西城秀樹 単語

633件

サイジョウヒデキ

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

西城秀樹とは、日本歌手である。

概要

1955年4月13日生まれ、広島県広島市出身

幼少期はアマチュアドラマーとして活躍。高校生のときにスカウトを受け、父親の反対を振り切って家出同然で上京芸能事務所「芸映」に所属が決まり、デビューを待つ日が続いた。
ちなみに、当初はプロドラマーとしての活躍を見ていたが、テレビから聞こえた尾崎紀世彦の「また逢う日まで」で歌への意欲を大きく刺されたという。

1972年3月シングルする季節」でデビュー。以後、絶唱と形容されるパワフルな歌唱、ときに軽量マイクスタンドなどを使ったアクションなど、当時は異色と言われた、全身で全ぶりを表現するスタイル人気を集める。
1973、74年と、ポピュラー系の歌手として初めて、2年連続で日本レコード大賞歌唱賞の受賞など、名実共にトップ級のアイドルだった。
1979年シングルYOUNG MANリリース時には、ゲイでもいいじゃないという原曲の隠しメッセージ青春賛歌へ書き換え、アクションも、観客も一体となって参加しやすいように工夫され、ディスコミュージックブームとも重なり、自身のシングルでは最高セールスを記録した。

一方で、デビュー直後から浅田美代子を頭でスカウト、ヒデキの分募集オーディションを開催、オーディション決勝には審員として顔を出すなど、後進発掘も積極的に行っていた。

1983年に芸映から円満独立後は、「ギャランドゥ」に代表されるような、ロック系の曲で絶唱が活かされるようになる。
1999年には、「∀ガンダム」前期オープニング主題歌ターンAターン」を歌ったことでも話題を呼ぶ。作曲者である小林亜星と、テレビドラマ寺内貫太郎一家」で子役を演じていた縁からがかかったものである。

独立と前後して、1980年代から香港公式コンサートを行うなど、人気アジア圏へ拡大。ジャッキー・チェンとならぶ2大スターとも称されている。

2003年韓国での演直前に脳梗塞を発症。演中止こそしなかったが、すぐに帰して入院。リハビリの結果、1ヶで会見できるまでは回復したが、神経ダメージが残り、構音障害を発症。しかし、損傷した神経の周囲を鍛えるトレーニングに取り組み、2006年には3年ぶりに新作CDリリースした。

2018年5月16日横浜市内の病院にて心不全の為死去、享年63歳。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/26(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/26(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP