刺胞 単語

1件

シホウ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

刺胞とは、刺胞動物特有の細胞小器官である。
本稿では、基本的に「毒針」としての役割を果たす貫通刺胞について解説するものとする。

概要

ものすごく乱暴に言うと、細胞サイズ毒針
の「刺糸」という機構を持っており、物理的または化学的な刺に反応して刺糸を射出し、対物に素を注入する。
刺胞動物はこの刺胞により、餌となる生物を捕獲したりいは自己防衛を行なっている。

この刺糸が射出される速度弾のそれに匹敵し、「生物界最速の動きをする機構」と呼ばれることもある。
しかし、どういったメカニズムでこれほどの速度で刺糸を射出するのかは未だにわかっていない面が少なくないらしい。

一部の刺胞動物人間にも甚大な被害を与えるほどの強素を持っていることもある(カツオノエボシキロネックス等)。

刺胞のどんなところがすごいの?

刺胞は人によっては「細胞傑作」と評されることもある。
それほど高度な細胞小器官なのだ。
で、どこがすごいのかというと…

  • 刺糸が伸びるときの速さは時速にして130km/hをえる
    ある研究によれば、刺糸が伸びる速度は時速にして134km/hに達するという結果が出ているらしい。
    この数値は「数字だけ」を見れば特急電車とあんまり変わらない速度に思える。
    が、これは々の眼で見える世界ではなく、細胞というミクロ世界の出来事だ。
    これを々の眼で見える世界数字に換算するととんでもないことになる。
  • 射出時の加速度は54万Gをえる
    これで刺胞が毒針を射出する速度異常さがなんとなくでもわかるだろう。
    これまたとある計算結果によると、毒針を射出する間の加速度は54万Gをえているという。重力速度の54万倍以上である。
  • 発射時の細胞内の圧150気圧に達する
    これほどまでの速度で刺糸を射出するために、発射時には細胞内の圧150気圧に達するという計算結果が出ている。一体どうやってこれだけの圧を発生させているのか、未だに理解できていない部分が非常に多いらしい。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP