今注目のニュース
ニューヨークの草地で乳児の遺体、死亡公表したのに「実は人形」
フィンランド発明家、「浮かぶお風呂」で10時間の船旅
家の“テニスボール入れ”が5億円超に

寺内貫太郎一家単語

テラウチカンタロウイッカ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

寺内貫太郎一家とは、作曲小林亜星演を務めたTBS製作テレビドラマである。

概要

東京谷中の老舗石材店を舞台に、カミナ親父の寺内貫太郎を中心とする家族とその隣人たちを描いたホームコメディー
脚本は直木賞も受賞した名脚本家・向田邦子(むこうだくにこ)、プロデュースドラマ「時間ですよ」をヒットさせた久世(くぜてるひこ)。
「時間ですよ」「ムー」「ムー一族」と並ぶ久世の代表作の一つとしても知られている。[1]

演の小林亜星レナウンCMソングワンサカ娘」や「イエイエ」で知られる作曲だったが、でっぷり太った頑固で短気な親父を熱演した。
企画当初はフランキー高木ブー寺内貫太郎役をオファーしたものスケジュール多忙で断られ、当時俳優経験のなかった小林亜星が起用された。このドラマヒットを機にテレビタレントとしてもブレイクし、多くのテレビドラマバラエティー番組に顔出しで出演するようになる。

共演はおばあちゃんに個性木千帆(現:木希)、長女にクールな美貌で映画「女囚さそりシリーズなどに出演した梶芽衣子、長男大人アイドルで新御三家のひとりだった西城秀樹、お手伝いさんにこれも人気アイドルだった浅田美代子など。
他にも人気俳優が多数出演し、元スパイダースの堺正章や元タイガーズの沢田研二など多ゲストも毎回話題を呼んだ。

浅田美代子の歌う挿入歌「しあわせの一番」は作詞安井かずみ作曲筒美京平の作品で、ドラマエンディング西城秀樹デュエットしてヒットした。
いわば当時のオールスターチームが寄ってたかって作った作品が寺内貫太郎一家で、後にシリーズ化される人気ドラマとなったのである。

関連動画

脚注

  1. *向田邦子は「時間ですよ」の脚本も担当している。

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP