建武政権単語

ケンムセイケン

  • 6
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

建武政権とは、後醍醐天皇を中心とした建武の新政の際に整備された政府のことである。あくまでも便宜的な呼称なので、建武政権という確固とした用が存在するわけではない。

概要

1333年足利尊氏による六波羅探題攻略新田義貞(と足利義詮)による鎌倉攻略によって鎌倉幕府が滅亡した後、後醍醐天皇による建武の新政が開始された。

昨今の研究では決して後醍醐天皇の個人的なパーソナリティに依拠するものではなく、鎌倉時代後期からの徳政論の唱和や天皇親政の傾向が強かった大覚寺統の政策路線などを引き継いだもの、という評価が強いものとなっている。また決して武士だけが冷遇されたわけではなく、上級貴族が次第に中級貴族のものになっていた八卿の任についたり、全に産化していた知行国を大幅に入れ替えられたり、といった具合にのちの世の先例になるように様々な政策が行われたのである。

しかし結局恩賞問題をさばききれないまま散発的な旧北条氏の反乱が相次ぎ、ついに中先代の乱をきっかけにこれらの政策の結果を見ることなくして政権は崩壊に向かうのである。

とはいえ室町幕府においても鎌倉幕府と建武政権両者の政策が引き継がれていることが近年明らかにされており、次第にその姿も明らかにされつつあるようだ。

政権中枢の各機構

雑訴決断所

所領裁判について行う機関である。

上流廷臣 中流廷臣 下流廷臣 武士
(大納言以上) (中納言・参議) 弁官級吏僚 法曹吏僚
一番
(畿内・東海道
不明 不明 中御門宣明
甘露寺
小槻
小槻清澄
中原師言
中原章方
坂上明清
富部信連
三宮
二番
(東山北陸道
万里小路宣房 中御門
洞院実世
室長
藤原 清原頼元
中原章兼
中原師治
斎藤
小田時知
太田
長井宗衡
能登
上野宣通
三番
山陰山陽
室長
万里小路
中御門経宣
堀川
千種忠顕 小槻
中原師右
中原師香
中原章有
長井
賀兼
二階堂
太田定連
上杉
楠木正成
藤原信重
四番
西海南海
正親町三条
惟継
吉田資房
葉室
中御門経季
岡崎
藤原貞有
中原師利
坂上明成
中原秀清
小槻言
佐々木時信
飯尾頼連
小田貞知
二階堂
結城親光
高師泰
安威資脩

やがて処理が追い付かなくなり八番制に変更され、旧関東系吏僚の登用など組織の拡大が行われた。

上流廷臣 中流廷臣 下流廷臣 武士
(大納言以上) (中納言・参議) 弁官級吏僚 法曹吏僚
一番(畿内) 出川兼季 万里小路
中御門経季 清原頼元
中原章有
中原秀清
清原康基
宇都宮公綱
賀兼
富部信連
楠木正成
飯尾覚民
三宮
二番東海道 久我長通 洞院実世
坊門清忠
中御門宣明
冷泉定親
小槻
中原師利
中原章世
中原
小田時知
上杉
町野信宗
藤原
布施
三番(東山 洞院
河具親
中御門
三条実治
中御門宗兼
藤原宗成
小槻
中原
長井高広
佐々木如覚
高師直
斎藤
諏訪円忠
四番北陸道 吉田定房 三条実任
日野資明
甘露寺
藤原
小槻言
中原師右
中原章方
中原重尚
二階堂
佐々木高貞
飯尾貞連
尾維則
飯河
五番山陰 万里小路宣房 勧修寺経顕
範高
室長
藤原正経 中原師治
坂上明成
中原章兼
中原
二階堂
二階堂
名和長年
藤原信重
雑賀西
六番山陽 室長 惟継
宗経
菅原在登
中原章香
中原師香
中原章顕
安倍盛宣
太田
結城親光

長井貞重
寂意
七番南海 九条
中御門経宣
吉田資房
高倉 坂上明清
泰尚
藤原康綱
佐々木時信
長井宗衡
行円
後藤行重
三須倫篤
八番西海 三条
四条隆資
岡崎 中原職政
中原章緒
高橋
小田貞知
佐々木道誉
明石行連
飯尾頼連
引田妙玄

記録所

天皇側近がついた重要債務を処理する機関である。

「記録所寄人」

「記録所被定下寄人詰番事

番方 筆頭 構成員
一番(1、2、11、12、21、22日) 政経
二番(3、4、15、16、25、26日) 洞院実
三番(5、6、15、16、25、26日) 中御門宣明
四番(7、8、16、17、27、28日) 高倉
五番(9、10、19、20、29、30日) 甘露寺

その他

恩賞方

恩賞事務を行う機関である

番方 人物
一番(東海道・東山
二番(北陸道
三番(畿内・山陽山陰
四番(南海西海

窪所・武者所

基本的には天皇の親衛隊的な存在であるが、武者所は中の警護を行う機構でもあった。

梅松論

定窪所番事

すでに足利尊氏が離反した後なので、基本的には反尊氏である。

番方 人物
一番
二番
三番
四番
  • 叉丸
  • 康政
  • 知義

定武者所結番事

もちろんこれも足利尊氏離反後の資料のため新田色の強いものとなっている

番方 人物
一番
二番
三番
四番
五番
六番

その他

鎌倉将軍府

諸奉行

関東廂番

詳しくは関東廂番の記事を参照。

陸奥将軍府

式評定衆

引付奉行人

番方 頭人 構成員 合奉行
一番 二階堂 椙原七郎
二番 結城 豊前孫五郎
三番 二階堂顕行 斎藤五郎

諸奉行

知行国主・国司・守護

鎌倉時代後期になるともはや知行国国司と呼ばれるようになり、本来の名国司は名誉職と化しており、守護クラスの上位武士などが代々就任するなどの状態になっていた。そこで、持明院統の人事を止するついでに本来の意味の国司の復活まで行われ、実際に任地に赴く国司まで現れたのだった。

しかし、守護が存続されたことで、最終的にぐちゃぐちゃになり、室町幕府の守護につながっていくとされる。

※面倒なので南から補任されたものもすべて記載。
年号はすべて14世紀。

務管 国司 守護 特別職
陸奥 北畠顕家
33/8/5~38/5/22

義良親王
36/3/10頃

北畠親房
務を後見)
33/11/29~35/12/22

経泰
務代行?)
35/12月40/6月

北畠顕信
38/7/26~42/10月


~33年8月


北畠顕家
33/8/5~36/3/2


義良親王
36/3/10~39/3月

北畠顕信
陸奥介)
38年、42年等に微
不設置

結城宗広
陸奥検断職)
33/10/5~36/3月


結城?)
陸奥検断職代行?)
37/8月41/5/16
足利尊氏
鎮守府将軍
33/6/2535/11/26

結城
陸奥吏務職代行)
安威資脩
陸奥吏務職代行)
ともに33年9月

北畠顕家
鎮守府将軍
35/11/12~38/5/22

北畠顕信
鎮守府将軍
38/7/26~42/10月
出羽 葉室
33/8/15~35/


北畠顕家
35/11/2~36/3/2

北畠顕信
41/2月

~33年8月

葉室
33/8/15~35/
不設置 葉室
秋田介)
33/8/15~35/

北畠顕家
鎮守府将軍
35/11/12~38/5/22

北畠顕信
(?)
41年頃

中院具信
(出羽大将
41/2月
上野 新田義貞
33/8月~38/7/2


成良親王
知行国?)

~33年8月

新田義貞
上野介)
33/8/5?~38/7/2


成良親王
上野守)
34/1/13~35/12/5
新田義貞
33/8月~38/7/2
下野 小山
35/7/22


北畠顕家
知行国
33/3/2~38/5/22

小山犬丸
35/8/30~36年

~33年8月

小山
33/8月35/7/22


北畠世?
36年39
小山
33/7月35/7/22


小山犬丸
35/8/30~36年
春日
鎮守府将軍下野常陸大将
36/4月44/3/8
常陸 吉田定房
知行国
33/9月

足利尊氏
35/11月


北畠顕家
知行国

36/3/2~38/5/22

春日
36/4月44/3/8

北畠顕信
知行国
39/7月

北畠親房
38/9月~43/11/11

~33年8月

佐竹義篤
35/11月


中院信世
43/11月
小田治久
33/7月41/11月
春日
鎮守府将軍下野常陸大将
36/4月44/3/8
下総 千葉貞胤
~36/11月

~33年8月

千葉貞胤
33/8月~36/11月
千葉貞胤
33/7月~36/11月
千葉貞胤
下総在庁大介職)
33/7月~36/11月
上総 足利尊氏
35/11月

~33年8月

足利上総介
(おそらく足利尊氏

35/11月

千葉胤重
36/4月
足利尊氏
35/11月
安房 事実足利氏
足利直義?)

~33年8月

上杉憲顕
36/10月
不明
武蔵 足利尊氏
35/11/26

~33年8月

足利尊氏
33/8/5~35/11/26
足利尊氏
35/11/26
相模 新田義貞
鎌倉制圧時?)

足利尊氏
35/11月

足利千寿王)
鎌倉殿
33/6月35/12月

~33年11月

足利直義
33/11/8~33/12/4
不設置
足利直義
成良親王
鎌倉御所)
33/11月35/7月

足利尊氏
(征東軍)
35/8/9~35/11/26
伊豆 足利尊氏


33/6月

上杉
34/1月35/2月等に微
足利尊氏
34/8/15頃
駿 脇屋義助
33/8月~?


足利尊氏
35/11月

~33年8月

脇屋義助
33/8月~?


武田石和政義
36/1/1頃
足利尊氏
35/11月
遠江 足利直義
33/8月35/11月

新田義貞
or
脇屋義助

宗良親王
知行国?)

~33年8月

宇都宮貞泰
34/9/27頃


新田一門?
35/11月?~36年?
今川範国
35/11月

(介)
36/8頃~37/9月頃に微
三河 足利尊氏
33/5月?~35/11月
知任
33年に微


吉見
35/10/27
足利尊氏
33/5月?~35/11月
大井田義氏
(三河大将
36/4月~36/9月
足利尊氏

洞院実世
知行国?)
36/5月?~36/12月


斯波高経
34/9月


海老名
35/1月


洞院実世
36/5/25~36/12月


足利一門?


新田一門?
美濃国 久我長通
知行国
~33/10月


務?)
36/10月


堀口貞義?
33年?


堀口貞満
35年?~36/10月
不明
土岐頼貞?)
34/1月に微
甲斐 武田石和貞信?

武田石和貞信
~36/1月
武田石和政義
~36/1月
信濃 護良親王
知行国
~33/8月


清原
34/3月


白川資英
33/3/15~35/4/7



清原某の再任?)
35/7/13


堀川
35/8/30~36/12月

~33/8月


清原
34/3月


白川資英
33/3/15~35/4/7


清原某の再任?)
35/7/13

堀川
35/8/30~36/12月
小笠原貞宗
35/11月
村上信貞
信濃大将 or 信濃大将軍)
飛騨
33/7/19~36/7月
越後 新田義貞
33/8月?~38/7/2

新田義宗
40/6月41/10月

~33年8月

新田義貞
33/8月?~36/2月


新田義顕
36/2月?~37/3/6
新田義貞
33/8月?~38/7/2
佐渡 千種忠顕
知行国
33/5月~36/6/5

千種忠顕
33/5月?~36/12月

中原秀清
33/5月~36/5月
不明
足利兄弟のどちらか?)
越中 中院定清
35/9月

(ここも中院定清か)

中院定清
35/12/22
普門俊清?
35/11月
中院定清
(特別国司


北陸道大将軍)
33/4月7月


越中合戦大将
33/5/17~33/7/12頃
能登 護良親王
知行国
~36/10月

中院良定
~36/10月
(この後知行国昇格か?)
中院良定
~36/10月
吉見頼為
35/9月
加賀 山院
中院良定の可性)

五条頼元
33/8/5~35/1/13


山院某
35/3/25

生照?
36/11月~38/
不明
富樫明?)
越前 中御門定?
知行国?)
34/3月

脇屋義助
34/3月?~34/8月


足利尊氏
34/8月?~35/2月


新田義貞
35/2月~38/7/2

脇屋義助
38/7月40/8月

~33年8月

中御門宗重
33/8/5~34/3/25


脇屋義助
34/3月34/8月


足利尊氏
34/8月?~35/2月

(以後新田義貞が名国司を補任した可性あり)
堀口貞義
33/2/2834/8月


斯波高経
35/2月


堀口貞経
~36/10月


新田義貞
36/10月~38/7/2

脇屋義助
38/7月40/8月
井上孫次郎右衛門
国司代)
35/1月

太郎
(守護代)
35/1月


上使)
35/1月

片山兵庫
上使)
35/1月
若狭 多門坊良忠
33/5月?~33/8月


洞院
知行国
33/8/10~34/9月


賀兼
34/9月?~36/6月


新田義貞
36/8月~38/7/2

33/5月?~33/8月


賀兼
33/8月34/9月

賀兼
34/9月?~36/6月

新田義貞
36/8月~38/7/2?
多門坊良忠
33/5月


布志那
33/8/31


布志那清?
36/1月6月


新田義貞
36/8月~38/7/2
近江 洞院
知行国
~36/5月


勘解由小路兼綱
33/11月35/5/23
六角時信
33/5月34/12月


六角千寿丸
35/7/28~36/5/13頃

上使)

佐々木道誉
(軍勢大将
33/5月6月
東大寺
(造営料
~36/5月


山田門?
国司上人)
~36/5月


岡崎
34/1/2134/12/27頃


里見時成?
(誤記の可性あり)
千葉貞胤
36/2/18頃
伊勢

吉田定房
知行国
35/9/18


北畠親房
知行国?)
36/11月


北畠顕信
36/11月

北畠

36/9月

北畠顕泰
92/7月



吉田定房?
35/12月頃?


結城親光
35/12/7~36/1月


中臣蔭直
36/1月~36/11月

北畠顕信
36/11月

不明
結城親光?)

宗実?

39/9月
北畠
~38年
志摩国 北畠親房
37/9月
不設置? 伊勢から統括
紀伊 護良親王
知行国

33/6月34/10月

足利尊氏
34/10月35/10月

四条
知行国?)
35/10月52/5月


後村上天皇
(分
60/4月

四条俊?)
33/6月34/10月



足利一門のか?)
34/10月35/10月


四条隆資
35/10月?~52/5月
(保田宗顕?)
33/7/10頃


浅間覚心
37年?

浅間忠成
37年~38年頃

保田宗兼
64/7月
斯波高経
紀伊大将軍)
34/11月

四条
紀伊宮方大将
52年~60年頃
和泉 護良親王
知行国
33/6月34/10月


四条隆資
知行国?)
33/6月?~34/10月


近衛経忠
知行国
34/10月~36/6月


四条隆資
知行国?)
36/6月52/5月

楠木正儀
54年~69/1月
四条
33/6月34


日野
34?~34/10月


堀川
34/10月35/2月


小田時知
35/2月~36/6月


和田高家
33/7?~36/5月

四条隆資
36/6月?~37

和田正武
60/7月
楠木正成
33/7~36/5/25


楠木正右
36/6月~38年

楠木正行
48/1/5

四条隆資
(守護権代行?)
48/1月

楠木正儀
~69/1月
河内 楠木正成
33/8月~36/5/25


四条隆資
33/6月

楠木正行
48/1/5

四条隆資
48/1月

楠木正儀
知行国
54年~69/1月


楠木正成
33/8月~36/5/25

楠木正行
48/1/5

四条隆資
国司代行)
48/1月

楠木正儀
知行国
54/9月~69/1月
楠木正成
33/7~36/5/25

四条隆資
(守護権代行)
36/6月

楠木正行
48/1/5

四条隆資
(守護権代行)
48/1月

楠木正儀
48/1月~69/1月
大和 興福寺
知行国

乗円
興福寺別当)
33/5月~33/6/14

覚実
興福寺別当)
33/6/14~36/11/24
不設置 不設置
不設置

中原章兼
33/6月~36/6月

不設置 [検非違使別当]
洞院実世
33/5月~33/12月

万里小路
33/12月34/10月

九条
34/10月35/11月

勧修寺経顕
35/11月~36/4月

北畠顕家
36/2月~36/4月

勧修寺経顕
36/4月37/1月

[京都市]
中原章香
(東正)
33/5月34/10月

名和長年
(東正)
33/11月~36/6/30

中原章有
(西正)
33/5月~36/6月

[征夷大将軍]
護良親王
~33/6/13

成良親王
35/8/1~36/2/7

宗良親王
52/2/6~53/3/12
摂津 楠木正成
33/8月?~36/5/25

四条隆資
33/6月

楠木正行
48/1月

楠木正儀
~69/1月
楠木正成
若干否定説あり)

33/8月35/10月


35/10月35/11月


熱田
35/11月~36/10月
楠木正成
33/7月~36/5/25

楠木正行
48/1月

楠木正儀
~69/1月
丹波 千種忠顕
知行国
33/6月頃~36/1月

千種顕経
知行国
51/2月
千種忠顕
33/6月頃~34/1月



34

千種顕経
知行国
51/2月
碓井
33年~36年


江田行義
39/6月

荻野
43/11月45/5月

上使)
34/8月

性勝法親王
(宮大将
36/5月

三位中将
(宮大将
52/5月
丹後 護良親王
知行国
33/6月~33/12月

洞院
知行国
34/4月
?定恒
33/6月


波貞重
33/12月?~36/66月
不明
千種忠顕
知行国
33/6月~36/5月
名和長年
33/6月?~34/8月


結城親光
35年~36/1月
太田政常?
33/7月?~43年

山名時氏
51/11月63/9月
因幡 名和長年
33/5月~36/6/30
名和信貞?
33/5月~36/1月


長井貞泰
36/2月~36/6月
海老名維則?
33/7月~36/1月


山名時氏
51/11月63/9月
伯耆 名和長年
33/3/3~36/6/30
名和長年
33/3/3~36/6/30
名和長年
33/7月?~36/6/30

山名時氏
51/11月63/9月
出雲 塩冶高貞
33/2/23~35/9月


名和長年
35/12月~36/6/30

33/6月35/12月
塩冶高貞
33/7月35/9月

名和長年
35/9/25~36/6/30

富田秀貞
51/7~52/8月以前


山名時氏
52/8月63/9月
隠岐 塩冶高貞
33/6月35/12月


名和長年
35/12月~36/6/30
塩冶高貞
33/6月35/12月


河南泰秀?
35/12月~36/6月
塩冶高貞
33/7月35/12月


名和長年
35/12月?~36/6/30
石見
33/6~33/8月

吉見
35/5月


日野
知行国
40/3月41/2月

~33/8月

吉見
35/5月


日野
40/3月41/2月
在職者不明

高津性?
35/10月


大井田義氏
40/3月41/2月
高津長幸
(軍勢大将
33/4月

高津
南方大将
35/10月41/2月

三隈信性
南方大将
36/7月55/3月

足利直冬
南方惣追捕使)
54/11月63/9月
播磨 大覚寺統親王の
知行国
33/6月34/4月


新田義貞
33/11月~36/10月

33/6月~33/8月

園基宣
33/8/23~33/10/29


新田義貞
33/11月~36/10月
赤松円心
33/6月34/8月等に微あり


新田義貞
~36/10月

赤松円心
(宮方大将
33/2月~33/6月

江田行義
(軍勢大将
36/3月~36/5月

大館氏明
(軍勢大将
36/3月~36/5月
美作 富田師泰
33/6月?~36/6月
富田秀貞
33/6月?~
富田師泰?
33/7月?~36/6月

名和高重?
42年頃


富田秀貞
51/7月

山名時氏
51/11月63/9月
江田行義
(美作大将
36/3月~36/5月
備前 万里小路
知行国?)
33/6月?~35/10月
万里小路房?
33/6月?~34/1月

万里小路仲房
34/1/13~37/1/18
松田
33/7月35/12月
伊東
(備前大将軍)
33/2月~33/7月
備中 不明 中原師利
33/6月頃~33/8月


土居通増
33/8月?~35/1月


五条頼元
35/1/13~37/1月
在職者不明 大井田氏経
(備前備中大将
36/4月~36/5月
備後 不明
~33/8月

中原師利
33/8/23~36/3/2


河野通綱?
36/3月?~37/3月
山時綱
33/7月?~35/11月



35/11月~36/4月
吉田
(備後大将
36/4月~38/3月
安芸 中御門経季
知行国
33/6月頃~33/10月

万里小路宣房

知行国
~36/6月

中御門宣明
34/6月

大内裏造営料
34/1月~36/6月
中御門経季
33/6月頃~33/10月

中御門宣明
34/6月34/7月


足立遠宣
34/9月
武田信武
33/7月35/11月
万里小路
(石見安芸大将
38/33月
周防 東大寺
(永代知行)
~33/6月


33/6月~33/10月

東大寺
(永代知行)
33/10月

恵鎮
国司上人)
33/10月~36/6月


大内裏造営料
34/1月~36/6月

俊才
国司上人)
36/6月~36/8月
不設置か 鷲頭
33/7月?~36/3月

大内弘世
51年~63
大内
周防大将
36年~36/7/7
長門 万里小路宣房
知行国
33/6月~36/6月
万里小路宣房
33/6月~36/1月


36/1月~36/6月
東武
33/7月~36/1月

厚東義武
58年~62年初頭
足利直冬
南方惣追捕使)
54/11月63/9月
淡路 高倉範保?
知行国
36/3月~36/5月

33/6月

椙原泰綱

36/3月
長沼秀行?
33/7月?~36/1月
細川和氏
33/7月?~35/10月

33/6月

細川和氏
33/7月?~35/10月

小笠原頼氏
35/11月?~36年

小笠原義盛
31/1月31/7月

小笠原長宗?
37/8月62/7月
小笠原長義
34/5/12頃

小笠原義盛
37/7月

小笠原頼清?
37/8月?~51/4月
小笠原頼清
大将
36/2月51/4/11
讃岐 不明
33/6月

大島義政
35/11月35/12月
高松頼重?
34/11月35/12月
伊予 西園寺
知行国
33/5月~33/6月

西園寺
知行国
33/6月35/6月


西園寺
知行国
33/7/12~36/6月

西園寺大納言
知行国
68/10月
冷泉定親
33/6月~36/3月


中臣蔭直
36/3/2~36/6月

四条有資
36/9月39/12月

碓井
68/3月
河野通綱
33/7月~36/10月

大館氏明
37/3月~42/9月

河野通直
65/5/10~71/1月
大館氏明
伊予大将軍)
37/3月~42/9月

脇屋義助
四国大将軍)
41/9月~42/5月
土佐 野実廉
知行国

~36/10月

33/6月

野実廉
33/6月~33/12月


賀兼
33/12月~36/6月
賀兼
33/12月~36/6月
満良親王
四国大将軍宮)
37/9月40/1月
豊前 坂上明清
33/7月35/8月
坂上明清
33/7月35/8月


五条良遠
58年~63

坊門資世
67/12月
少弐貞経
33/7月?~35/8/12


少弐頼尚
~36/12月

少弐頼澄
61/1月65/9/23頃
豊後 高辻在登
知行国
33/6月~36/6月
高辻在登
33/6月35/10月


島津実忠
35~36/3月以前


大友貞順
(私称?)
36/3月~36/11月
大友貞宗
33/7月~33/12/3


大友千代
33/12月~36/1月


大友貞載
(守護名代)
33/12月~36/12月


大友出羽正全
(守護名代)
35/12月~36/1月

大友氏時
58/12月

大友氏継
72年~76年

惟武
93/2~
筑前 高辻在登
知行国
33/5月~36/6月

菊池武光
54/4~65/9月

33/6月

吉良貞義
~36/6月

菊池武尚
55/10月頃?

菊池菊童丸
69/12/3頃
少弐貞経?
33/7月?~35/8月


少弐頼尚
35/9月~36/2月

菊池武光
51/7月

少弐頼澄
61/8月?~72/8月
二条師基
太宰権帥)
33/5月8月

勧修寺経顕
太宰大弐)
35/12月

惟継
太宰権帥)
36/3月11月

少弐頼澄
太宰府執行職・太宰少弐)
61/8月72/8月

泰良親王
太宰帥)
75/5月

懐良親王
(征西将軍宮)
36/9月75

良成親王
(後征西将軍宮)
75/10月以前~96/10月
筑後 万里小路宣房
知行国

~36/6月

少弐貞経
33/8月

菊池武光
51/9月72/11月

菊池賀々丸
75/5月77/1月
万里小路宣房
33/10月


少弐頼尚
33/10月~36/2月

五条良氏?

少弐頼尚
52/12月57/12月

恵良惟澄
58/8月

季?

五条良遠?

五条頼治
84/3月90/1月
宇都宮
33/6月~36/3月


宇都宮隆
大将の可性も)
59/8/6頃

少弐頼尚
52/11月57/12月

菊池武安?
70/12月71年末頃

大友氏継
71年末~76年頃

菊池武安?
71/8月75

菊池賀々丸?
74/6月77/5月

菊池武義
(守護名代)
74/6月77/1月

菊池武安
(守護名代)
74/6月75
肥前 吉田定房
知行国

34/6月35/2月

東大寺
(造営料
33/8月

小槻
33/7月34/6月

菊池武光
5172/8月

菊池武澄
務代行)
57/7月

筑後頼俊
務代行)
59/8/6

菊池武照
務代行)
5759/8月

菊池武安
務代行)
59/8月72/8月

菊池武安
72/8月75

菊池澄安
7577/1月
小槻
33/7月34/1/29頃


松浦峯定
34/8月~36/8月

菊池武澄
57/7月

菊池武照
5759/8月

菊池武安
59/8月72/8月

菊池澄安
7577/1月
大友貞宗
~33/12月


大友千代
33/12月~36/1月


大友貞載
(守護名代)
33/12月~36/12月

大友氏時
55/12月58/12月

菊池武光
5172/8月

菊池武安
72/8月75

菊池澄安
7577/1月

相良前頼
85/2/17
壱岐 不明 土高俊
33/6月~36年
不明
対馬 不明
33/6月

菊池武茂
34年~43/7月
少弐貞経
33/7月35/8月


少弐頼尚
33/9月~36/2月

宗盛
(守護代・対馬地頭
11/644/7月

少弐頼尚
52/11月57/12月
肥後

菊池武重
33/7月~38/12月


菊池武敏
務名代)
35/5月39/6月

菊池武士
38/12月44/1月

菊池
44/1月46

菊池武光
72/8月

菊池武政
72/11月~74/5月

菊池賀々丸
77/5月92/10月

菊池武重
33/7月~38/12月

菊池武光
47/11月72/8月

菊池武政
72/11月~74/5月

菊池賀々丸
77/5月92/10月
大友貞宗?
~33/12月


大友千代
33/12月~36/2月

大友貞載
(守護名代)
33/12月35/12月


菊池武光
72/11月

菊池武政
72/11月?~74/5月


菊池賀々丸
74/5月92/10月
相良前頼
九州惣奉行)
85/2月92/11月

大宮
宇治惟時
31/10月32年末

宇治惟直
32末~36/3/2

宇治惟時
36/10月51/2月

宇治惟村
51/2月61/2月

宇治惟澄
(宮方)
56/6月64/7月

宇治惟村
64/7月

宇治惟武
(宮方)
64/10月77/1月

宇治惟政
(宮方)
77/3月93/2月

惟兼
(宮方)
もはや15世紀である
日向
知行国?)
33/6月


足利尊氏
34年頃~35/10月

33/6月

中原康綱
34/9月34/12月

恵良惟澄
49/10月~56/6月

宇治惟武
75/6月77/1月

宇治惟政
77/3月?~93/2月
島津貞久
33/6月~36/1月


島津貞久
36/8月

宇治惟武
75/6/13~77/1月

宇治惟政
93/2/9~
恵良惟澄
日向吏務職)
49/10/5~50/4月

宇治惟武
日向国司職)
75/6月77/1月

宇治惟政
日向国司職)
93/2月

肝付兼重
日向大将私称)
35/12月52/7月
大隅 二条
知行国
34/4月35/2月

33/6月


千葉胤貞
34/12月35/12月

相良定頼
52年~57
島津貞久
33/4/28~36/1月

島津氏久
36/10月60/12月
三条泰季
薩摩大隅大将
36/10月
薩摩 島津貞久
33/5月?~36/1月

三条泰季
知行国
42/5月?~48/8月

33/6月

中原師右
33/8月~33/3/10
島津貞久
33/5月~36/1月


宇治惟時
36/3月~43/4月

宇治惟時
50/11月52/2月
三条泰季
薩摩大隅大将
36/3月48/8月

懐良親王
(征西将軍宮)
36/9月75

関連商品

関連項目

頃都ニハヤル物 討 強盗 謀綸旨
召人  虚騒動
生頸 還俗 自由
大名 迷者
安堵 恩賞 虚軍
本領ハナルヽ訴訟人 文書入タル
追従 讒人 僧 下克上スル成出者

器用ノ堪否沙汰モナク モルル人ナキ決断所
キツケヌ冠上ノキヌ 持モナラハヌ杓持テ 内裏マシワリシヤ
賢者カホナル伝奏ハ モトミユレトモ
ナリケル詐ハ ヲロカナルニヤヲトルラ

為中美物ニアキミチテ マナ帽子カメツヽ 気色メキタ
ソカレ時ニ成ヌレハ ウカレテアリク色好 イクソハクソヤ数不知 内裏ヲカミト名付タル
人ノ妻鞆ノウカレメハ ヨソノミルモ心地アシ
尾羽ヲレユカムエセ小鷹 手コトニモスタレト トル事ハ更ニナ
作ノオホ 太刀ヨリオホキニコシラヘテ 前サカリニソホラス

サラ扇ノ五 ヒロコシヤセ薄小袖
日銭ノ質ノ古具足 関東武士カコ出仕
下衆上臈ノキハモナク 大口ニキル美精好

直垂猶不捨 モ引ヱヌ追物
矢数ニマサリタリ 師匠トナケレトモ
遍ハヤル小懸 事新キ情也

鎌倉ヲコキマセテ 一座ソロヌエ連歌
在々所々ノ歌連歌 点者ニナラヌ人ソナキ
譜第非成ノ差別ナク 自由藉ノ世界

田楽ハ関東ノ ホロフル物トナカラ 田楽ハナヲハヤル也
香十炷ノ寄合モ 鎌倉釣ニ有鹿ト 都ハイトヽ倍増ス

町コトニ立屋ハ 荒五間三枚
幕引マワス役所鞆 其数シラス満々リ
諸人ノ敷地不定 半作ノ是多シ
去年火災地共 クソニコナリニケ
適ノコル々ハ 点定セラレテ置去ヌ

非職ノ兵ハヤリツヽ 路次ノ礼儀ハナ
サヒシクテ ニ遍満ス
四夷ヲシツメ鎌倉ノ 右大将ノ掟ヨリ 品有シ武士モミナ ナメンタラニソ今ハナ
ヲ飼ナカラ 夕ニ賞アル功臣ハ 左右ニオヨハヌ事ソカ
セル忠功ナケレトモ 過分ノ昇進スルモアリ 定テ損ソアルラント 仰テ信ヲトルハカ

下一統メズラシヤ 御代ニ生テサマザマノ 事ヲミキクゾ不思議ナル
童ノ口ズサミ 十分ノ一ヲモラスナリ

――「二条河原の落書」

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2017/12/23(土) 18:28:52 ID: DZjweDBBsw

    基本的にはの運用の拙さが大問題で、
    鎌倉の判決は全部なしにするから」
    100年ぐらい前に取られた土地返してもらっていいっスか?」
    みたいなガバガバなことやってたらそらもうどんな政策だろうと上手くいきっこない。

  • 7ななしのよっしん

    2020/09/18(金) 00:32:36 ID: FDnSqvX0eJ

    政策に不満持ちながらも後醍醐天皇に最後まで忠を誓った武士が多かった事
    敵対した鎌倉幕府、北室町幕府武士からも尊敬されていたあたりカリスマ性だけはあったんだろう

  • 8ななしのよっしん

    2021/01/28(木) 17:12:35 ID: /UtMfysrq9

    決して自民党の支持者ではないでも、この記事を読んで思いついたのが
    民主党政権」
    であったあたり、まあお察しだよなあ
    (実際にはその前の政権のあれこれを引き継いだり、逆にその後の政権に引き継がれたものがあるところまで含めて)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/24(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/24(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP