塩冶高貞単語

エンヤタカサダ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

塩冶高貞(?~1341)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。
冶判官といえば通じる人もいるのではないだろうか。

概要

治承・寿永の乱で活躍した佐々木兄弟のさらに下の佐々木義清の子孫である佐々木隠岐氏の庶流で、鎌倉時代に嫡流が隠岐守護を務めたのに対し、出雲守護を代々務めたらしい。

1333年後醍醐天皇が隠岐を脱出すると馳せ参じ、6月には名和長年らとともに供奉して入建武政権下では雑訴決断所の寄人を務め、また幕府方について没落した隠岐氏の後を継ぎ、隠岐守護にも任じられている。

ところが足利尊氏建武政権から離反すると、箱根ノ下の戦いで新田義貞軍を寝返り、敗走のきっかけを作る。その後もヶ崎攻囲戦を会場から支援するなど北の武将として活躍し、建武政権以来の隠岐・出雲守護も維持していた。

ところが、である。1341年京都を出奔し、謀反の疑いありと山名時氏桃井直常らの追討を受け自害する最期を遂げる。この突然の事態から、『太平記』には塩冶高貞が後醍醐天皇から賜った美しい妻に、横慕した高師直による讒言があったとされるエピソードがあり、このことは歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』で極めて有名になったのである。ただしこれはあくまでも文学的表現に過ぎず、どうもこの件に関しては師直どころか高一族は全くかかわっていないようだ。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/23(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/23(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP