴としては、各地に設定されたイベントポイントに行くたびに、イベントが進行していくという特徴がある。準備もままならないまま強制バトル仲間永久離脱などが発生するため、手順をある程度把握しておく必要がある。

リュート

種族:ヒューマン
性別:男性
年齢25
出身:ヨークランド
得意:/体術
ブルー レッド クー T260G エミリア セル ヒューズ
なんとかなるさ。」

田舎リージョンヨークランド。ここにリュートという名前の青年がいる。見たはただの冴えないちゃん。働きもせず毎日ぶらぶらしながらスネをかじって暮らしている。一体、こんな男のどこにそんな魅があるのか、なぜか自然と人が寄ってくる。そこいらの悪童には慕われて、なんとあの暴なオーガにまで兄貴なんて呼ばれてる。そんな男が自立をしてを始めるなんて言い出した。
はてさて…どうなることやら…。

一度も戦闘せずラスボスに挑む事が出来るなど、フリーシナリオを前面に押し出しシナリオとなっており、リュート個人のシナリオは少ない。また、主人公としては一、控えメンバーに回る事が出来る。

ヒューズ

種族:ヒューマン
性別:男性
年齢27歳
出身:
得意:体術/心術
ブルー レッド クー T260G エミリア セル リュート
がクレイジーって言ってんだ?名誉棄損逮捕してやる」

リージョン界の治安維持を的とするリージョン警察IRPO」に所属する敏腕捜官。本名はロスタースピード解決をモットーとする行動の捜官で、常軌を逸した強引な捜手法から「クレイジー・ヒューズ(キレたら手が付けられない)」というあだ名で呼ばれている。そんな彼が引き受けた事件とは…

ヒューズ編の特徴は「7種類ものシナリオ」と「ボスラッシュ」。ゲーム開始時にクリア済みの主人公モチーフとした7シナリオの中から自動でルートが決定され、その主人公シナリオにヒューズが介入すると…?という流れになっている。
シナリオ自体はリュート編並みに短いが、7シナリオ分存在し中には分岐展開が用意されているシナリオもあったりとその中身は濃密。また、これまで描かれなかったキャラクターの一面を垣間見たりもできる。

最後はモチーフとなった主人公に対応したラスボスが立ちはだかるが、その前に仲間にしたほかの主人公ラスボスに挑むこともできる。撃破したラスボスの数に例して本来のラスボスが強化されていき、6体撃破後はとんでもない強さとなってヒューズの前に立ちはだかる。

また、ほかの主人公全員仲間にできるほか、新キャラレンを含めたすべてのキャラクター仲間にできる(主人公はすべてのシナリオ仲間にできるが、その他のキャラクターシナリオによって異なる)。

そのシナリオ特性から、ヒューズ編をプレイするにはほかの主人公で一回ゲームクリアする必要がある。

仲間になるキャラクター

表中記号説明
◎:必ず仲間になる
○:仲間にできる
:必ず仲間になるが途中で離脱
仲間にできるが途中で離脱
×:仲間にできない
※1~※27:表下部注釈を参照

名前 種族 性別 年齢 得意 ブルー レッド クー T260G エミリア セル リュート ヒューズ
アニー ヒューマン 女性 23歳 ※1 ※2 ※7
艦長 ヒューマン 女性 48 × × × × × × ※8
ゲン ヒューマン 男性 35 ※9
ドール ヒューマン 女性 25 × × × × × × ※10
フェイオン ヒューマン 男性 29歳 体術 × ※11
メイレン ヒューマン 女性 28 × × ※12
ライザ ヒューマン 女性 27歳 体術 × × ※2 × × ※13
ルージュ ヒューマン 男性 22歳 × × × ※14
ルーファス ヒューマン 男性 40 ※3 × × ※2 × ※13
レン ヒューマン 男性 25 × × × × × × × ※15
イルドゥン 妖魔 男性 × × × × × ※4 × ※16
サイレン 妖魔 男性 × × 17
白薔 妖魔 女性 × × × × 17
ゾズマ 上級妖魔 男性 邪術 × × × × × ※16
時の君 上級妖魔 男性 時術 × × × ※18
ヌサカーン 上級妖魔 男性 × × × ※5 × ※19
サルティム 下級妖魔 女性 × ※6
妖魔 女性 幻術 × × × × × × ※16
カブ モンスターマンドレイク × × × × × × ※20
麒麟 モンスター麒麟 × ※18
コットン モンスターティディ) ※10
サンダー モンスターオーガ
朱雀 モンスター朱雀 21
スライム モンスタースライム × ※22
済王 モンスターロードスケルトン 男性 ※11
特殊工作 メカタイプ6) × ×
ナカジマ零式 メカタイプ3) × × × × × × ※23
BJ&K メカタイプ4) × ※3 × × × × × ※24
pzkwⅤ

メカタイプ5)

× × × × × × 25
ラビット メカタイプ2) × × × × × × ※26
レオナルド ヒューマンメカタイプ6) 男性 × × × × × × ※27

※1:基地案内時 その後○
※2:自由行動時○ 特定の任務時◎
※3:キグナス奪回作戦 下船後○
※4:針の出前 その後◎
※5:リマスター版で「追加要素あり」を選択○ 同・「追加要素なし」とオリジナル版×
※6:領の館 その後○
※7:ジョーカー事件・ヤルート追跡ルートでディスペア案内時 その後◎ それ以外○
※8:某重大事件◎ それ以外×
※9:某重大事件と最終兵器事件◎ それ以外○
※10:ブラッククロス壊滅◎ それ以外○
※11:指輪兄弟事件◎ それ以外○
※12:指輪兄弟事件 それ以外○
※13:ジョーカー事件・ヤルート追跡ルート双子の術士事件・ルージュルート◎ それ以外○
※14:双子の術士事件・ルージュルート◎ 同・ブルールート× それ以外○(ブルーとの二者択一)
※15:双子の術士事件◎ ジョーカー事件× それ以外○
※16:シュライクの少女失踪事件◎ それ以外×
17シュライクの少女失踪事件◎ それ以外○
※18:双子の術士事件◎ それ以外○
※19:指輪兄弟事件と双子の術士事件◎ シュライクの少女失踪事件○ それ以外×
※20:シュライクの少女失踪事件○ それ以外×
21双子の術士事件・ブルールート× それ以外○
※22:指輪兄弟事件× それ以外○
※23:最終兵器事件○ それ以外×
※24:ブラッククロス壊滅× それ以外○
25:某重大事件○ それ以外×
※26:ブラッククロス壊滅と某重大事件と最終兵器事件◎ それ以外○
※27:某重大事件と最終兵器事件◎ それ以外×

種族

ヒューマン
いわゆる人間戦闘中技、体術、見切りを閃き技は戦闘終了時に修得。これらを使用することができる。購入した術を使うことも可で、さらにイベントによって術の資質を得ることができ、それにより戦闘終了時に新たな術を修得することもできる。戦闘終了時にステータスが成長する。
ヒーロー
レッドアルカイザー変身した時の状態。ステータスが飛躍的にアップし、ヒーロー固有の技をいたり使ったりできる。通常の技も使用可変身戦闘中仲間がいないか戦闘不能か、暗闇などの変身を確認できないような状態異常にかかっており、「変身がバレない時」に可である。ただしメカ仲間には見られても大丈夫。また、変身状態だと元のステータスは成長しない。
妖魔
ヒューマンにによく似た種族。魔が高く、皆妖術の資質を持つ。に上級と下級に分類され、上級妖魔は魔も高くよりヒューマンに近い姿をし、下級妖魔はモンスターに近い姿を持つ。ヒューマンとは倫理観、価値観がいろいろと異なる。術が使用可。妖魔得意の術、妖術の資質を持っている。また、固有装備の妖魔武具に敵モンスター憑依することによって、技を使えるようになったり、ステータスが上がったりする。憑依できるのは、一つの武具に一体のモンスターのみ。HPWPJP戦闘終了時に成長する。精系の攻撃と睡眠に対する耐性がある。(メサルティム以外)妖魔武具に憑依させるのは結構簡単なので、強いモンスターさえ憑依させてしまえば、ヒューマンよりもずっと楽にステータスをあげることができ、メカモンスターよりもずっと楽にいい技を手に入れることができる。ただし、いくら戦闘してもステータス成長が見込めない為、意識して強モンスター憑依させる必要があること、吸収が3部位と限られている事、なにより技をけない事が最大のネックとなり、育成に限度があるのが難点。
半妖
通常では存在しえない種族。妖魔の君オルロワージュが瀕死ヒューマンセルスに輸血をした結果、の血の妖魔の血のヒューマンの両方を備えるの血の半妖が誕生してしまった。最上級妖魔であるオルロワージュの血を持つ影で、桁外れの生命と魔を持っている。普段はヒューマンであるアセルスは、戦闘時に妖魔武具で攻撃すると、次ターンから妖魔化する。妖魔の特性を獲得し、妖魔武具に憑依したモンスターステータスボーナスを獲得、憑依させたモンスターの技を使用可になる。反面、妖魔の欠点である「一部ステータスが上昇しない」という特性も獲得してしまうが、妖魔と違って技の閃きは可である。
モンスター
各地をしているをはじめとした怪物の総称。リージョンのはずれに潜み、ほかの種族に襲いかかるものが大部分だが、中にはヒューマンたちと共存するものも存在する。モンスターを使用可モンスター戦闘終了時に敵モンスターのうち一体から吸収できる。の吸収が成功すると、所持しているに応じて変身する。ステータス変身後のモンスターの種族に全に依存するため、闇変身していると元より弱くなってしまうこともある。ただHPだけは、元のステータスに「吸収したことがあるの数×4」プラスされる(この為、変身を繰り返した方がHP伸びる)。当てのモンスター変身させるには、モンスターに関する知識と、何よりも根気が必要。アクセサリーのみ装備可だが、装備欄には表示されない防具を装備している。基本的にモンスターのみ使用できるが、例外として麒麟のみ術の資質を所持している。が、一度モンスターで上書きしてしまうと上書きした術は二度と使えなくなるので注意が必要。
メカ
思考回路を有する機械生命体たち。ヒューマンの手助けをする者、自活する者、リージョンはずれで人々を襲撃する者など生活様式も様々。武具を装備することによってステータスが上がる。戦闘終了時に敵メカからプログラムを手に入れることができる(入手できなかった場合、WP回復する)。手に入れたプログラムは技として使用可。ほとんどのステータス異常に耐性がある。17種類の固有ボディパーツの組み合わせによって、8種類のボディタイプに分けられる。強アイテムさえあれば即座に強キャラクターに仕立て上げる事が出来る為、タイムアタック等では重宝される。

技・術

ヒューマンが使用&閃きを装備すれば使うことができる。戦闘中の攻撃時にく。敵から攻撃を受けたときにカウンター技もある。単体攻撃の他、範囲攻撃や遠隔攻撃、防御技、カウンターなど様々な特性の技があり、汎用性が高い。通常ののほか、に分類されるもあり、通常の技に加えて専用の技もひらめく事が出来る。また、を2本装備している時にのみ使用可な二技も存在。
ヒューマンが使用&修得可を装備すれば使うことができる。戦闘終了時に修得。弾がきれると次の攻撃はディレイアクションになってしまう。技は数が少ないが、跳弾の連携のしやすさは異常。「跳弾跳弾跳弾跳弾跳弾」
体術
ヒューマンが使用&閃き。何も装備していなくても使うことができる。戦闘中の攻撃時にく。敵から攻撃を受けたときにカウンター技もある。以前の作品にべ異様に投げ技、プロレス技が充実し、その集大成とも言える一人連携技DSCはかなり強
ヒーロー
レッドアルカイザー変身した時のみ使用できる。攻撃時にくが、一部特殊な条件を必要とする技がある。レイブレードを使った技と、ヒーロー用の体術に分類され、後者のほうが強。多くの技は既存の技・体術のアレンジとなっており、威と演出がパワーアップしている。
装備固有能
装備することによって技や術が使えるようになる装備品がある。(例:流星ミリオンラー) また、火炎放射器のような重火器もこれに相当する。
見切り
ヒューマンが使用&閃き。敵の攻撃を受けたときにく。特定の攻撃を確実に回避できる。(マヒやスタン状態、もしくは敵の攻撃が連携の場合は発動しない)
プログラム
メカのみ使用可。敵メカから戦闘終了後に入手できる。ボディタイプによって取得できるプログラムが異なる。また、龍神プログラムや猛虎プログラムのように、特定メモリボードを装備していなければ効果を発揮しないプログラムもある。
なものは攻撃技を習得するプログラムだが、マスタリー等の強化系プログラムも存在する。
モンスター
モンスターが使用可戦闘終了時に敵モンスターの内の一体から吸収できる。吸収したは9個まで所有可。それ以上のを吸収する際は、技欄の一番下にあるが、新しいの吸収成功と同時に失われる。は頭部、腕部、脚部、身体、ブレス魔法に分類され、これらの組み合わせと、HPによって変身するモンスターが決定される。特定を吸収すれば変身できる特殊変身もある。
妖魔武具憑依
妖魔武具で敵モンスターにとどめをさすと、そのモンスターを妖魔武具に憑依することができる。憑依するとステータスが上がるだけでなく、憑依したモンスターに応じてモンスター技が使用可になる。妖魔武具は妖魔の剣、妖魔の小手、妖魔の具足の三つであり、、同じモンスター憑依させても取得できる技はそれぞれ異なる。(ステータスボーナスは同じ)
ヒューマン、妖魔、麒麟が使用可。購入すれば使用可になるが、さらに上位の術を覚えるには資質が必要。資質は、イベントをこなすことによって得られるものがある。しかし対極に位置する術の資質は得られない。つまり陽術の資質を持っている者は、陰術の資質を得られない。秘術の資質を持っている者は、印術の資質を得られない。その逆もまた然り。ただし例外はある。
系統 概要 資質を会得できる 資質を持っている 固有使用者
陰陽 陽術 を操る術 ヒューマン・妖魔 なし
陰術 影のを操る術 ヒューマン・妖魔 なし
間を操る術 ブルー 麒麟
時術 時間を操る術 ブルー 時の君
魔法 魔術 自然を操る術 会得不可 ブルールージュ
妖術 妖魔が得意の術 会得不可 妖魔
心術 潜在を引き出す術 ヒューマン(ブルー以外) ヒューズ・ルーファス
邪術 呪いの術 会得不可 なし ゾズマ
秘印 秘術 タロットを引き出す術 ヒューマン・妖魔 なし
印術 ルーンを引き出す術 ヒューマン・妖魔 サルティム
不明 幻術 幻獣召還する術 会得不可
命術 陰陽を極めた者のみ使用できる生命術 ブルールージュ
連携
複数の味方が同じ対に技や術を繰り出すと連携することがある。ダメージ量は通常の攻撃よりもかなり高い。最大で五人連携まで可。味方の攻撃と次の味方の攻撃との間に敵の攻撃が差し挟まったり、技をいたりするときは連携は発動しない。また、技や術の中でも連携しやすいものとしにくいものがある。

関連動画

メドレー

やりこみプレイ動画

戦闘回数制限と併せた一人旅プレイや特技習得禁止プレイなどが投稿されている。

本作のバトルシステムについて深く研究がなされている作品群といえよう。

 没イベント

リージョンサイン

 

アセルス編

ヒューズ編


関連商品

解体真書

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/14(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/14(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP