大地丙太郎単語

ダイチアキタロウ

掲示板をみる(112)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大地丙太郎は、群馬県出身の脚本家でありアニメ監督である。

名前の読み方は「だいちあきたろう」であり、「だいちへいたろう」ではない。

概要

1956年群馬県生まれ。

東京写真大学短期大学部(現・東京工芸大学)を卒業し、当初は舞台写真志望だったが、アニメーション撮影会社に入社したことで業界入り。

5年続けた後、一時的に離れるものの、復帰してアニメ監督やすみ哲夫に師事。制作進行を経て演出に昇格。

1995年の「ナースエンジェルりりかSOS」で初監督

作風

コメディを得意としシリアスシナリオにも関わらずギャグを入れる方針である。原作崩壊損なわずに鬱アニメにさせているつもりらしい。

意表をついた音楽効果音の使い方であり、作画崩壊と見て取れるデフォルメを軽やかに動かす作画が観られる。声優にこだわりをみせている。

近衛十四郎の影を受けているらしい。

主な監督作品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 110ななしのよっしん

    2021/03/05(金) 01:40:44 ID: 85jhH/YN8l

    若い頃、赤ずきんチャチャの途中演出やってナースエンジェルりりかSOS監督デビューした人だからなぁ
    てかりりかSOS以降20年間この手のアニメやってなかったんだな

  • 111ななしのよっしん

    2021/03/11(木) 00:23:06 ID: 85jhH/YN8l

    要するに女の子が特別なで戦うファンタジーの中でも幼児・小学生が安心して見れるアニメは久しぶり?
    ってこと

  • 112ななしのよっしん

    2021/03/17(水) 18:25:30 ID: w39tuu9B/J

    大地監督が手掛けた作品といえば初期あたしンちを思い出すが、あまりにものっぺりと作りすぎだった感じ
    当時見ててなんじゃこれ?と困惑した。これがクレしんの後釜かよと
    師匠のやすみ監督に交代してからテンポが良くなって原作以上に描写が豊かになったりもして、ようやく面い作品になった

    舌禍については…現代が不満なんでしょうかね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/24(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/24(土) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP