ギャグマンガ日和 単語

4024件

ギャグマンガビヨリ

1.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけ原作シュールギャグ漫画アニメ)である。

ジャンプスクエア2015年1月号より、タイトルが『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和GB』に変わった。

概要

2000年より月刊少年ジャンプにて連載開始。連載開始といっても元々連載をしていたわけではなく、単発の読切用に描いた『なめられペリー』が連載会議で好評だったことから、「読切を毎描く」形で連載が決まった。ちなみにタイトルの「増田こうすけ劇場」は担当編集のアイデアであり、本人は不
同誌の休刊後は、後継誌のジャンプスクエアにて連載中。現在ジャンプスクエアで最も連載期間の長い作品となっている。たまに週刊少年ジャンプにも特別版として掲載されている。

ゆるい画キャラクターによるシュールギャグが特徴。時折、友達が一人もいなかったりコミュニケーションが破綻していたりと、増田本人の暗い面が垣間見えるキャラも登場する。
漫画日常系だけでなくSFファンタジー回もあるが、特に歴史上の人物をネタにした回が多く、聖徳太子ジャージを着せたり、徳川家康をウホソイヤパンツドンドンにしたりと、独特のアレンジがされている。
名(迷)セリフも多く、ネットで定句化することもある。

コミックス1巻帯でうすた京介に「コミックスが出たら絶対買う」と言わしめ、4巻帯では尾田栄一郎からも推薦を得るなど、多方面で高い人気を誇る。
ニコニコ動画でも、アニメ化してからは様々なMAD手描き動画投稿されており、女性人気の高いコンテンツとなっている。

1話が短いため、単行本はほぼ1年に1冊ずつ発売される。単行本は全15巻、『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和GB』は2023年5月現在、第7巻まで発売されている。

アニメ

2005年キッズステーションアニメ化された。監督大地丙太郎
漫画原作を台本として使用しており、セリフを録音した後に絵を作るプレスコ方式で作られている。

2006年に「ギャグマンガ日和2」として第2期、2008年に「ギャグマンガ日和3」として第3期、2010年には「ギャグマンガ日和+」として第4期が放送された。+では奇数回に新作、偶数回は過去回の再放送である。

第3期から制作会社が変わったため、一部キャストが変更されている。

関連動画

コミュニティ

関連リンク

関連項目

キャラ

各回タイトル

ネタ・台詞

ニコニコ用タグ・記事

他作品とのコラボMAD

漫画関連項目

アニメ関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 10:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 10:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP